家などの不動産売却で戻ってくるお金は3種類あり!金額はどれぐらい?

不動産売却で戻ってくるお金は3種類あり!金額はどれぐらい?

不動産を売却すると、何百万円~何千万円、場合によっては何億円とお金が入ってきます。

そうなると、人間はどうしても何万円~何十万円という金額が小さく思えてしまい、戻ってくるお金を見落としがちになる人が多いのです。

ただ、何十万というお金は、普通に生活していれば非常に大きなお金。

そんなに手間が掛からないのであればしっかりと返却してもらいたいのではないでしょうか。

本記事では、不動産売却を行うことで戻ってくるお金がいくつかありますので、それらを徹底的に解説します。ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 不動産売却で戻ってくるお金の種類について知りたい
  • 不動産売却で戻ってくるお金を受け取る条件や方法について知りたい

1.不動産を売却して戻ってくるお金は3種類

不動産を売却するといくつか戻ってくるお金があります。

主に下記3種類があり、売却した不動産にもよりますが、相場で数十万単位で戻ってくることがほとんどです。

  1. 火災保険料
  2. 銀行保証料
  3. 税金

それでは、これらを詳しく解説します。

種類1.火災保険料

火災保険料の平均戻り額:数万円~数十万円

銀行で住宅ローンを組むと、一緒に火災保険を入らないといけないことがほとんどです。

火災保険は、一戸建てやマンションなどの物件購入時から借り入れ年数分を長期一括で契約している場合がほとんどです。

つまり一戸建てやマンションなどを売却するなどして途中解約する場合は、残りの期間の火災保険料が保険会社から戻ってくるのです。

火災保険料は請求しなければ戻ってこない

この解約した時の保険料は、特に法律で返却しなければならないというルールはなく、あなたが火災保険会社に対して請求しなければ戻ってきませんので注意が必要です。

また、売却する一戸建てやマンションが古い場合は、火災保険にそもそも加入しているのかも分からず、忘れてしまっている人も非常に多いため、請求しない人がとても多いのが現状です。

自分がどの火災保険会社に加入したのかは、一戸建てやマンションを購入した際の売買契約などの書類に一緒に保管されていると思いますので、分からない方は探してみましょう。

また、住宅ローンを組んだ銀行に預けているケースもありますので、合わせて確認をしましょう。

マンション売却で戻ってくる火災保険料とその他戻ってくる3つの費用
マンション売却で戻ってくる火災保険料とその他戻ってくる3つの費用

マンションを売却する際、忘れがちなのが火災保険の解約です。 少しの金額ですが戻ってくる可能性があるので忘れないようにしま ...

続きを見る

種類2.銀行保証料

銀行保証料の平均戻り額:数万円

自分の居住用に住宅ローンを組む場合、銀行側より保証会社への加入が条件になっていることがほとんどです。

これも前章で紹介した火災保険料と同じく、購入時に加入するものであり、借り入れ年数分を長期一括で支払います。

つまり、途中で売却した場合は、残りの期間分の銀行保証料が戻ってきます。

忘れてしまっている人が多くいますので注意が必要です。

ただし、火災保険料と違い今回の銀行保証料は住宅ローンの抹消手続き時に銀行が返済額も合わせて計算してくれますので、忘れるというリスクはありません。

種類3.税金

一戸建てやマンションなどの不動産を売却した場合、もし購入した時に比べて売却額が安ければ、税金を取り戻することができます。

税金については少し複雑のため、別の記事で詳細を説明しております。

不動産を売却したときにかかる税金は?計算方法とお得な税金特例
不動産を売却したときにかかる税金は?計算方法とお得な税金特例

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不 ...

続きを見る

マンションの修繕積立金・管理費が返還されることはない

修繕積立金とは、共用スペースの大規模な修繕などにあてる費用のこと

管理費とは、共用スペースの清掃や点検など、短期的なマンションの管理にあてる費用のこと

マンション売却を検討している方で「使用していない修繕積立金や管理費」は戻ってくると考えている方も多いかもしれません。

しかし、マンションには管理組合があり、マンションの購入者は管理組合が定めた管理規約に従う必要があります。

管理規約上、支払った修繕積立金や管理費は管理組合の財産となるので返金の義務はありません。

したがって、過去に支払った修繕積立金や管理費はマンション売却後に戻ってくることはないと考えたほうがいいでしょう。

3.不動産を高く売るなら信頼できる不動産会社を探す

信頼できる不動産会社を見つける

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差が出ることも。

ただ、あなただけの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

えぇぇ!!!こんな便利なサービスがあるんですね!
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • 【1都3県・大阪・兵庫・京都・奈良】売主専門の数少ない不動産会社「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度でOKじゃぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
こう見ると、上4つがずば抜けているんですね!
正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井不動産」「住友不動産」「東急リバブル」の3強じゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール  
SRE不動産(※旧ソニー不動産)

まとめ

不動産を売却した場合、何がどれぐらい戻ってくるのかイメージできましか?

普段の買い物では、何百円、何%OFFなどとても気にする人が多いのです。

不動産のような高額な取引になると、とたんに気持ちが大きくなってしまい、数万円~数十万円と大きい金額にも関わらず気にしなくなる人がいます。

そこまで難しい手続きでもないので、しっかり知識を得た上で納得した不動産売却を実現しましょう。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-基礎知識・用語
-

© 2021 不動産売却の教科書