MENU

生活保護受給者でも融資OKなカードローンはある?融資を受けるためのポイントを解説

生活保護受給者のなかには、急な出費により手持ち金が足りなくなってしまった経験があるのではないでしょうか。そのような時はカードローンを利用することで解決できます。

生活保護受給者は、カードローンを利用できないとイメージする方も多いでしょう。しかし、生活保護費を受給しながらカードローンを利用しても法律違反にはなりません。

そこで、生活保護受給者がカードローンで融資してもらう方法や、融資可能なおすすめのカードローンを紹介します。

ただし、ケースワーカーにカードローンの利用を知られると生活保護費が減額されることもあるため、注意点もしっかりと確認しておきましょう。

目次

生活保護の受給条件

生活保護は、すべての経済的に厳しい家庭が利用できるわけではありません。受給するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。生活保護が認められる具体的な条件を紹介します。

世帯収入が13万円以下

生活保護を受給できる条件は、最低生活費の13万円より世帯収入が少ないことが挙げられます。年収にすると156万円以下の世帯は、生活保護費を受給できる可能性があるでしょう。日本人だけではなく、日本の永住権があれば外国人でも生活保護費を受給できる可能性があります。

世帯収入が居住している地域の最低生活費を下回る場合、生命を維持できない危険性があるため、生活保護の申請が可能です

仕事をしている場合でも、世帯収入が13万円以下であれば、収入を差し引いた分を受給できます。世帯収入とは、労働賃金だけではなく、年金や保険金、住居や自動車の売却金、退職金、傷病手当や失業保険などの公的手当て、親族からの仕送りなども含まれます。

家族や自身が受け取る現金は、すべて世帯収入として扱われる点に注意しましょう。なお、13万円という数字は東京都内で一人暮らしをするケースです。住んでいる地域や世帯人数ごとに最低生活費は異なります

家族・親族から一切援助が受けられない方

生活保護を受給するためには、離れて暮らしている家族や親戚などの身内から、金銭的な援助を受けられないことも条件です。生活保護法によって、家族や親戚など身内から金銭的な援助を受けることは、生活保護よりも優先されます。

生活保護の担当者が聞き取りをして、生活保護申請者の戸籍を確認し、3等親以内の直系血族に書面を送って調査を実施します。3親等以内の直系血族は、次のとおりです。

  • 1親等:父母、子供
  • 2親等:祖父母、兄弟、姉妹、孫
  • 3親等:おじ、おば、甥、姪、曾祖父母

両親だけではなく、3等親以内の直系血族は扶養義務者です。金銭的な援助、または自宅に生活保護申請者を居候させるといった方法で援助できる可能性があるでしょう。

しかし、「扶養義務者」と定義されていますが、養わなければいけない義務はありません。そのため、実際には金銭的な援助や住宅に居候させるといったサポートを拒否するケースが多いです。

3親等以内の直系血族から「援助を拒否する」と返信された場合や、期日までに返信がないときは、生活保護の対象になります。

病気や怪我で働けない方

家族全員の合計収入が13万円以下であり、障害や怪我、病気で働けないうえ、資産や収入がない方は生活保護を申請できます。また、生活保護は年齢制限が設けられていないため、年齢は関係なく受給可能です。

不動産・財産・資産を所有していない方

生活保護の受給条件は、不動産や財産、資産を所有していないことも挙げられます。自身が所有している資産を売却して生活費に充てられると、生活保護が必要ないと判断されるためです。

ただし、預貯金があっても問題はありません。基本的に、預貯金は最低生活費の半分以下であれば、所有していても生活保護を受給できます

生活保護を受給する際は、貴金属やブランド品などの換金できるものは、売却しなければならないため注意しましょう。テレビやパソコンといった財産は、生活保護を受給する自治体ごとに判断が異なります。

毎月の収入が最低生活費より低い方

最低生活費よりも毎月の収入が低いと、生活保護を受給できます。たとえば、最低生活費が毎月13万円の地域で働いている方で月収が10万円だった場合は、3万円分を生活保護費として受け取れます。

生活保護は、働いているからといって受給できないわけではありません。働いていても収入が低く、生活が厳しいときには、生活保護の申請を検討しましょう。

生活保護受給者がお金に困った時の対処法

生活保護受給者で、急な出費や事情により一時的にお金に困っている場合は一時扶助を受けられる可能性があります。

市区町村の窓口に相談して一時扶助を支給してもらう

市区町村の窓口やケースワーカーに一時扶助の支給について相談しましょう。子どもの教育資金や介護や医療、事業資金といった特別な理由がある場合は、一時扶助を支給される可能性があります

ただし、娯楽費が足りないという理由では支給してもらえません。一時的かつ、生活をするうえで必要だと判断されれば一時扶助の申請が可能です。

一時扶助の貸付の具体例

一時扶助の貸付の内容は次のとおりです。

被服費長期入院から退院した際に使用できる布団や服がない場合の購入費用、産着、乳幼児用おむつ・介護用おむつ費用
家具什器費長期入院から退院した際に使用する家具がない場合の購入費用
移送費 入退院、引越し、肉親の葬式に行くための交通費
入学準備金 小学校・中学校入学時期にかかる費用
就労活動促進費就職が確定した場合の就職に直接必要な服や靴などの購入費用
配電設備費住宅の補修、水漏れ、台風で被害を受けた際の修理費用
液化石油ガス設備費配電設備費や水道、井戸、下水道設備費、プロパンガス等液化石油ガス設備費
妊婦定期検診料妊婦の健康診査事業を利用できず医療機関で定期検診を受ける場合の費用
不動産鑑定費用保護世帯向け不動産担保型生活資金を利用する場合の鑑定費用

具体的な貸付金額は、地域や世帯人数によって異なり、返済は不要です。

消費者金融系カードローンで借り入れする

消費者金融系カードローンのなかには、カードレスで借り入れや返済ができるサービスもあります。

しかし、カードレスで借り入れや返済をした場合、消費者金融系カードローンを利用したことが通帳の履歴に残ってしまいます。手間はかかりますが、専用のカードを利用して借り入れをしましょう。

専用のカードを利用すれば、通帳に記録が残りません。専用のカードは、契約が完了した後に郵送もしくは自動契約機で受け取れます。

なお、生活保護受給者は銀行系カードローンを利用しないことが大切です。銀行系カードローンは、口座から引き落とす方法で返済します。そのため、通帳に履歴が残り、ケースワーカーに銀行系カードローンを利用したことがすぐにわかってしまいます。

どうしても銀行系カードローンで借り入れをしたい場合は、メガバンクは利用せずWebで借り入れや返済ができるインターネット銀行に申し込みをしましょう。

生活保護受給者が消費者金融から融資を受けるためのポイント

生活保護受給者が消費者金融から融資okの返事をもらうためには、いくつかのポイントがあります。借り入れ金額や、必要事項の申告内容など、気を付けたいポイントを紹介します。

生活保護者かどうかは消費者金融は調べることができない

生活保護受給者が消費者金融を利用する際には、生活保護受給者であることを自ら明かさないことがポイントです。生活保護を受給していることは、個人情報法に基づき公表されません。そのため、消費者金融に自身が申告しなければ、バレることはありません。

金融機関のローン審査は、申し込み者の信用情報を確認して、融資ができるかどうかを判断します。しかし、信用情報に記録されるのは金融機関の借り入れ情報やローンの支払いのみです。そのため、信用情報から生活保護受給者かは確認できません。

借入金額は収入証明書が不要な50万円以下にする

消費者金融を利用する場合、借り入れ金額が50万円以下であれば収入証明書の提出が不要です。借り入れ金額が少なければ返済できる可能性が高いと判断されるためです。

借り入れ金額が50万円以上になる場合、貸し倒れや過剰貸付を防ぐ目的で収入証明書の提出を求められます。借り入れ金額は50万円以下にすれば、生活保護費で生活していることが知られず、融資可能になりやすいでしょう。

職業欄は個人事業主かフリーランス

消費者金融に申し込みをする際は、職業を記入しなければなりません。生活保護を受給している方は、無職な方が多いため空欄でもよいのか悩む場合も多いでしょう。

生活保護受給者が消費者金融に申し込む場合は、職業欄は個人事業主もしくはフリーランスと記載しましょう。消費者金融は働いている方を対象にして貸付をしているため、無職だと審査に落ちてしまいます。

ただし、借り入れ金額やそのほかの申告内容によっては、職業を証明する書類の提出を求められる可能性があります。

また、働いていない方が個人事業主やフリーランスと記載すると、虚偽申告と判断される可能性があるため注意してください

勤務先は自宅兼事務所にする

消費者金融に申し込みをする際、働いている方は現在の勤務先の住所や電話番号を記入します。しかし、働いていない方は個人事業主やフリーランスと記載したうえで、自宅の電話番号や住所を記載しましょう。

近年は個人事業主やフリーランスが増えており、自宅兼事務所というケースは少なくありません。そのため、勤務先が自宅であったとしても、住所自体を不審に思われることはないでしょう。

借入金は銀行振込ではなくATMで受け取る

コンビニのATMでは、消費者金融のスマートフォンアプリを利用して現金を受け取れます。現金を受け取った後に明細が発行されるシステムであり、通帳に借り入れ記録が残りません。

そのため、銀行振込ではなくコンビニATMでの受け取りにすると、ケースワーカーに消費者金融系カードローンの利用を知られる確率が極めて低いです。

生活保護受給者が融資を受ける際の注意点

生活保護受給者が消費者金融から融資を受ける際には、法律違反になる可能性があります。法律により罰則を受けるリスクについては十分に理解しておかなければなりません。

そこで、生活保護受給者が消費者金融を利用する前に知っておくべき注意点を紹介します。

生活保護の不正受給は法律により罰則がある

数万円程度の借り入れであれば、生活保護の支給を打ち切られる可能性は低いですが、借り入れ金額に応じた生活保護費の返還を請求されます。

返還をしないと生活保護の支給そのものが打ち切られてしまうため、十分に注意しましょう。

また、ケースワーカーから注意をされても消費者金融系カードローンを利用し続けたり、借り入れ金額が高額だったりすると、悪質な不正受給だと判断されます。生活保護の禁止事項は法律で定められており、不正の内容によって罰則も変わります。

生活保護の禁止事項/内容罰則法律
申告漏れ・余分に受け取った生活保護費を全額返還生活保護法第63条
故意に隠ぺいした場合・生活保護費を全額返還
・過剰分として1.4倍の罰金
生活保護法第78条
悪質だと判断された場合・詐欺罪
・3年以下の懲役または100万円以下の罰金
生活保護法第85条

故意に収入を隠した場合は、生活保護費の返還のほか、不正に受け取った金額の1.4倍の罰金を支払う必要があります

近年は生活保護の不正受給が増えており、罰則も厳しいです。お金が必要だという理由で高額な借り入れをすると、罰金によってさらに経済的に辛い状況になる可能性があるため注意しましょう。

不正受給がバレると保護が減額・打ち切りになる場合もある

生活保護を不正受給すると、支給は打ち切られます。どのような禁止事項に抵触するのかによりますが、減額されることもあるでしょう。また、悪質だと判断されると、刑事告訴されるリスクもあります。

定期訪問では銀行通帳の振込履歴を確認される

ケースワーカーは、生活保護受給者の自宅を定期訪問したり、抜き打ち調査をおこなったりして、収入や生活状況をチェックします。銀行に振り込み履歴があった場合は調査を実施し、どこから融資を受けたのか確認されます。

収入があり生活保護を受給している方は、消費者金融系カードローンをはじめ勤務先以外から収入があると、すべての項目を再調査されます。

どうしてもお金が必要なときは、銀行の振込履歴が残らない方法で、少額の借り入れをすることがポイントです。

虚偽の申告がバレた場合は審査に通過しない

消費者金融系カードローンの申し込みで虚偽の申告をしても、すぐにバレてしまいます。虚偽の申告がバレると、審査を通過できないほか、再度申し込みができなくなったり利用停止になったりすることもあるでしょう。

悪質な虚偽申告は、違法行為として告訴されるリスクもあります

闇金に注意

生活保護費が足りないときや、消費者金融系カードローンからも借り入れできなかったとしても、闇金から借りないことが重要です。闇金は「生活保護受給者や無職でも即日融資OK」と謳っていることがあります。

しかし、闇金で借り入れをすると法外な利子の請求や、脅迫による取り立てを受ける可能性が高いです。そのため、「生活保護受給者でも高額融資・即日融資OK」などの謳い文句には注意しましょう。

生活保護受給者が利用できる公的融資制度

生活保護受給者は、臨時特例つなぎ資金、生活福祉資金貸付制度といった公的融資制度を利用できます。役所、社会福祉課、福祉事務所、保健福祉事務所などに相談してみましょう。実施している窓口や貸付上限額、連帯保証人が必要かどうかなどを紹介します。

臨時特例つなぎ資金

臨時特例つなぎ資金の実施窓口、貸付上限などは次のとおりです。

  • 都道府県社会福祉協議会
  • 住居のない離職者が対象
  • 貸付上限額10万円以内
  • 連帯保証人不要
  • 無利子

臨時特例つなぎ資金は、働いておらず住居がない方が対象です。加えて、失業手当や住宅手当などの公的給付制度、もしくは職業安定資金融資の公的貸付制度を利用することが決まっている必要があります。

そして、給付や貸付開始までの生活費がないことも条件です。生活保護受給者は公的給付制度の利用にあたるため、臨時特例つなぎ資金も利用できます。ただし、1か月以内に返済しなければなりません

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、連帯保証人あり・なしで利子が異なります。概要は次のとおりです。

  • 都道府県社会福祉協議会
  • 低所得者世帯・障がい者世帯・高齢者世帯が対象
  • 資金の種類によって上限額は異なる
  • 原則連帯保証人が必要
  • 連帯保証人あり無利子、連帯保証人なし年1.5%

生活福祉資金貸付制度は、障害者がいる家庭や低所得世帯、高齢者世帯が利用できる貸付制度です。生活福祉資金貸付制度、総合支援資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金、福祉位資金があります。

ただし、対象者や地域によっては生活保護受給者に対して貸付をおこなわないため、役所の窓口で確認しましょう。

生活保護受給者でも融資を受けれる消費者金融系カードローン

生活保護受給者でも融資を受けられるカードローンはいくつかあります。そのなかでも、大手企業が安心だと考える方が多いでしょう。

そこで、利用者が多く安心して融資を受けられる消費者金融系カードローンを紹介します。金利、融資スピード、審査時間や特徴を比較して、利用するかどうか検討してください。

アイフル

金利3.0%~18.0%
融資スピード最短25分
審査時間最短25分
借入可能金額1万円~800万円
無利息期間最大30日間
申込年齢条件20~69歳
借入方法振込
スマートフォンアプリ
コンビニ/銀行(提携先ATM)
アイフルATM
返済方法口座振替(自動引落)
振込
スマートフォンアプリ
コンビニ/銀行(提携先ATM)
アイフルATM

アイフルは大手消費者金融系カードローンです。Web申し込みをしてから融資まで最短25分であり、すぐに借り入れ金を受け取れます。そのため、急な出費で生活保護費が振り込まれるまで待てない方におすすめです。

ただし、スピード融資を受けるためには優先して審査をおこなってもらう必要があります。すぐにお金が必要な場合は、Web申し込みをした後にフリーダイヤルに電話をして、早めに審査をして欲しい旨を伝えましょう。

プロミス

金利4.5%~17.8%
融資スピード最短15秒
審査時間最短30分
借入可能金額1万円~500万円
無利息期間最大30日間
申込年齢条件18~69歳
借入方法インターネット振込
スマートフォンATM
コンビニ提携先ATM
プロミスATM
プロミスコール(電話)
お客様サービスプラザ(店頭窓口)
返済方法インターネット返済
口座振替
スマートフォンATM
コンビニ提携先ATM
プロミスATM
銀行振込
お客様サービスプラザ(店頭窓口)

多くの消費者金融系カードローンの無利息期間は、契約した日の翌日からです。しかし、プロミスは初回利用日の翌日から無利息期間が開始します。契約した後すぐに借り入れをするわけではなくても、30日間無利息サービスを活用できることがメリットです。

生活費が足りなくなるのではと不安な方や、融資を受けるかどうか迷っている方におすすめです。

レイクALSA

金利4.5%~18.0%
融資スピード最短15秒
審査時間最短60分
借入可能金額1万円~500万円
無利息期間最大180日間
申込年齢条件20~70歳
借入方法Web返済サービス
新生銀行カードローンATM
口座振替
スマートフォンATM
コンビニ提携先ATM
銀行振込
返済方法銀行振込
新生銀行カードローンATM
スマホセットATM
コンビニ提携先ATM

レイクALSAは、5万円以下の借り入れは180日間無利息になることが特徴です。ほかの消費者金融系カードローン系でも無利息期間が設けられていますが、平均30日間です。そのため、5万円までであればレイクALSAを利用するとスムーズに借り入れできます。

消費者金融系カードローンのなかでも無利息期間が長く、生活保護受給者で経済的に余裕がない方でも安心して利用できるでしょう。

生活保護受給者の融資に関するよくある質問

融資を受ける際に不安や疑問を抱きやすい質問を紹介します。融資に関する注意点や疑問点など、よくある質問を確認しておきましょう。

生活保護で受け取ったお金でローンを返済しても良いですか?

基本的に、生活保護で受け取ったお金でローンの返済はできません。生活保護で受け取ったお金をローン返済に充てるということは、国のお金を個人のローン返済に充てていることになります。そのため、生活保護費での返済は認められません。 

生活保護の受給金額はカードローンの申込条件の安定収入に含まれますか?

安定した収入とは、毎月一定の金額が振り込まれている状況を指します。また、収入が安定しているだけではなく、「自身が働くことによって収入を得ている」必要があります。生活保護費は働いて得ているお金ではないため、安定収入には含まれません

生活保護受給者はカードローンの利用は違法になりますか?

生活保護受給者が消費者金融系カードローンの利用をすること自体は、法律で禁止されているわけではありません。しかし、訪問調査の際に借り入れがバレると、生活保護費を減額される可能性が高いです。

まとめ

生活保護時給者でも、消費者金融系カードローンを利用すること自体は可能です。ただし、高額な借り入れをすると生活保護費の支給停止のほか、不正受給として罰則を受けることもあります。

消費者金融系カードローンで借り入れをするよりも、パートやアルバイトをして少しずつ生活保護費を減らして、自立することが重要です。

短時間のパートやアルバイトでも安定した収入を得られれば、利用可能な消費者金融系カードローンの幅も広がります。どうしてもお金が必要な場合は、罰則を受けない方法を考えて工面しましょう。

※本記事の情報は2022年10月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
アイフル
プロミス
レイクALSA

目次