いろいろ試したけど、これが一番簡単で楽ちん! 「ほぼレシート集めるだけ術」でお金がどんどん貯まる家計に»節約の達人

いろいろ試したけど、これが一番簡単で楽ちん! 「ほぼレシート集めるだけ術」でお金がどんどん貯まる家計に

節約への近道となるのが家計の収支管理をして自分の支出傾向を把握すること。

家計の収支管理といえば、昔はノートで家計簿を毎日こまめにつけることが一般的でした。毎日の収支をノートにこまめにメモしていくなんて、よほど几帳面でお金の管理が好きな人でないとなかなか続かないですよね。

それに共働き世代の私たちにはとうてい無理。専業主婦の方もきっと家事や子育てに忙しくてできれば簡単に楽に家計の収支を把握したいという方も多いのでは。

私も今までノートの家計簿、エクセルに入力する家計簿、アプリの家計簿などいろいろ試行錯誤してきましたが、その中でも「一番簡単でこれは楽」と感じ、今でも続いているのがレシートをほぼ集めるだけの家計管理術。コツは本当にレシートを毎回ちゃんと集めるだけです。

では実際にどのようにレシートで家計を管理しているのかご紹介します。

ステップ1 まずは1週間分のレシートを集めよう


まず最初に必要なのはレシート。これが無ければ何もはじめることができません。逆にレシートさえあれば、家計簿に金額を書いたり、アプリにわざわざ読み込んだりしなくても簡単に収支を把握したり、自分の出費の傾向を把握できちゃいます。

モチベーションを上げるためにかわいい箱や手作りの袋に入れるもよし、見た目は気にせずとにかく手間を省くこと重視の人はスーパーの袋や封筒にどんどん無造作に突っ込んでいくもよし。とにかく形はどうであれ、買い物をしたらレシートを必ずもらって集めることが重要です。

ちなみに私の家では、主人にも協力してもらって「家についたらまず財布から一日にもらったレシートを出してもらい洗濯ばさみではさむ」のが日課です。

ステップ2 集まった1週間のレシートを眺めてみよう。


普通の家計簿と違うところは、一旦1週間分のレシートが集まったら、まずはレシートをながめ、どのくらいレシートがたまり厚みはどのくらいあるのか感じること

レシートが多いわりに金額1つ1つは少なかったり、そんなにたくさんのレシートはないけれど金額1つ1つが大きかったり、細かい項目までは見なくてokなのでレシートの多さと金額をざっくりと見比べてみてください。

ここでレシートの枚数が多かった人は要注意。もしかするとコンビニなどでちょっとしたおやつをたびたび買って無駄なお金を払っている傾向があるかもしれません

ステップ3 集めたレシートを簡単に分類して集計してみる


分類と聞くと面倒くさがりの人は一気にハードルが上がってしまうかもしれませんが、ここでの分類はたった2つに分けるだけなのできっと大丈夫なはず。

集めた1週間分のレシートから無駄遣いがないか調べるために、今度は以下2つにわけます。

(1) 生活費
(2) 娯楽費

生活費は食費や日用品、光熱費など生活する上で必ず必要なもの。娯楽費はコンビニで買ったスイーツやお菓子、趣味や自分へのご褒美で買ったカバン、ネイル、ランニングウェアなど。

生活費と娯楽費どちらに分類すればよいかわからないものがあれば、ちょっとここは自分に厳しめに娯楽費に分けておくのが私のおすすめです。

そして後から見返すことができるようにノートに生活費と娯楽費の合計をメモしておきましょう。その際もし余裕があれば、今週は残業前にお菓子を買いすぎたかも、とか帰りに衝動買いをしてしまう頻度が多かったなど一言添えておきましょう。

1つ注意してもらいたいのは娯楽費が多かったからといって落ち込んでしまったり、ダメだと自分を責めないように

自分がどの程度、生活費以外にお金をかけているのか把握することが一番大事です。

続けてみてもらえるとわかってくると思うのですが数字って本当に正直で、仕事で追われていたり人間関係で嫌なことがあった週の娯楽費って結構かかっていたりします。反対に体調も万全で楽しい日が続いている時は娯楽費がほとんどかかっていないときだってあります。

そのため娯楽費が多いときは自分の身体や心が疲れているんだと気づいてあげて、たっぷり睡眠をとったり野菜や果物からたっぷりビタミンを摂取して、もっと自分を労わってあげましょう

節約への近道はおおざっぱでも良いので自分の収支傾向を把握すること。特に無駄な出費を確認し意識するだけで、その分のお金がどんどん貯めるようになっていきます。今まで家計簿が続かなかった人はぜひ一度お試しあれ。

この記事を書いた人

岩本 早苗 岩本 早苗»筆者の記事一覧

1991年生まれの牡羊座。「人生楽しまなきゃもったいない」をモットーに節約生活に取り組んでいます。お気に入りの休日の過ごし方は、カフェで読書をすること。日頃の生活でたまった疲れを上手に解消し、無駄遣いをしないよう心がけています。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ