土地活用は自分で建物を建てる?企業に建ててもらう?それぞれの方法を徹底解説

もしあなたが利用しない土地に何等かの活用をしたいと検討しているのであれば、「土地活用ってどんな流れで行われるの?」「土地活用の方法や依頼する企業によって流れは変わるの?」と疑問を持つかもしれません。

相続や譲渡などによって土地を手に入れたものの、自分では使う予定がないなら一度は「土地活用」を意識したことがあるはず。

しかし一般人にとって、土地活用は未知の領域です。上記のように土地活用の「流れ」について、気になっている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、土地活用の流れを初心者でもわかるようシンプルに解説していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用ってそもそもどんな風に始まるの?
  • 企業に土地のみを貸す際の流れは?
  • 企業が建物を建てる際の流れは?

1.土地活用を行う流れは主に2種類

土地活用には「アパート経営」「駐車場経営」と有名なものから、「福祉施設経営」「保育園経営」など少しハードルの高い方法まで様々な方法があります。

方法によって土地活用の流れは多少変わってきますが、大まかに分けると2種類の流れに分類できます。

土地活用の方法はどれも「企業に建物を建ててもらう場合」「企業に土地を貸す場合」の2種類に分けることが可能です。

そのため、2種類の流れさえ把握しておけば、土地活用における全ての方法の流れを把握したと言っても過言ではありません。

では一体どんな流れになるのでしょうか?次章より詳しく見ていきましょう。

2.企業が建物を建てて運用するケース

企業に建物を建ててもらう場合の流れ

「企業に建物を建ててもらう」のは、「アパート経営」や「テナント経営」などの土地活用でお馴染みの方法です。

建築を専門としている企業に、自分の土地に建物を建ててもらい、建築後は自分がオーナーとなり、運営・経営を行っていくことになります。

最初に多額の建築費用を投資して、建物ができた後は自分自ら運営や経営を行っていくため、非常にリスキーな方法として有名です。

ただし、成功すれば手に入るお金も多いことから、「土地活用だけで生活したい」と考える人は、絶対と言っていいほどこの方法を選びます。

そんな「企業に建物を建ててもらう」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われるでしょう。

  • 相談
  • 現地調査
  • 法律調査
  • 市場調査
  • デザインの提案
  • 設計開始
  • 着工
  • 竣工
  • 入居者募集
  • 管理開始

パッと見ただけでは、何が行われるのかよくわからない人も多いはず。一体どんなことが行われるのか次項よりシンプルに紹介していきましょう。

相談

企業に足を運び、どんな建物を建てたいのか、予算はいくらなのかを相談します。

最初の相談は非常に大切なことなので、場合によっては1度ですまないことも。信頼できる企業が相手になるほど相談には時間がかかります。

現地調査

いくら希望しても、土地の条件が整ってなければ建物は建てられません。

土地の形や起伏などを徹底的に調べて、問題なく建築できるか調査します。

調査結果によっては「建築不可」と判断されることもあるため、重要な項目です。

法律調査

土地には法律で様々な制限がかけられています。

建物の高さの制限はもちろんのこと、地中を掘ってはいけない土地もあるため、念入りに調査することになるでしょう。

調査結果によっては、建築を諦めなければならない場合もあります。

市場調査

あなたの土地の近隣にどんな人が住んでいるのか調査して、どんな建物が求められているのか市場調査を行います。

基本的には持ち主の希望が尊重されますが、建てたい建物と市場があまりにもかけ離れている場合は、修正を求められる場合も。

デザインの提案

様々な調査をクリアして、市場調査でターゲットもハッキリしたら、建築する建物のデザインを決定しなければなりません。

デザインを決めるといっても素人には全くわからないものですが、プロが市場に合ったデザインを提案してくれるため、自分は選択するだけでOKです。

設計開始

デザインまで決まったら、着工するために必要な設計作業に取り掛かります。

設計作業に入ってしまうと、持ち主は特にすることがありません。

企業からの進捗報告を聞く程度の役目しかないでしょう。

着工

設計が完了して、建築のための準備が整ったらついに着工です。

着工を開始するまでには、いくつかの書類に持ち主がサインする必要があります。

書類を出されたらすぐにサインするのではなく、しっかりと内容を理解してサインするようにしましょう。

竣工

着工開始から半年から1年経つと、待ちに待った竣工です。

建物内部のクリーニングや設備や水道・電気関係のチェックを終えたら無事完成となり、持ち主に引き渡しされます。

入居者募集

建物が完成したら、入居する人を募集することになります。

賃貸アパートを建築したら一般的な入居者を募り、テナントを建築したら法人や事業者を募集しましょう。

基本的には不動産仲介業者が募集を行いますが、建築をした業者が募集してくれる場合もあります。

管理開始

入居者が見つかったら、管理人としての業務が始まります。

家賃の回収や掃除、メンテナンスまで自分で行うのが基本です。

場合によっては、建築を請け負った業者が代行してくれるサービスもあります。

3.企業に土地を貸すだけのケース

ここまで「企業に建物を建ててもらう」場合の流れについて紹介してきました。

多額のお金が動く取引になるので、事前の調査や打ち合わせに時間をかけることを理解していただけたと思います。

次に紹介するのは「企業に土地を貸す」場合の流れについて。

企業に土地を貸すのは、「コインパーキング経営」や「自動販売機設置」などの土地活用で大手企業がよく採用している方法です。

自分の事業をさらに拡大させたいと考えている企業に土地を貸して、事業者の好きなように自分の土地を使ってもらう方法になります。

建築や舗装、機材費用などの運営開始までに必要なものは、全て企業側が負担。

土地の持ち主はあくまでも「土地を貸しているだけ」なので、オーナーになったり、運営・経営をしたりすることは一切ありません。

毎月の収益は「賃料」だけなので、金額は少なめですが、リスクが極端に低い方法として初心者にはオススメの手段です。

そんな「企業に土地を貸す」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われます。

企業に土地を貸す場合の流れ

  • 相談
  • 現地調査
  • 条件提案
  • 交渉・調整・合意
  • 借地契約締結
  • 完成・運営開始

流れをざっと見ただけでは、まだまだ理解できない人も多いはず。次項より流れの中で何が行われているのか簡潔に解説していきます。

相談

まずは「自分の土地を貸してもかまわない」という意思を企業側に示すことが必要ですので、「相談」という形で企業を訪問することになるでしょう。

場合によっては直接会うことなく、電話だけで済むこともあります。

現地調査

借りても大丈夫な土地かどうか調べるため、企業側があなたの土地の状況をチェックしに現地に調査しにいきます。

現地調査は1日で終わることが通例ですが、広い土地の場合は数日かかることも。

条件提案

調査が終わると、企業側から「この金額で貸してくれませんか?」と提案があります。

信頼のおける企業ほど、過去の事例と比較しながら「賃料の妥当性」についてしっかり説明してくれるはずです。

交渉・調整・合意

企業側が提案してきた条件に納得いかないのであれば、交渉が必要です。

お互いが納得するまで条件の調整が行われることでしょう。

交渉にはいくら時間をかけても構いません。納得いくまで話し合いましょう。

借地契約締結

条件に納得したのであれば、賃料や賃貸期間を記した「借地契約」を締結することになります。

こちらが不利になる契約内容になっていないか心配であれば、司法書士に同席してもらうのもいいでしょう。

借地契約が締結されれば、借地料も入金開始されます。

完成・運営開始

借地の契約が終わったら、持ち主はもう何もすることはありません。

毎月の賃料が入金されているかチェックするだけです。

貸し出した土地は工事が行われ、完成次第運用が開始されていくことでしょう。

4.土地活用には色々な種類が!必ず様々な方法をチェックしよう

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の流れについて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地活用は大まかに分けると2種類の方法になり、方法によって流れが変わってくることを理解いただけたと思います。

実際に土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも「信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • HOME4U :NTTグループの安心運営、運営歴19年と一括査定で一番老舗で実績も抜群
  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:11万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

NTTグループの安心運営!一括査定で一番歴史がある「HOME4U」

HOME4U
  • 2001年から運営と一括査定で一番の実績と歴史あり
  • NTTグループが運営だから安心感抜群
  • 提携不動産会社1,300社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウール
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,900社!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書