土地活用で「自動販売機」を選ぶ際に事前に知っておきたい必須知識

土地活用x自動販売機

もしあなたが土地活用の手段として「自動販売機」を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用で自動販売機を選ぶメリットについて知りたい
  • 土地活用で自動販売機を選ぶデメリットについて知りたい
  • 自動販売機を設置する際に、注意するべきことがあれば知りたい

そこで今回の記事では、土地活用の手段として「自動販売機」を選ぶなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.土地活用で自動販売機を設置する基礎知識

土地活用には様々な方法がありますが、その中でも徐々に注目を浴びているのが「自動販売機」です。

皆さんご存知の「自動販売機」を自分の土地に設置して、売上げを得るという土地活用方法になります。

自動販売機を設置するスペースだけで運用開始できる、ということから大きな土地を持っていない人にも実行可能な「省スペースな土地活用」であるのが最大の特徴です。

しかし、どうやって設置するのか、どれくらいの利益がでるか等の「土地活用としての詳細」を知っている人は多くはないはず。

自動販売機を設置するとなった場合、2種類の方法があるというのも知らない人は多いのではないでしょうか?

自動販売機を設置するには以下の種類の方法から、自分の都合に合った方法を選び出す必要があります。

  • 土地だけ貸す方法
  • 自動販売機を買い取る方法

それぞれの方法にはどんなメリット・デメリットがあるのか次の章でお伝えします。

なお、10・15・20・25坪の狭地の土地活用については、以下の記事で詳しく解説しています。

10・15・20・25坪の狭地の土地活用!狭小地がしっかり利益を生む5つの方法

どうやって活用したら良いのだろうかと悩む土地があります。 その代表選手が狭い土地、いわゆる狭小地です。 狭小地は、立地が ...

続きを見る

2.「土地だけ貸す方法」の基礎知識

「土地だけ貸す方法」は自動販売機を設置するうえで、よく選ばれる方法になります。

仕組みを一言で言うと「自動販売機を設置するスペースだけ貸して、売り上げの一部をメーカーからもらう方法」です。

ただし自動販売機の電気代は、自分で負担することになります。

飲料メーカー側が缶の詰め替えや各種メンテナンスも全てやってくれるため、自分では何もしなくていいというのが最大の特徴です。

肝心の収益ですが、自動販売機が稼いだ全体の売り上げの20%ほどが手元に入ります。

通常、自動販売機の売り上げは1か月で200〜300本の売り上げが多いため、「土地だけ貸す方法」では毎月4000円〜6000円が自分の収益になることが多いです。

「土地だけ貸す方法」のメリット

「土地だけ貸す方法」のメリットは、缶の補充からごみ箱の掃除までメーカー側が全てやってくれることでしょう。

自分は何もしなくてもお金が入ってくるという、本当の「不労所得」が実現できます。

また省スペースで可能な土地活用のため、狭小土地でも運営可能というのも大きなポイントです。

 「土地だけ貸す方法」のデメリット

デメリットとして挙げられるのは、電気代を自分で払わなくてはいけないことでしょう。

1か月あたりの電気代は、自動販売機1台当たり4000円〜5000円です。

1か月の売り上げが4000〜6000円になることが多いと前述したことから、かなり利益が少ないことは理解頂けるかと思います。

売上が少ない月は、電気代を負担すると赤字になってしまうことも少ないのが現実です。

これまで「土地だけ貸す方法」について見てきましたが、次に「自動販売機を買い取る方法」についてお伝えします。

3.「自動販売機を買い取る方法」の基礎知識

次に紹介するのは「自動販売機を買い取る方法」です。

この方法はその名の通り、自動販売機そのものを購入して、飲み物の仕入れや補充はもちろんのこと、ゴミ箱の掃除やメンテナンスまで全てを自分で行う方法です。

飲み物のラインナップや販売価格すら自分で決められるのが最大の特徴となります。

「人気商品を読む力」など「商売人」としての能力が試される方法です。

「自動販売機を買い取る方法」のメリット

「自動販売機を買い取る方法」のメリットは、何と言っても「収益の多さ」でしょう。

飲み物を売って手に入れた収益は、全て自分のものになります。

販売価格を自分でいじることができるので、自動販売機が少ない場所に高めの金額で売れば、かなりの収益を手に入れることができるでしょう。

「自動販売機を買い取る方法」のデメリット

自動販売機そのものを買い取る費用が事前に必要になるのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

自動販売機の価格は70万円以上が普通で、どんな安いタイプでも50万円はします。

ごみ処理やメンテナンスを自分で行う必要があるのも問題です。

ごみ処理は手間さえかければいいですが、メンテナンスとなると話は別。

ある程度の電子機器に対する耐性が必要になるはず。

また商品のラインナップを自分で決めるのも、ある意味ではリスクです。

ラインナップを間違ってしまえば、1円も売れないことすらあります。

これまで「土地だけ貸す方法」と「自動販売機を設置する方法」について詳しく見てきましたが、次に自動販売機を設置する上での注意点についてお伝えします。

4.自動販売機を設置する上での注意点

最後に紹介するのは、自動販売機を設置する上で注意しておきたいポイントです。

自動販売機を設置するなら、近隣住民のクレームは前もって覚悟しておきましょう。

自動販売機はどうしてもゴミが散らかりやすいですし、不良のたまり場にもなりがちです。

「あなたの自動販売機のせいで!」というクレームを受けることは絶対に避けられません。

クレームと戦う覚悟をもって、自動販売機を設置するようにしてください。

5.自動販売機以外の土地活用を知るには

今回は自動販売機について詳しく解説してきましたが、あなたの考えている土地活用で自動販売機がベストとは限りません。

「土地活用」と一言で言っても、アパート経営や駐車場経営、他にも色々とあり、土地によって最適な活用法は異なります

そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!
フクロウ先生
フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

まとめ

土地活用として「自動販売機」を設置する際に、絶対に知っておくべき知識について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

自動販売機の種類や、それぞれのメリット・デメリット、設置する際の注意点まで理解いただけたと思います。

土地活用の手段として自動販売機を検討しているなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書