駐車場「タイムズ」で土地活用を検討している方必見!注意点と導入方法

駐車場「タイムズ」で土地活用を検討している方必見!注意点と導入方法

街で「Times Parking」と書かれたコインパーキングの看板を見かけることは多いのではないでしょうか?

もしあなたが土地活用で「タイムズ」のコインパーキング経営を検討していたら、「どんな契約内容になるのだろう?」「初期投資はどれくらい必要?」など、色々な疑問を持つかと思います。

今回の記事では「一体どうすれば導入できるのか」「初期投資がいくらかかるのか」など、土地活用でタイムズを選ぶ前に絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • タイムズを始めるにはどうしたら良いの?
  • タイムズの契約ってどういう仕組?
  • タイムズを解約する方法は?

1.タイムズの導入方法について

自分の土地をタイムズに頼んで、コインパーキングとして土地活用してみたいのであれば、まずはタイムズのホームページにアクセスして問い合わせをする必要があります。

以下の情報が入力必須となっていますので、注意してください。

  • お問い合わせ種類(見積依頼・資料請求・お問い合わせ)
  • 該当の土地情報(郵便番号・住所・町名・番地など)
  • 氏名
  • 希望の連絡方法(メール・電話)

上記を入力の上問い合わせをしたら、あなたの土地がある地域のタイムズ担当者から連絡が来るはずです。

日中電話に出られそうになければ、メールでの連絡を希望するといいでしょう。

タイムズの担当者はメールなり電話で、わからないことに対して全て回答してくれるので、「自分で情報を収集するのが面倒だ」「資料を読んでもわかりそうにない」という人は、直接担当者に質問してみることをオススメします。

2.「タイムズ」の契約内容について

前章ではタイムズの導入方法について紹介しました。

タイムズのホームページから問い合わせして、全てが始まることを理解していただけたと思います。次に紹介するのは、タイムズの契約内容について。

タイムズとの契約は、基本的に「一括借り上げ方式」になります。

つまり、タイムズからコインパーキング用の機材を買い取って、自分がコインパーキングの「オーナー」になるわけではなく、タイムズ側に自分の土地を貸して賃料を得る契約内容のため、初期費用を抑えることができます。

駐車場経営の経営方法の種類に関しては下記の記事で詳しく解説しております。

タイムズの基本の契約期間は2年と設定されているので、契約終了後に駐車場以外の運用を行うことも十分に可能となっています。

タイムズと契約した際は、いわゆる「借地」として土地を一時的に貸すので、機材の初期導入はもちろんのこと、日ごろの運営まで持ち主は完全ノータッチ

機材の導入費用や、日々の運営・管理にかかる費用を負担することもありません。

あえてやるべきことを挙げるなら、タイムズから毎月振り込まれる賃料を確認するのが、あなたの仕事になるでしょう。

3.「タイムズ」導入の注意点・デメリットについて

前章ではタイムズの契約内容について紹介しました。

初期費用も手間もかからないとなると、魅力的に感じますが、もちろん、注意点やデメリットもあります。

タイムズでの駐車場経営を検討するなら、しっかりと理解しておいてください。

お伝えしたいタイムズ導入の注意点は、以下の通りです。

タイムズ導入の4つの注意点

  • 注意点1:土地活用のなかでも収益性が低い
  • 注意点2:固定資産税の負担は、持ち主が行う
  • 注意点3:タイムズと契約する前にオーナー負担で舗装をする場合がある
  • 注意点4:特殊な形や狭い土地でも契約可能だが、全ての土地が契約できるわけではない
  • 注意点5:建物がある場合は、自費負担で取り壊しておく必要がある

タイムズに限らず、大前提として駐車場経営というのは、収益性は低く、税金面の優遇も少ない、という大きなデメリットがあります。

タイムズの公式HPに記載されているデメリット

タイムズの公式HPに記載されているデメリット

駐車場経営は、建物を建てずに低予算で行う「暫定利用」的な位置づけの土地活用だと認識したうえで、検討をしていきましょう。

駐車場経営の位置づけに関しては下記の記事でより詳しく解説しております。

また、前の章では「土地を貸すだけ」とお伝えしましたが、それはあくまで一般的なケースです。

土地の状況によっては、舗装費用をオーナーが負担することもありますし、契約自体出来ないケースもあります。

「どの土地でも初期費用が一切かからないんだ」と考えてタイムズを選ぶのは、リスクがあると言っても過言ではないでしょう。

「まずは相談してみて、導入できるかどうか聞いてみよう」ぐらいの気持ちで臨んだ方がいいかもしれません。

4.土地活用を検討する際には駐車場経営以外の様々な方法もチェック!

ここまで、タイムズでの駐車場経営に関して紹介してきました。

手軽さは大きな魅力ですが、駐車場経営の特性をしっかりと理解した上での検討をオススメします。

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、「タイムズ」に土地活用を依頼する前に知っておきたい必要知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分の土地でタイムズの駐車場経営を検討しているのであれば、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用
-

© 2021 不動産売却の教科書