MENU

債務整理に強い兵庫の弁護士事務所7選 債務整理のメリットや選ぶ際のポイントも紹介

任意整理や自己破産などの債務整理は、法律に則り借金を減額できる制度です。債務整理は複数社から借り入れることも可能で、返済すべき債務を軽減できる点が最大のメリットです。

しかし、信用情報に傷がつき財産が処分される可能性があるデメリットもあるため、弁護士への相談のもと決めることがおすすめされます。

債務整理のなかでも、任意整理は裁判所の手続きも必要なく較的手軽な方法で、多くの方が借金の減額を目的に利用しています。

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産の3種類があり、どの方法が適しているかは借金の額や収入状況によって変わるため、法律事務所の無料相談を利用して適切な債務整理を探しましょう。

目次

そもそも債務整理とは?

債務整理とは法律に則った方法で借金の減額や免除、利息の軽減などができる制度で、任意整理や個人再生、自己破産が当てはまります。

借金を返済するために別の金融機関から借金する多重債務状態を解消して、今後の生活を立て直していく方法です。

合法的な手段で借金の元金や利息を減らせるため、無理のない現実的な返済を目指す多くの方が利用している制度でもあります。

借金を減額させられる

債務整理は任意整理や自己破産など種類がありますが、いずれも借金を減額するための方法で、債務整理をする一番の目的ともいえるでしょう。

将来の利息がカットされたり支払いそのものの義務がなくなったり、それぞれの債務整理により効力が異なります。

支払いに猶予を持たせる事ができる

借金を滞納していると一括で請求を求められることもありますが、債務整理で返済期日を3年から5年に伸ばし、現実的な支払期日で無理のない額での返済が可能になります。

債務整理のなかでも任意整理と個人再生は借金を減額させるもので、弁護士や司法書士など債務者が委託した業者が代理人になった旨の通知が債権者に届けば、今後の督促や取り立ても無くなります。

債務整理の手続き中は返済の必要もないため、返済の目途が立たなくなった場合は債務整理の検討がおすすめです。

過払い金が返ってくる場合も

さまざまな場所で耳にする過払い金請求ですが、2010年以前に消費者金融やクレジットカード会社から借金をしていた方は利息を払いすぎていて、債務整理の際に過払い金が返還される可能性があります

過払い金とは借金の際に法律で定められている上限以上に払いすぎた利息のことで、債務整理でも過払い金が見つかれば手続きの一環として請求がおこなわれます。

ただ利息制限法の上限利率を超えた貸付は2010年6月から行政処分や刑事罰の対象となったため、過払い金はそれ以前の借金のみでしか発生せず、現在の借金では過払い金による大幅な減額は期待できません。

また過払い金の請求は最終取引から10年経過すると時効となるため、2010年以前から借金があった方は早めの相談をおすすめします。

債務整理の方法は3種類

債務整理には次の3種類があり、それぞれ目的や効果が異なります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

そのほかに裁判所を介しておこなう特定調停も債務整理の一種ですが、デメリットが多く利用者が少ないため、今回は主たる3種類の債務整理について紹介します。

3種類の特徴をチェックして、現在抱えている借金の額やそれぞれのデメリットの大きさで方法を決めましょう。

任意整理

任意整理の効力は将来発生する利息や利率の高額な損害遅延金を削り毎月の返済額を下げることで、減らせる借金の額は個人再生や自己破産よりも低いです。

減らせる額が低い一方で任意整理は、債務整理のなかでも生活に影響が出にくく、唯一裁判所を介さずにできる手続きであるため、債務整理のなかで一番多く選ばれている方法です。

任意整理では、借金の借入先と債務者が交渉して無理のない返済方法を決めます。

実際に交渉するのは債務者または債務者が依頼した弁護士や司法書士で、利息を減らしたり支払いの期日を長引かせたり、現実的な返済を交渉します。

借金があるけれど総額が少なく、安定した収入があり毎月の返済は可能である方は、債務整理のなかでもまず任意整理を検討しましょう。

また複数の金融機関で借金があっても任意整理する借金は個別に選択できるため、保証人のいない借金のみを任意選択することで他人に知られることなく債務整理が可能です。

個人再生

個人再生は裁判所を介し、上限を100万円として借金を最大90%減額する方法です。

減額した借金は3年間での返済が原則で、任意整理よりも債務の減額効果が期待できます。

個人再生ならではの特徴は、自己破産と異なりマイホームがあっても一定の要件を満たせば売却する必要もなく、住みながら返済を続けられることがメリットです。

手続きとして、はじめに借金の返済計画書を提出し、債権者集会と裁判所で計画書が認められることで効力を発生します。

そのため効力発生までにかかる期間も長く費用も高額で、連帯保証人への一括請求も求められるように、任意整理と比較するとデメリットも多い方法です。

また圧縮できる借金の上限は100万円ですが、債務総額が高額である場合は利用できないため、個人再生でも借金減額の効果が薄い場合は自己破産の検討もおすすめします。

自己破産

自己破産の最大のメリットは、債権者の同意が不要で借金を全額免除できる点です。

自己破産の手続きは裁判所へ破産申告書を提出し、借金の総額や借金に至った原因が加味されて決定されます。

借金が多い場合は非常にメリットのある方法ですが、一方でデメリットも大きく、マイホームや自家用車など一定金額以上の財産は処分されます。

高額な財産は処分されますが、99万円以下の現金や生活に必要な財産は没収されず、自己破産後の最低限の生活は保障されています。

裁判所により基準が異なるものの、車も一定の評価額以下であれば処分されないため、通勤での利用も可能です。

それでも任意整理や個人再生と比較して非常にデメリットの大きい方法であり、弁護士や司法書士と相談しつつ慎重に決める必要があります。

債務整理のメリット、デメリット

債務整理は借金で困っている方の悩みを解決できるメリットもあれば、今後の生活に大きな影響のあるデメリットもあります。

借金の返済が難しい方でも、メリットとデメリットを見て本当に債務整理が必要であるかチェックしてみましょう。

ただ債務整理は早ければ早いほど効果的であるため、もし自身で考えてわからない場合は早めに無料相談にいくことをおすすめします。

債務整理のメリット

債務整理のメリットは、主に借金の減額と督促や取り立てが止まることです。

金銭的な余裕がでることと、精神的にも追いつめられないことが大きなメリットといえるでしょう。

借金が減額または無くなる

債務整理で減額できる借金は次のとおりになります。

スクロールできます
方法減額できる借金
任意整理利息や遅延損害金を免除
個人再生債務の最大9割を免除
自己破産すべての債務を免除

任意整理では元金以外の部分が免除されますが、個人再生では借金の大半を、自己破産ではすべての債務の免除が可能であり、債務整理は借金の減額や免除が一番のメリットといえます。

以前に債権者から債務の一括請求をされていても、任意整理や個人再生では債権者との合意のうえで毎月無理のない範囲での返済が実現でき、今後の生活に関しても安心できます。

弁護士に依頼する事で督促が止まる

任意整理の手続きに入ると、督促状や取り立てなど金融機関から催促されることがなくなります。

債務者から債務整理の依頼を受けた弁護士や司法書士は金融機関に受任通知を送りますが、受任通知が届いた時点で債務者への取り立ては法律で禁止されています。

受任通知が債権者へ届くと、自宅に督促状が届くことも無ければ、職場に電話連絡がいくこともありません。

また受任通知は債務者の代理人となり手続きする意味をもち、催促のみでなく返済を一時的に止める効力もあります。

債務整理の手続き中は催促が来ず返済もストップするため、金銭的にも精神的にも余裕ができることもメリットの一つです。

債務整理のデメリット

債務整理はメリットの多い制度であり、適切な利用により今後は安定した返済が可能になります。

しかしメリットのみでなく、今後の生活に影響が出るデメリットもあるため注意が必要です。

たとえば任意売却は減らせる借金も低くデメリットも少ないですが、個人再生や自己破産となるとメリットが大きい一方でデメリットも比例して大きくなるため、無料相談を検討する前に一度チェックしておきましょう。

手続きには費用がかかる

債務整理の手続きは弁護士や司法書士への依頼が一般的で、任意整理の場合は費用が5万円~15万円程度かかるといわれています。

内訳は着手金や報酬解決金、実費であり、案件が成功した際には追加で減額分の11%ほどが報酬金に含まれることもありますが、依頼する業者により料金形態はさまざまです。

個人再生や自己破産になると裁判所費用も追加されてさらに高額となるため、決して安価な費用とはいえません。

また任意整理の場合は専門家に依頼せず自身での債務整理も可能です。

個人で任意整理をおこなう場合は費用がかからないことが最大のメリットですが、自身で債権者に対し取引履歴の開示請求をして現在の負債額を計算する必要に加え、手続き中は催促を止められません。

専門家でない者が債務整理の交渉しようとしても、債権者が応じてくれない可能性もあるため、費用をかけてでも専門家への依頼をおすすめします。

とくに任意整理の場合は費用が安価なことと成功報酬金が減額できた額に応じて決まることが多く、専門家への依頼費用が債務整理で減額できた金額を上回るケースは非常にまれなケースといえます。

金融ブラックになってしまう

債務整理すると信用情報機関に事故情報として登録されるため、今後5年はクレジットカードの作成や新たな借金ができなくなります。

いわゆる金融ブラックであり、任意整理では5年、個人再生と自己破産では10年程度記録が残るとされています。

住宅ローンやマイカーローンの審査も不可となりますが、見落としがちな点といえばスマートフォンの分割払いです。

確実に審査がとおらないとはいえないものの、債務整理すると10万円以上の高額なスマートフォンを購入する際に分割払いの審査がとおりにくい傾向にあります。

【エリア別】兵庫県で債務整理に強い法律事務所7選

今回は兵庫県のなかでも債務整理を得意とする法律事務所をエリア別に7社厳選しました。

それぞれの特徴を比較しつつ、債務整理を任せてもよい法律事務所を探しましょう。

費用に関しては債務整理の種類別や債権者の数で大きく異なるため、検討中の法律事務所のサイトを一度確認することをおすすめします。

借金が多額である場合は、それ以上増えたり一括請求されたりする前に、無料相談を実施している法律事務所に相談しましょう。

また債務整理は実際に事務所に赴き手続きする必要があるため、駅からのアクセスや駐車場の情報も確認したい部分です。

【神戸】弁護士法人アディーレ法律事務所

過払い金の請求や債務整理を得意とするアディーレ法律事務所は、全国65拠点に支店のある大手の企業です。

アディーレ法律事務所では、債務整理の途中に契約解除を希望した場合は90日以内に限り基本費用の全額を返金できる大手ならではのサービスもあり、はじめて弁護士へ依頼する方にとって費用面でも安心できる制度となります。

債務整理を依頼した当日に受任通知を発送するため、取り立てもすぐに止まりスピーディな解決も期待できるでしょう。

スクロールできます
住所兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6 神戸国際会館16階
対応業務借金問題や交通事故など
無料相談何度でも無料
費用基本費用44,000円/解決報酬金22,000円/減額できた金額の11%

【神戸】弁護士法人イーグル法律事務所 神戸オフィス

イーグル法律事務所は交通事故問題から刑事事件まで幅広い業務に対応しており、債務整理をはじめとする借金問題も得意としています。

それぞれの分野のプロフェッショナルである弁護士が所属してチームで対応してくれるため、一つの問題を多方面から支えてくれる点がメリットです。

神戸市と明石市の2か所に事務所を構えている地元密着型の法律事務所で、なごやかな雰囲気のなかでも個人が抱える問題に対して的確な解決方法をアドバイスします。

また借金問題の初回相談は60分間無料であるため、まずは専門家に相談して詳しい料金を知りたい方にもおすすめです。

スクロールできます
住所兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目7-6 神戸元町ユニオンビル7階
対応業務遺産相続や借金問題など
無料相談初回60分無料
任意整理費用着手金38,500円~/減額分の11%~
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

【神戸】弁護士法人オールニーズ法律事務所 神戸オフィス

債務整理を得意とするオールニーズ法律事務所は東京と神戸に支店を構えており、いずれも駅からのアクセス良好な事務所です。

債務整理の実績は1,000件以上あり、相談料が無料で費用も分割払いに対応していることから地元の多くの方に選ばれています。

料金に関しても、着手金や実費以外の報酬金は過払い金が発生しない限り無料となっており非常にリーズナブルです。

土日や夜間にも対応しており、すぐに専門家に相談して取り立てや督促を止めたい方にもおすすめの事務所です。

スクロールできます
住所兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目4-4 木口ビル8階
対応業務離婚や借金問題など
無料相談初回無料
任意整理費用着手金33,000円/報酬金無料
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

【神戸】力新堂法律事務所

力新堂法律事務所では、債務整理や離婚などの従来から多い問題に加えてインターネット上の問題も得意としています。

債務整理ではデメリットの多い自己破産を避けるために、一つ一つのケースを精査して適した返済方法を交渉します。

債務整理や法律に関することに馴染みがないことでもわかりやすく説明し、親身な相談を心がけている法律事務所です。

またJR摂津本山駅からは徒歩30秒であるため、東灘区にお住まいの方は通いやすい事務所ともいえるでしょう。

スクロールできます
住所兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目1-15 メインステージ本山601
対応業務相続や借金問題など
無料相談初回30分無料
任意整理費用1社44,000円
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

【姫路】ベリーベスト法律事務所 姫路オフィス

全国に63拠点、所属弁護士約380名を誇るベリーベスト法律事務所は、現在オンラインでの弁護士相談も受け付けています。

悩みに合わせた問い合わせ窓口を用意している大手ならではのサービスもあり、実績の多さを活かしたノウハウで一人一人の悩みをサポートします。

姫路オフィスでは顧客の悩みを聞くことを徹底しており、法律問題のみで対処するのではなく気持ちを組みとりつつ最適な方法を探すことを目指しています。

スクロールできます
住所兵庫県姫路市豊沢町135番地 姫路大同生命ビル4階
対応業務労働問題や借金問題など
無料相談債務整理の場合は何度でも無料
任意整理費用解決報酬金22,000円/手数料44,000円~/成功報酬として減額金額の11%
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

【西宮】西宮法律事務所

西宮法律事務所はとくに債務整理が得意で、現在は任意整理と過払い金請求の実績が1,000件を超えている事務所です。

相談料は無料かつ、比較的費用がかかる個人再生や自己破産では分割払いにも対応しており、金銭的にも利用しやすいといえるでしょう。

相談時にもていねいに聞いてくれる事務所ですが、個人再生や自己破産の場合は正確かつ具体的な書類作成が重要であり、申立書の内容を隅々まで理解して問題解決に取り組みます。

スクロールできます
住所兵庫県西宮市松原町4番1号 西宮ステーションビル302号
対応業務借金問題や民事事件など
無料相談無料
任意整理費用1社22,000円/減額させた元金の11%
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

【明石】明石総合法律事務所

明石総合法律事務所では大手事務所のように所属弁護士の数は多くありませんが、一人一人に寄り添い気軽に相談できる存在になるために、初回30分の無料相談を実施している事務所です。

取り扱い内容も借金問題以外に交通事故や不動産関係など、生活に密着した事件を得意としています。

また減額に成功した際は報酬金の支払いがありますが、依頼前よりも負担が増えないようになっているため、安心して相談できます。

スクロールできます
住所兵庫県明石市本町1丁目1-28 明石中村ビル4階
対応業務借金問題や交通事故など
無料相談初回30分無料
任意整理費用着手金22,000円/減額させた元金の11%
※任意整理の費用は一例であり、追加で発生する場合もあります。

弁護士を選ぶ際に抑えておきたいポイント

債務整理の際は法律事務所選びも大切ですが、同時に手続きを任せる弁護士選びも重要です。

法律事務所を選ぶ際には費用や対応業務以外に所属弁護士もよく見て選びましょう。

弁護士の実務経験年数、実績数

さまざまな問題に対応した法律事務所でも、所属している弁護士には得意不得意なジャンルがあります。

サイトに所属弁護士の得意分野や経歴などプロフィールを掲載している事務所であれば、債務整理をどの弁護士に依頼するか決めやすいでしょう。

一度検討中の法律事務所のサイトで、専門性の高い弁護士が在籍しているのかのチェックも失敗しないポイントです。

無料相談はあるか

無料相談を設けている法律事務所は多く、初回30分のみ無料であったり何度でも相談無料だったり、内容はさまざまです。

無料相談の方法は問い合わせフォームやメール、電話が主流ですが、現在はLINEで無料相談できる法律事務所も増えました。

債務整理や過払い金に限り相談を無料としている事務所もあるため、候補の法律事務所へ問い合わせる前に無料相談の範囲について公式サイトでチェックしましょう。

スムーズな連絡、コミュニケーションが取れるか

債務整理のなかでも任意整理は手続きが手軽ですが、個人再生や自己破産など裁判所を介する手続きの場合は弁護士との円滑なコミュニケーションが必須です。

債務整理は短くて3か月、長くて1年半の期間がかかる手続きであるため、折り返しの連絡が早かったり進展があった際にすぐ連絡してくれたり、報告や連絡がスムーズな弁護士を選びましょう。

そのほかにも細かい要望を話しやすく不明点も聞きやすい、自身と相性のよい弁護士を見つけることもよい弁護士選びに大切なポイントです。

手続きに関するコミュニケーションは法律事務所のサイトではわかりにくいため、口コミでの評判を探す方法がおすすめです。

提示される費用が明確か

債務整理の費用は決して安価ではなく、どのような業務で料金が発生するのか素人目にはわかりにくいものです。

法律事務所に支払う費用はそれぞれの会社で異なるため、公式サイトにどの程度の料金がかかるのかはっきりと提示している法律事務所を選ぶ必要があります。

弁護士費用は借金の総額や借入先の数、債務整理の種類で変わりますが、いくつかの法律事務所を比較すると、相談料は無料であったり着手料のみの記載であったり料金形態もまちまちです。

料金が安すぎる事務所も追加料金が発生する可能性があるため、相談時には自身のケースでどのくらいの料金がかかり、追加料金が発生するのかあらかじめ聞いておきましょう。

無料相談の際の説明がわかりやすく、料金形態も明瞭な法律事務所を選ぶことが失敗しないポイントといえます。

信頼できる弁護士か

弁護士選びは法律の知識のみでなく、人柄も重視したいところです。

実績や専門的な経歴も信頼につながるポイントですが、しっかり顧客の話を聞いて納得のいくまでわかりやすく説明してくれる弁護士が信頼できる専門家といえるでしょう。

債務整理の実績が豊富な事務所だからといって、債務額が少額な任意整理の相談をあしらうようにおこなう弁護士は信頼できるとは言えません。

本当に信頼してもよい弁護士かどうかは、実際に会って話をしてみないとわからない部分も多いです。

そのため無料相談を利用して、相性が合わなかったり信頼できなかったり任せたくないと思ったら、その場で決めずに次の事務所へ無料相談してもよいでしょう。

債務整理に関するよくある質問

債務整理のよくある質問をまとめました。

法律事務所への無料相談の前に料金の相場や依頼についてをチェックしましょう。

債務整理にかかる一般的な費用の相場は?

個人の債務整理にかかる料金相場は次のとおりになります。

スクロールできます
任意整理5万円~15万円
個人再生50万円~60万円
自己破産30万円~80万円

債務整理には相談料から着手金、解決報酬金や過払い報酬金などさまざまな名目で料金が発生します。

任意整理の場合は裁判所を介した手続きがないため最低限の費用で済み、相場は5万~15万程度になります。

解決報酬金は債権者の1社あたりの料金で設定されていることが多く、債権者が多ければ多いほど料金がかかります。

成功報酬に関しても減額できた金額に乗じて計算されるため、債務金額が多いと費用も高額になると考えておきましょう。

個人再生の場合は住宅ローン特則の利用で料金が高額になる傾向にあり、およそ50万円~60万円の相場となります。

自己破産の場合は相場が30万円~80万円と、破産管財人の有無や手続きの方法によって料金にばらつきが見られます。

債務整理をすると家族や会社に気づかれる?

債務整理の手続きそのもので家族や会社に気づかれることはありません。

債務者本人の信用情報に傷がつく一方で、家族は問題なくクレジットカードやローンの審査を受けられます。

しかし自身は新たなローンを組めないため、子どもの奨学金の保証人になれないような生活への影響は考えられます。

個人再生や自己破産の場合は保証人に連絡があり官報に掲載されるため、実際にチェックする方は少ないものの絶対に知られないとも言い切れません。

とくに自己破産はマイホームや車を含む財産の処分も必要であり、一番家族や会社に気づかれにくい債務整理は任意整理といえるでしょう。

また債務整理の手続きの専門家への依頼により郵便物が自宅に届かなくなりますが、費用削減のため自身で手続きすると債務整理に関するすべての郵便物が自宅に届くため、家族に知られたくない方にはおすすめができません。

債務整理は郵送でも依頼できる?

債務整理の依頼は、たとえ少額の任意整理でも郵送ではできません。

弁護士の所属する日本弁護士連合会の規定で、弁護士と債務者が面談をして聴取しなくてはならないと定められているため、郵送やメールのみでの依頼は基本的に不可です。

例外として面談が困難である特段の事情がある場合はこの限りではなく、現在のように新型コロナウイルス感染症が蔓延している場合は本人確認できるオンラインでの面談もできて、裁判所に行く必要のない任意整理はオンラインでの完結も可能です。

相談や予約、問い合わせのみであればメールや電話でも可能であるため、積極的に利用しましょう。

債務整理の手続きにかかる期間は?

債務整理にかかる期間は次のとおりになります。

スクロールできます
任意整理3か月~半年
個人再生1年~1年半
自己破産半年~1年

任意整理の手続きは比較的スムーズで、相談から債権者への受任通知送付までは即日対応している事務所も多いです。

その後債務額の調査や計算、和解交渉で時間がかかるため、債権者の数が多いほど期間も長くなるといえるでしょう。

個人再生は自己破産よりも期間が長く、個人再生委員の選任や再生計画案の提出に時間がかかります。

いずれも短くない期間であるため、手続きの間連絡を取り合う弁護士は慎重に決めましょう。

まとめ

債務整理は借金を減額して無理のない返済にする手段で、今後の生活を立て直す法律に則った方法です。

任意整理では利息を削るため減らせる額も少ないですがデメリットも少なく、自己破産となると生活に影響がある分負債を清算できる大きなメリットがあります。

兵庫県には債務整理を任せられる法律事務所が多いため、借金を返済するために別の金融機関から借金している方は、一括請求の通知が来る前に法律事務所の無料相談に問い合わせることをおすすめします。

※本記事の情報は2023年1月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

目次