三井のリハウスの評判・口コミ・強みは?デメリットや弱みはないの?

三井のリハウスの評判・口コミは?デメリットや弱みはないの?

「三井不動産」の名前を知らない人は、ほとんどいないと思います。

三井のリハウス」でおなじみの不動産仲介や、「三井のリパーク」で知られる駐車場等を手掛けているのが「三井不動産リアルティ」という会社です。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 三井不動産は知っているけど、リアルティって何?
  • 三井のリハウスって良く聞くけど、実際の評判はどうなの?
  • 三井のリハウスは、どんな人にオススメなの?

そこでこの記事では、「三井のリハウスを利用した人の口コミ」を調査。

そこからわかる、三井のリハウスの評判やデメリットを知ることができます。

本記事の要点まとめ

  • 三井のリハウスは仲介取扱高が業界1位
  • オリコンの評価ランキングでマンション仲介が6位、戸建てが5位
  • 気になる担当者の対応は平均以上の評価
  • 三井のリハウスで売るなら不動産一括査定経由にする
    ※詳細は「三井不動産リアルティは不動産一括査定に参画している」で詳しく解説しています。

1.三井のリハウスの口コミからわかる評判

三井のリハウスは、三井不動産リアルティがやっている不動産仲介会社です。

まずはリアルな口コミを見るためにTwitterを見ていきましょう。

営業マンの態度に対する口コミ

やはり、大手の三井のリハウスに対する口コミはたくさん出てきます。

Twitterでは、どうしても不満があった人の投稿がされやすいため、このような悪い口コミが目立っています。

三井のリハウスレベルになると、抱えている社員も多く、担当する営業マンにより当たりハズレがあります。

不動産業界は、どうしても営業売り上げのプレッシャーが大きい分、ゴリゴリの営業が多い業界です。

ただ、筆者の知る限りでは、三井のリハウスは顧客目線に立った良い会社という印象を持っています。

下記のように良い口コミもいくつか投稿されています。

また、2019年9月頃~電車広告を大量に投下しており、車両によってはすべて三井のリハウスの広告で埋め尽くされるぐらいのCMを打っています。

ただ、上記はあくまでもTwitterでの口コミ。他の会社と比べた時の評判はどうなのでしょうか?

2.オリコン満足度調査ランキングでの三井のリハウスの評価

音楽で有名なオリコンでは、様々なジャンルの顧客満足度調査を実施しています。

「不動産仲介 売却」も1ジャンルに入っており、三井のリハウスも入っています。

早速、三井のリハウスの顧客満足度を見てみると、

  • マンション:6位
  • 戸建て:5位

となっています。(※2020年9月1日時点)

マンション

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」のマンション

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」のマンション

戸建て

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」の戸建て

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」の戸建て

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却のランキング・比較」(※2020年9月1日時点)より

三井のリハウスのような大手は、特に都市部が強いです。

都市部はマンションが多いのですが、マンションは6位と苦戦しています。

評価項目別で見てみると平均以上

オリコンでは、8つの評価で点数付けがされています。

それぞれの項目別でみると、どれも平均以上にはなっています。

マンション

三井のリハウス 不動産仲介 売却 マンションの比較・評判

三井のリハウス 不動産仲介 売却 マンションの比較・評判

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「三井のリハウス 不動産仲介 売却 マンションの比較・評判」より(※2020年9月1日時点)より

戸建て

三井のリハウス 不動産仲介 売却 戸建ての比較・評判

三井のリハウス 不動産仲介 売却 戸建ての比較・評判

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「三井のリハウス 不動産仲介 売却 戸建ての比較・評判」より(※2020年9月1日時点)より

どの評価項目もほぼ上位には入っておらず、かろうじて戸建てで「問い合わせ対応」で4位に入っています。

利用するときに最も重視する「担当者の接客力」「売却価格」もほぼ平均となっています。

依頼者からすると、三井のリハウスは、大手で期待値が高いため、普通の価格の売却だと不満が残るのでしょう。

ちなみに、「売却価格」に関して満足度の会社1位は野村不動産グループの「野村の仲介+」、2位が「三井住友トラスト不動産」です。

野村の仲介+は、総合部門でもマンションで3位、戸建てが1位の会社なので、実際には野村の仲介+の方が良いのかもしれません。

三井住友トラスト不動産、野村の不動産(野村の仲介)については下記記事で詳しく解説しています。

三井住友トラスト不動産
三井住友トラスト不動産の売上や評判や口コミ・サービスを紹介

これから不動産を売却したい人なら、三井住友トラスト不動産がオススメです。 三井住友トラスト不動産は、利用者の評判が非常に ...

続きを見る

野村の仲介+ (PLUS)ってぶっちゃけどうなの?評判や強み・オススメの人を紹介
野村の仲介+ (PLUS)ってどうなの?評判や口コミ・強みやオススメの人を紹介

総合不動産会社である野村不動産グループは、不動産仲介も得意としています。 野村不動産グループはマンションブランドのプラウ ...

続きを見る

過去の推移を見てもあまり変わっていない

オリコンでは、2016年より毎年顧客満足度調査を実施しています。

過去の推移を見てみるとこのようになっています。

マンション

オリコン顧客満足度:過去推移:マンション

不動産仲介 売却 マンションのオリコン顧客満足度ランキングの推移

2019年度の1位は「住友林業サービス」、2位は「大成有楽不動産販売」です。

戸建て

不動産仲介 売却 戸建てのオリコン顧客満足度ランキングの推移

不動産仲介 売却 戸建てのオリコン顧客満足度ランキングの推移

2019年度の1位は「野村の仲介+」、2位は「三井住友トラスト不動産」です。

三井のリハウスは、マンション、戸建て共に2015年から変わらずほぼ横ばいになっています。

不動産仲介では最大手で売上もNo.1のため、今まで通りの戦略を今後も取っていくと思われます。

以上、ここまで三井のリハウスの評判について見てきました。

利用者からの評判は、平均ぐらいの三井のリハウス。

一体、どんな特徴があるのでしょうか?

3.三井のリハウスはどんな会社?

運営会社三井不動産リアルティ株式会社
資本金200億円
取引銀行三井住友銀行 ほか
所在地東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング 9階
代表取締役社長遠藤 靖
事業内容個人向け不動産仲介事業:主に個人に対する住宅、土地などの仲介・コンサルティング
法人向け不動産仲介事業:事業法人に対する不動産の仲介・コンサルティング
駐車場事業:時間貸し・月極駐車場などの企画、運営、管理、運営受託
その他事業:カーシェアリング、デューデリジェンス(詳細調査)・不動産鑑定評価業務、保険の代理店業務など

三井のリハウスは、三井不動産リアルティという会社が運営。

三井不動産の住宅関連事業の子会社の一つです。子会社と言っても、従業員は2019年4月1日時点で4,243名、資本金は200憶円の大きな会社。

正式な社名は「リアリティ」ではなく、「リアルティ」です。

「realty」は英語ですが、不動産という意味があります。

どうでもいい話ですが、三井不動産リアルティという名前は、日本語訳すると「三井不動産・不動産」という会社になってしまいます(笑)

三井不動産リアルティの主な事業としては、

  1. 三井のリハウス」名で行っている個人向け不動産仲介
  2. 三井のリパーク」名で行っている駐車場管理事業

が主な事業。

そして、今回取り上げている「三井のリハウス」は不動産業界では名実ともにNo.1企業で知名度は非常に高いです。

テレビCMをはじめ、電車広告、看板広告など積極的に打っています。

三井不動産リアルティはマジメな会社

三井不動産リアルティは、とにかく業界の中でも群を抜いて実力が高いです。

一般の人からすると、「大手ならどこも同じなんじゃないの?」と思いがち。

ただし、三井不動産リアルティだけは、遥かに高い実力を有しており、別格中の別格。

社風としては、業界の中では三井のリハウスは比較的真面目な会社と言われています。

トップ企業であるため、品格があり、ガツガツあおるようなことは少ないです。(※もちろん担当者によります。)

営業マンも全員が宅地建物取引主任士の資格を持っており、知識があり、難しい案件でも安心して依頼することができます。

「三井のリハウス」に売却を依頼すれば、とりあえず大きな問題になることはまずないでしょう。

三井のリハウスは仲介実績33年連続業界1位

三井のリハウスの仲介実績は33年連続業界1位です。

不動産売却の仲介では、長年トップランナーを走り続けており、他社が抜ける気配が今のところありません。

不動産仲介としては、絶対王者の地位を確立しており、No.1企業であることは間違いないです。

公益社団法人不動産流通推進センター(2020年9月発表)によると、2020年3月時点での仲介各社の売上ランキングは以下の通りです。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)手数料率 (%)仲介件数 (件)1件あたりの手数料収入(百万円)1件あたり平均物件価格(百万円)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,783,23284,9854.8%42,8181.9841.65282
2住友不動産販売1,287,50867,0635.2%37,7151.7834.14276
3東急リバブル1,315,94262,2614.7%26,4372.3649.78190
4野村不動産グループ872,33735,1564.0%9,5153.6991.6892
5センチュリー21636,39631,0884.9%25,9021.2024.57978
6三井住友トラスト不動産 472,42620,2214.3%7,6842.6361.4872
7三菱UFJ不動産販売405,96916,3494.0%5,1273.1979.1844
8みずほ不動産販売407,80416,0013.9%4,0433.96100.8752
9積水ハウスグループ243,23112,0284.9%8,2411.4629.51114
10オープンハウス236,42210,9794.6%5,6951.9341.5144
11三菱地所リアルエステートサービス450,0488,5981.9%1,0957.85411.008
12東宝ハウスグループ177,7128,5284.8%5,1481.6634.5218
13大京穴吹不動産167,6107,9944.8%6,3041.2726.5975
14住友林業ホームサービス156,3966,8954.4%4,2651.6236.6747
15大成有楽不動産販売グループ164,2286,5094.0%3,8931.6742.1940
16大和ハウスグループ185,9026,4013.4%4,3091.4943.1463
17イエステーション123,6806,1655.0%7,8270.7915.80145
18近鉄不動産107,2085,5925.2%4,1641.3425.7546
19スターツグループ115,6555,0654.4%2,2632.2451.11105
20東京建物不動産販売144,5904,2883.0%1,0863.95133.1411
21長谷工リアルエステート108,3014,1463.8%1,9992.0754.1838
22日本土地建物販売108,2173,0332.8%29910.14361.939
23三菱地所ハウスネット76,2802,8433.7%1,4271.9953.4522
24リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ55,6782,7304.9%1,1602.3548.0010
25ポラスグループ55,8362,6804.8%2,5261.0622.1050
26伊藤忠ハウジング105,1402,0001.9%2,0820.9650.502
27小田急不動産46,1971,9624.2%1,2831.5336.0120
28ナイス59,7491,8953.2%1,1961.5849.9615
29朝日住宅28,9791,2364.3%1,0061.2328.819
30京王不動産24,7631,1134.5%6831.6336.2611
31相鉄不動産販売18,5949795.3%6641.4728.008
32京急不動産7,1853565.0%2301.5531.2412

出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2020(2020年9月発表)

2位の「住友不動産販売」と3位の「東急リバブル」は、取扱高の順位が入れ替わることはあるのですが、1位の「三井不動産リアルティ」は不動のトップを走り続けています。

仲介売上ランキングの詳細は、以下の記事で詳しく解説しています。

不動産仲介ランキング
【最新版】不動産仲介ランキング決定版!オススメの大手不動産会社10社を紹介

「不動産を売るなら、なるべく実績があり大手の不動産会社が良い」 これは不動産を売る多くの人が考えることです。 そこで今回 ...

続きを見る

三井不動産リアルティは不動産一括査定に参画している

三井不動産リアルティは、単独でも十分に仕事が取れる実力を持っています。

ただし「 すまいValue 」という不動産一括査定に参画しています。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

すまいValue 」は、三井不動産リアルティの他、住友不動産販売や東急リバブル、野村の仲介、小田急不動産、三菱地所ハウスネットの大手6社だけに査定依頼ができる不動産一括査定。

筆者は、はじめて「すまいValue」を見たとき、「えっ!?三井が不動産一括査定をやるの?」とも思いました。

時代の流れなのか、あの三井のリハウスまでもが不動産一括査定サービスに参画しています。

それだけ、不動産一括査定が便利で利用者が多いということです。

なお、三井不動産リアルティは一括査定は「 すまいValue 」にしか参加していません。

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

「すまいValue」を利用すると、三井のリハウスがいかに信頼できる会社であるかがよく分かります。

「すまいValue」を利用すると、査定額が各社バラバラに出てきます。

筆者が過去に何度か利用した時の「住友不動産販売」や「東急リバブル」の価格は「あおり価格」に近く、適正な価格は「三井のリハウス」が近い印象を持っています。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

「三井のリハウス」は、品位があるので、きちんと売却できる価格を正直に出してきます。

人によっては、弱気な価格と捉えてしまう人もいるようですが、決して弱気ではなく適正な価格を出していると解釈すべき。

このように、不動産会社により出してくる価格が異なります。

中堅・地域密着の会社とも比較するとさらに成功確率が上がる

筆者はさらに成功確度を上げるために、中堅や地域密着の不動産会社にも依頼しておくことをオススメしています。

不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、三井のリハウスのような超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却の成功確度を上げるためにも三井のリハウスのような超大手と併せて中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

オススメな使い方はこうなります。

不動産一括査定の賢い使い方

マンション一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

以上、ここまで三井リハウスの概要について見てきました。

ここまで強い三井リハウスには、他にも様々な強みがあります。

4.三井のリハウスはすべてが強い

このクラスの会社になると、正直、全ての面が強すぎるため、何が三井のリハウスの強みなのか、良く分かりません。

三井のリハウスの強みと言ったら、答えになっておりませんが全てが強みです。

しかしながら、あえて一つだけ強みを挙げるとすると、「買主が抱く信頼・ブランド」が三井のリハウスの強みです。

三井のリハウスは、No.1企業であることから、買主から絶大なる信頼があり、売却もスムーズということ。

また、下記のような特徴があります。

  • 担当の営業マン全員が宅地建物取引士の資格を持っている
  • 360°サポート:設備チェック&サポートサービス
  • 買取サポートシステム:三井のリハウスのネットワークを活かして、複数の購入検討者を紹介する
  • 売却保証:三井のリハウスが売却を約束してくれるサービス

特に売却保証は、売主にとってみたらかなりありがたいです。

大企業である三井のリハウスだからこそできる強みでしょう。

まとめ

不動産仲介会社をどこにすれば良いのか迷っている人は、三井のリハウスに依頼すれば、まず間違いはありません。

ただし、適正な価格を把握するためにも「 すまいValue 」を使って複数社から査定依頼をしましょう。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-不動産会社特集

© 2021 不動産売却の教科書