短期間での土地活用の注意点は?短期向きの土地活用4つの方法

もしあなたが短期間(2年以下)での土地活用を検討しているのであれば、「短期間でできる土地活用ってなんだろう?」「期間限定の場合、何か条件があるのだろうか」など考えたことはないですか?

譲渡・相続して手に入った土地を、自分が利用するまで放置することは少なくありません。

このように2年以下の短い期間・あるいは期間限定で、せっかく手に入れた土地を何等かの方法で活用できないか考えている方に向けて「短期間での土地活用法」についてご紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 短期間での土地活用ってそもそも可能なの?
  • 短期間での土地活用の注意点は
  • 短期間での土地活用のおすすめは?

1.短期間の土地活用に必要な条件

まず知っていただきたいのは、短期=2年以下での土地活用に必要な条件について。

本来土地活用は基本的に長期間で行うものなので、短期で行おうとすると様々な弊害が発生してきます。

長期でやれば成功する方法でも、短期で行ったことにより失敗を招くことも少なくありません。

では一体どんな条件に該当する土地活用なら短期で行ってもいいのでしょうか?満たすべき条件は、以下の通りです。

短期間の土地活用を成功させるポイント

  • 初期投資が無料または少額
  • 法的・仕組み的に早期撤退が可能
  • 撤退費用が無料または少額

これらの条件を満たすことができる土地活用は、以下のラインナップとなります。

  • 借地
  • 太陽光発電
  • レンタル倉庫
  • 駐車場

ではひとつひとつ、詳しく紹介していきましょう。

2.初期費用がかからない借地

「借地」は自分の持っている土地を第三者に貸すことによって、毎月の賃料をもらう土地活用で、以下のようなメリットがあります。

借地運営の3つのメリット

  1. 不動産業者に「借地として運営したい」と依頼するだけで、すぐに利用者を募ることができるて手軽さ
  2. 初期費用が一切かからずに運用できる
  3. 契約期間も基本的には自分の好きなように設定できる

これらが借地で土地活用を短期で行う際のメリットです。

ただし、一つだけ借地での土地活用を行う上で絶対にやってはいけないことがあります。

それは借地に建物を建てさせてしまうこと

実は借地に建物を建てさせてしまうと、最大100年間は土地を貸し続けないといけない法律があるのです。

もし短期で借地をしたいなら、建物を建てる予定の人には絶対に貸さないこと。

建物を建てる必要がない「資材置き場」などの用途で借りる人だけを対象にしましょう。

借地での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ ...

続きを見る

3.売電で利益を生み出す太陽光発電

「太陽光発電」は自分の持っている土地に太陽光パネルを設置し、発電によって得られた電気を第三者に売ること(売電)によって利益を生み出す土地活用です。

発電を開始するには、もちろん太陽光パネルを準備する必要がありますが、昔に比べて今の太陽光パネルは単価が低くなっているため、少額の投資で済むことが多いでしょう。

仮に太陽光発電をやめるとなった場合も、パネルは中古品として売却することが可能です。

中古の太陽光パネル市場は根強い人気があるため、売却もそこまで苦戦をしなくて済むはず。

日ごろの売電で得た金額と撤退後に売却したパネルの金額を合わせると、最終的にプラスになることも多く、短期の土地活用に向いている方法だと言えるでしょう。

もし短期で太陽光発電をするのであれば、太陽光パネルの選択が重要になります。

パネルの投資額は絶対にケチらず、有名メーカーの品質のいいパネルにしてください。

日ごろの売電結果はもちろんのこと、撤退時のパネル売却価格や売却までの期間にも影響が出てきます。

太陽光発電のリスクや注意点に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

太陽光発電の投資は今から開始したらもう遅い?税金・費用や危険性を解説

国が買い取りを行い、安定した収入が見込める投資手法として話題を呼んだ太陽光発電。 しかし、年々国による買取価格は下落傾向 ...

続きを見る

4.近年、注目を集める「貸し倉庫」

「貸し倉庫」は自分の持っている土地に小規模の倉庫を複数設置し、収納が足りない第三者に貸すことによって、毎月の利用料をもらう土地活用です。

初期投資としては倉庫費用しかかからないため、そこまで大きな初期費用が掛からない点が魅力でしょう。

また撤退する際に倉庫そのものを売却できる、というのもポイントです。

「貸し倉庫」は今注目のビジネスなので、倉庫の買い手を見つけるのもそこまで苦戦しないはず。

ただし「貸し倉庫」を運営する上で、注意すべきなのは「契約期間の調整」です。

短期で撤退することを前提とするならば、契約者には「短期でしか借りられない」ということを事前に伝えておくべきでしょう。

「引っ越しための一時退避場所にどうぞ」などの触れ込みで募集すれば、トラブルを未然に防げるはずです。

「貸し倉庫」での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用x貸倉庫
土地活用で「貸倉庫」を経営するなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「貸倉庫」が気になっている方は、どのように貸倉庫を経営したらいいのか分 ...

続きを見る

5.暫定利用の土地活用で大本命の駐車場経営

「駐車場」は、もはや説明不要の土地活用でしょう。

自分の持っている土地を駐車場用に整地して第三者に貸し、毎月の賃料をもらう土地活用で、土地を駐車場にするためには、整地したあとコンクリート加工するだけでOK

工事の規模が小さいので、初期投資費用がかなり抑えられるのが魅力です。

一度コンクリートで加工したとしても、カンタンに元の土地に戻すことができるので、短期の土地活用にふさわしい方法だと言えるでしょう。

実際に短期間の土地活用を希望する人の大半が、最終的に駐車場を選択しています。

駐車場には2種類あり「月極駐車場方式」と「コインパーキング方式」がありますが、短期にするなら圧倒的に「月極駐車場方式」がオススメ

「コインパーキング方式」は特殊な機材を購入し、地中に埋め込む作業が必要になので導入前や撤退した後の工事費用がかさみむため、何も設置が必要ない月極にしておいた方がいいでしょう。

駐車場経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 ...

続きを見る

6.土地活用は他にも様々なプランが

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、短期間でも可能な土地活用の方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

基本的には長期の運用が前提となる土地活用ですが、特定の条件を満たした方法であれば短期でも土地活用できると理解いただけたと思います。

短期間での土地活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用, 未分類

© 2021 不動産売却の教科書