毎日の生活でANAマイルをためる マイルで格安 家族旅行へ!<基本編(1)>»節約の達人

毎日の生活でANAマイルをためる マイルで格安 家族旅行へ!<基本編(1)>

飛行機に乗らなくても大丈夫。陸マイルをためよう!

マイルを貯めよう

ANAやJALなどの航空会社で、特典航空券という種類の航空券があることをご存知ですか? 特典航空券というのは、なんと無料で飛行機に乗れる航空券なんです!

この航空券を手に入れる方法は、航空会社のマイルを貯めること。

マイルというと、飛行機に乗らないと貯まらないと思われがちですが、日ごろのショッピング(陸マイル)でも貯めることができます。

陸マイルをためるための、カード選び。

ANA

シェアナンバーワを誇る航空会社と言えばANA。

「 ANAマイレージクラブカード 」という種類のカードは、永年無料で持つことができます。そして誰でも入会できます。

入会手続きはとても簡単で、もしANAマイレージクラブへの入会が初めてならば、インターネットから10分で手続きができちゃいます! まずは、こちらに登録することからはじめてみてください。

ANAマイレージクラブカードの入会種類には、大きく分けて2つあります。入会時には(1)か(2)のどちらかを選びます。

(1) クレジット機能無しのANAマイーラブカード(入会金・年費無料)
(2) クレジット機能付きのANAカード(カードの種類により入会金・初年度費無料)

陸マイルを貯めるには、②のクレジット機能付きのANAカードを持つ必要があります。
クレジット機能付きのANAカードの種類もたくさんあります。
http://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/ichiran/

この中で、一般的でかつマイルを貯めるのに効果的な2つのANAカードをご紹介します。

その前に知っておいて頂きたいのが、ANAマイレージカードのマイル交換レートです。クレジットカードで100円利用すると1マイル貯まるというのが一般的です。陸マイルを貯めるとは、つまりクレジットカードを利用してマイルを貯めるということです。

1. ANA JCB一般カード


年会費 2,160円(初年度年会費無料キャンペーン中

クレジットポイントからマイルへの移行手数料(年間) 5,400円:10マイルコース(年間)/無料:5マイルコース

2. ANA マスター一般カード


年会費 2,160円(初年度年会費無料キャンペーン中

クレジットポイントからマイルへの移行手数料(年間) 6,480円:10マイルコース(年間)/無料:5マイルコース

JCBとマスターを比較すると、移行手数料がマスターカードの方がお得です。

この理由からJCBを選ぶ方が多いようですが、1000円の差なので、気に入ったほうを選ばれたらよいかと思います。

10マイルコースのほうがマイルの換算率が断然よいので、コストはかかりますが、ぜひ10マイルコースにしてくださいね。

毎日の生活でANAマイルをためる。マイルで格安 家族旅行!<基本編(2)>

毎日の生活でANAマイルをためる<基本編(1)>
毎日の生活でANAマイルをためる<基本編(2)>
毎日の生活でANAマイルをためる<基本編(3)>
毎日の生活でANAマイルをためる<応用編(1)>

この記事を書いた人

村居 裕子 村居 裕子»筆者の記事一覧

3人の子供を持つ主婦兼ライター。大学卒業後。新入社員当時から財形貯蓄をしたりと、貯金が好きな性格。貯金にこだわるあまり、気持ちよくお金を使えないというジレンマに気付き、しっかり貯金をしつつ、楽しくやりたいことはする!という生活をめざしている。子供を持つ主婦目線で、少し工夫で簡単に節約できるコツを書いていきます。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ