MENU

東京ロータス法律事務所の債務整理の費用は?口コミや債務整理の流れについても解説

東京ロータス法律事務所は、債務整理に強い法律事務所です。

借金問題を抱えている方の中には「東京ロータス法律事務所のメリットやデメリットは」「依頼したあとの債務整理の手順は」このような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

東京ロータス法律事務所は、7,000人以上の受任実績があり、信頼できる法律事務所です。

この記事では、東京ロータス法律事務所の基本情報や依頼費用、メリット、デメリット、債務整理の手順などについて解説します。

借金問題を抱えており、毎月の返済の負担から解放されたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

東京ロータス法律事務所とは?

まずは、東京ロータス法律事務所の基本的な情報をお伝えします。

事務所名弁護士法人東京ロータス法律事務所
所属弁護士永安 優人(東京弁護士会 No.44304)
所属東京弁護士会
所在地東京都台東区東上野1丁目13番2号
廣丸ビル1-2階
電話番号0120-316-715
平日10:00〜20:00
土日祝日10:00〜19:00
対応業務(個人の方)任意整理
過払い金請求
自己破産
個人再生
交通事故
労働問題
債権回収
離婚相談
相続問題
不動産トラブル

弁護士法人東京ロータス法律事務所には、永安優人弁護士が所属しています。

141年の歴史があり、8,700人以上の会員数を誇る日本最大級の弁護士会である東京弁護士会に所属しているため、優良な弁護士事務所です。

すべての債務整理に対応しているため、相談したい場合は電話やメールで問い合わせましょう。電話は土日祝日にも対応していますが、時間帯が決まっている点に注意しておきましょう。メールであれば、24時間対応しています。

相談のみであれば何度でも無料です。

そもそも債務整理とは

東京ロータス法律事務所に相談したい方の中には、債務整理がどのような手続きなのか把握していない方も多いのではないでしょうか。

債務整理には次の3つの種類があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

それぞれに特徴があるため、一つずつ確認してみましょう。

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さずに債権者と話し合い、元本を減額したり将来利息をカットしたりして、完済を目指す債務整理です。

基本的には、3〜5年で完済する必要があります。

のちほど解説する自己破産や個人再生は、借金の支払いを免除できたり、元本を大幅に減額できたりするため、任意整理の効力は小さいと考える方も多いでしょう。

確かに自己破産は、任意整理よりも返済の負担を軽減できますが、その代わり価値のある財産を手放す必要があるため、デメリットも大きいです。

一方、任意整理は、自動車や不動産などの価値のある財産を手放さず手続きできるため、家族への影響を最小限に抑えて手続きできます。

自己破産

自己破産は、借金の返済義務が免除される手続きです。

任意整理は元本の減額や将来利息のカットにとどまりますが、自己破産の場合は借金を返済する必要がなくなるため、返済の負担から解放されます。

しかし、価値のある財産は強制的に処分され、返済に充てられる点は大きなデメリットです。

また、自身の支払い義務は免除されますが、保証人や連帯保証人を設定している場合は支払い義務が移るため、迷惑がかかります。そのため、自己破産を考えている方は、慎重に検討する必要があるでしょう。

個人再生

個人再生は、裁判所に認められると元本を大幅に減額できる手続きです。

自己破産は、不動産を処分して返済に充てる必要がありますが、個人再生は不動産を手元に残したまま手続きできるメリットもあります。ローンの支払いが完了している場合は、自動車も手元に残せるため、財産を処分したくないものの、元本を大幅に減額したい方におすすめです。

しかし、減額した借金を3年ほどで返済する必要があるため、安定した収入がある方でないと実行できません。

東京ロータス法律事務所の債務整理にかかる費用

東京ロータス法律事務所に債務整理を依頼する際の費用は、どの手続きを依頼するのかによって金額が大きく異なります。

債務整理の種類ごとに費用を紹介するため、自身が検討している手続きの金額を確認してみてください。

任意整理

任意整理の費用は、次のとおりです。

着手金1件2万2千円(税込)
報酬金1件2万2千円(税込)
減額報酬11%
過払い金報酬回収額の22%
その他諸費用:5,500円(税込)
和解の代行手数料:1件1,100円(税込)
訴訟対応の場合は別途着手金:1件3万3千円(税込)

任意整理は、着手金や報酬金に加えて減額報酬も支払う必要があります。

また、その他の費用として、訴訟対応費用として別途着手金の3万3千円(税込)が発生する点にも注意しましょう

過払い金請求

過払い金請求の費用は、次のとおりです。

着手金なし
報酬金なし
減額報酬なし
過払い金報酬回収額の22%
その他訴訟の場合は回収額の27.5%
訴訟費用
出廷日当

過払い金請求は、着手金、報酬金、減額報酬が発生しません。過払金の回収額の22%を過払い金報酬として支払うのみで、手続き可能です。

その他の費用として、訴訟費用や出廷日当も支払う必要がある点に注意しておきましょう。

自己破産

自己破産の費用は、次のとおりです。

着手金22万円(税込)
報酬金22万円(税込)
その他諸費用:5万5千円(税込)
管財人引継予納金:20万円(税込)~

自己破産は、高額な着手金と報酬金が発生します。40万円以上かかる手続きのため、手持ちの現金で足りるのかを確認してみてください。

個人再生

個人再生の費用は、次のとおりです。

着手金33万円(税込)
報酬金33万円(税込)
その他諸費用:5万5千円(税込)
住宅ローン特則有の場合:11万円(税込)

個人再生は、債務整理の中で最も費用が高額な手続きです。最低でも70万円以上かかります。

東京ロータス法律事務所のメリット

東京ロータス法律事務所に債務整理を依頼するメリットは、次の9点です。

  • 7,000件以上の受任実績
  • 匿名で相談可能
  • 相談は何度でも無料
  • 一人一人に合った問題解決方法を提案
  • 弁護士費用の分割払いが可能
  • 土日祝日も対応可能
  • 全国どこでも対応可能
  • 貸金業者からの取り立てが止まる
  • 和解後の返済も代行可能

一つずつ解説します。

7,000件以上の受任実績

東京ロータス法律事務所は、7,000件以上の受任実績があるため、安心して債務整理の相談ができます。公式サイトを確認すると、これまでの相談事例も掲載されているため、安心して相談できる方も多いでしょう。

債務整理のみでなく、労働問題や離婚相談、相続問題などの法律相談も受け付けていますが、中でも債務整理の実績が多数あります。

そのため、実績がある法律事務所に相談したい方は、東京ロータス法律事務所を選んでみてください。

匿名で相談可能

東京ロータス法律事務所は、匿名で問い合わせられるため、自身のプライバシーを守りながら債務整理について相談できます。

公式サイトの問い合わせフォームを確認すると、氏名や年齢などの個人情報を記載する必要がなく、匿名と電話番号のみで問い合わせられるようです。

中には、氏名を公表して債務整理に関する相談をおこないたくない方も多いのではないでしょうか。

たとえば、家族や会社の同僚に発覚したくない方などは、匿名で相談しましょう。

本名を提示しても、家族や会社の方に発覚する可能性は低いですが、不安な方は東京ロータス法律事務所に匿名で相談してみてください。

相談は何度でも無料

東京ロータス法律事務所は、借金問題の相談が何度でも無料です。

他の法律事務所を見ると、相談料を設定している事務所もあるため、無料で相談できる点は大きなメリットでしょう。

電話やメールで相談できるため、事務所に足を運ぶ必要もありません。

電話番号:0120-316-715(平日10:00〜20:00、土日祝日10:00〜19:00)
メール:問い合わせフォーム

好みの方法で問い合わせてみてください。

一人一人に合った問題解決方法を提案

東京ロータス法律事務所は、一人一人に合った問題解決方法を提案します。

借金問題の状況は、人それぞれ異なります。そのため、一人一人に合った問題解決方法が必要です。東京ロータス法律事務所は、相談者に寄り添ってニーズに合わせた解決方法を提供するため、効果的な解決策を見つけられるでしょう。

たとえば、公式サイトに記載されている事例を確認すると、借金の総額から過払い金請求を提示したり、収入があるため債務整理で借金の減額で完済を目指したりしています。

自身に最適な解決策が知りたい方は、東京ロータス法律事務所を検討してみましょう。

弁護士費用を分割払いできる

東京ロータス法律事務所は、弁護士費用を分割払いできます。

弁護士への債務整理の依頼費用は高額であり、支払いが難しい場合もあります。

しかし、東京ロータス法律事務所は分割払いに対応しているため、一括で支払えない方も、弁護士に借金問題を相談できるでしょう。

手持ちの現金が少なく、債務整理できないと考えている方も、東京ロータス法律事務所に相談してみてください。

土日祝日も対応可能

東京ロータス法律事務所は、土日も対応している事務所です。

平日が忙しくて相談する時間がとれない方の中には、土日祝日であれば相談できる方も多いのではないでしょうか。

また、事務所に足を運ばずに、電話やメールで無料相談できる点も大きなメリットです。

電話番号:0120-316-715(平日10:00〜20:00、土日祝日10:00〜19:00)
メール:問い合わせフォーム

電話は受付の時間帯が決まっていますが、メールであれば24時間受け付けているため、急ぎではない方はメールで相談しましょう。

法律事務所の中には、土日の相談を受け付けていない事務所も多いです。柔軟な対応ができる法律事務所を探している方は、土日祝日も相談を受け付けている東京ロータス法律事務所を選んでみてください。

全国どこでも対応可能

東京ロータス法律事務所は、全国どこでも対応できる事務所です。

地域密着型の法律事務所の場合は、対応できる地域が限定されているため、遠方にお住まいの方は相談できない場合もあるでしょう。

しかし、東京ロータス法律事務所であれば全国どこにお住まいでも相談できます。

まずは、電話やメールで無料相談をおこない、実際に依頼するのかを決めてみてください。

貸金業者からの取り立てが止まる

東京ロータス法律事務所に借金問題について依頼すると、貸金業者からの取り立てが止まり、弁護士の交渉によって借金問題を解決できます。

貸金業者は、債務者に対して、郵送や電話などで借金の取り立ての連絡ができます。

しかし、法律事務所に債務整理を依頼すると、債権者に対して受任通知が送付されるため、債務者への取り立てがなくなると把握しておきましょう。

受任通知とは、弁護士が債権者から依頼を受けた旨が記載されている通知です。受任通知を受けた債権者は、電話や郵便などで取り立てる行為が禁止されているため、借金の取り立てが止まります。

なかには、貸金業者からの取り立てによって、精神的に追い詰められている方も多いでしょう。

そのような方は、東京ロータス法律事務所に依頼して、取り立ての負担から解放されましょう。

和解後の返済も代行可能

東京ロータス法律事務所は、和解後の貸金業者への返済も代行できます。

自身で返済計画どおりに返済できるのか不安な方にとっては大きなメリットです。

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を実行する場合、元本の減額や利息のカットはできますが、減額後の借金は返済する必要があります。

しかし、これまで貸金業者への返済を計画的にできなかった方は、計画どおりに返済できるのか不安を抱くでしょう。

東京ロータス法律事務所であれば、債務者に代わって債権者に返済するため、不安がある方や、返済が負担になる方などは代行を依頼しましょう。

東京ロータス法律事務所のデメリット・注意点

東京ロータス法律事務所に債務整理を依頼する際は、デメリットや注意点もあります。

事前に確認し、本当に依頼するべきなのか検討してみてください。

自己破産や個人再生などの場合は来所が必要

東京ロータス法律事務所に自己破産や個人再生などを依頼する際は、来所する必要があります。

無料相談であれば、電話やメールで対応できますが、実際に依頼する場合は、手続きの内容によって来所が必要になる点に注意しておきましょう。

東京ロータス法律事務所は、東京にのみ事務所を構えているため、地方にお住まいの方は足を運べるのか検討してみてください。

東京ロータスス法律事務所の口コミ・評判

東京ロータス法律事務所への依頼を検討している方は、実際の利用者の口コミや評判をぜひ参考にしてみてください。

口コミや評判では、実際に利用しないとわからない部分を確認できます。

夫婦で破産申立てを依頼しました。
いつも私達夫婦に寄り添って下さり、またアドバイスして頂き心から感謝しています。
書類集め等色々大変でしたが、思い切って相談して本当に良かったです。
毎月の支払いに苦しんでいた頃が嘘のように、穏やかな気持ちで過ごせる日を迎えられたのは、先生やスタッフの皆様のおかげです。
ロータス様には感謝しても仕切れません。
こんな私達夫婦の感謝の想いを口コミで皆さんに読んで頂けるなら嬉しく思います。

引用元:Googleマップ

過払い請求でお世話になりました。
既に完済済みのキャッシングを試しに依頼しましたが、結構戻ってきました。
宝くじ気分で、戻ったらラッキー程度に思ってたので嬉しかったです。
手数料等安く、安心してお任せできました。
殆どが、電話のやりとり。郵送書類等一回。
現地事務所に一回行きましたが、遠方の方は相談できるとの事。
当方、訴訟など無かったので、訴訟する場合は、これに限らないと思いますが、弁護士のプロ根性は感じられると思えます。(一部省略)

引用元:Googleマップ

約束を守らない。電話対応も上から目線、あげくガチャ切り。後から余計な費用も増えたしトータルでおすすめ出来ない。

引用元:Googleマップ

最悪です。ひとりの親父の電話対応で全てのイメージが悪くなりました。皆さんこんな感じなんですかね?
態度悪すぎ、ずっと上から目線で物を言います。態度が気に食わず、他の事務所でお願いしました。大変手厚く、丁寧にお話してくださりこんなにも違うのかと。
こうやって一つ一つの仕事を逃していくわけです。お疲れ。

引用元:Googleマップ

口コミを確認すると、利用者に寄り添って相談に乗る姿勢が見られた、主に電話でのやり取りで手続きできた、電話の対応が悪い、このような内容が見られました。

利用者の中には、東京ロータス法律事務所の対応のよさを高く評価している方が多くいるでしょう。利用者に寄り添って相談に乗り、最適な解決方法を提示するため、初めて法律事務所を利用する方も安心です。

また、手続きを主に電話で進められたと口コミしている方もいます。遠方にお住まいの方も来所せずに手続きできる可能性があるため、相談してみてください。

反対に、電話対応の質については低評価です。

しかし、電話に対応する方は、弁護士ではなく事務員の方の場合もあるため、弁護士の質が低いとはいえないでしょう。そのため、弁護士の質に影響しないのであれば問題ないと思う方は、東京ロータス法律事務所に相談してみましょう。

東京ロータス法律事務所における債務整理までの流れ

東京ロータス法律事務所のメリットやデメリットなどを確認し、債務整理を依頼したいと思った方は、次の流れで手続きしましょう。

  1. 電話やメールで無料相談
  2. 面談、契約
  3. 債権者に受任通知を発送
  4. 債務額(借金残高)を確定
  5. 債権者と和解交渉
  6. 債権者と和解書取り交わし
  7. 事務所を通じて債権者に返済開始

とくに、法律事務所を初めて利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:電話やメールで無料相談

まずは、電話やメールで無料相談しましょう。電話番号や問い合わせ先は、次のとおりです。

電話番号:0120-316-715(平日10:00〜20:00、土日祝日10:00〜19:00)
メール:公式サイト

電話の場合は、平日と土日祝日によって受付時間が異なるため、注意しておきましょう。メールでの問い合わせは24時間受け付けています。

電話やメールでの相談のみであれば何度でも無料のため、些細な疑問や悩みがある場合も利用してみてください。

2:面談・契約

無料相談後は面談をおこない、現在の借金の状況や、債務整理の希望の手続きなどをヒアリングします。

東京ロータス法律事務所から提示された解決方法に納得できたら、契約しましょう。

3:債権者に受任通知を発送

契約後は、債権者に受任通知を発送します。受任通知とは、債務者の代わりに手続きを実行する旨を債権者に知らせるための通知です。

受任通知を債権者に通知すると、借金の取り立てが停止します。

4:債務額(借金残高)を確定

受任通知を発送したら、債権額を確定します。

債権額がわからないと、債権者との交渉をスムーズに遂行できません。

5:債権者と和解交渉

債務額を確定したら、債権者と和解交渉をおこないます。

将来利息のカットや借金の減額など、できるだけ債務者が返済しやすい条件で交渉しますが、事前の相談内容どおりに和解できるとは限りません。

6:債権者と和解書取り交わし

和解内容に双方が合意したら、和解書を取り交わします。

7:事務所を通じて債権者に返済開始

和解後は、内容どおりに債権者に返済し始めます。

東京ロータス法律事務所に関するよくある質問

ここでは、東京ロータス法律事務所に関するよくある質問に回答します。

任意整理と債務整理は異なりますか?

任意整理は、債務整理の手続きの一つです。債務整理には、次の3つの種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

そのため、個人再生も自己破産も債務整理です。あくまで任意整理は債務整理の中の一つと認識しておきましょう。

債務整理の手続きは、それぞれに特徴があります。個人再生と自己破産は裁判所を通して手続きしますが、任意整理は裁判所を通さない点が大きく異なると把握しておきましょう。

アルバイトでも債務整理できますか?

アルバイトでも債務整理はできます。アルバイトは債務整理できないという決まりはありません。

東京ロータス法律事務所の公式サイトにも、アルバイトの方が任意整理をおこない、月々の返済費用を減額できたと記載されています。

そのため、アルバイトの方も東京ロータス法律事務所に相談し、債務整理してみてください。

債務整理したことが家族や会社に発覚しませんか?

東京ロータス法律事務所は、債務整理を家族や会社に発覚せずに実行できます。

東京ロータス法律事務所の公式サイトには、書類郵送時に東京ロータス法律事務所の名前を記載しない対応をとり、家族や近所の方に発覚せずに債務整理できたと記載されています。

無料相談する際に、家族や会社に発覚せずに手続きしたい旨を伝えれば、配慮される可能性が高いでしょう。

しかし、家族が保証人になっている場合や同居の家族に必要な書類の提出が必要な場合は家族に発覚する可能性があるため、注意しておきましょう。

まとめ

今回は、東京ロータス法律事務所の基本情報やメリット、デメリット、手続きの流れなどについて解説してきました。

再度、東京ロータス法律事務所のメリットとデメリットをお伝えすると、次のとおりです。

メリット7,000件以上の受任実績
匿名で相談可能
相談は何度でも無料
一人一人に合った問題解決方法を提案
弁護士費用の分割払いが可能
土日祝日も対応可能
全国どこでも対応可能
貸金業者からの取り立てが止まる
和解後の返済も代行可能
デメリット自己破産や個人再生などの場合は来所が必要

表のとおり、圧倒的にメリットが大きいです。

受任実績が7,000人と豊富で、債務整理の知識を持った弁護士が在籍しているため、借金問題を解決し、返済の負担から逃れたい方は無料相談してみてください。

※本記事の情報は2023年3月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
東京ロータス法律事務所

目次