ひとり暮らしアラサー汚部屋女の節約術 部屋の片付け方法»節約の達人

ひとり暮らしアラサー汚部屋女の節約術 部屋の片付け方法

汚部屋の住人になっているアラサー女子の割合が少なくないと聞きます。汚部屋暮らしは汚いだけなら大きな問題はないでしょう。

けれど、お金が貯まりにくいという欠点があります。節約したいのであれば毎日10分間でOKなので、節約のための汚部屋整理をしましょう。その方法と効果をご紹介します。

汚部屋

レシートは中が見える袋に入れる

汚部屋になってしまうタイプの人には家計簿をつけましょうとは言いません。レシートをまとめて保管するだけでOKです。具体的な方法はこのような感じです。

・100円ショップで売っている透明のジップロックみたいな袋を用意し「2006年10月」などと書く
・レシートを月ごとに分けて入れる
・1位年以上経ったものは処分する

こうするだけでも、自分の買い物の傾向をつかめるようになりますし、物の値段、安い店が記憶に残りやすくなります。更に、レシートで財布やバッグ、そして、家の中のあちこちが片付きます。

衣類は適当な大きさに切って保存

洋服は切る

衣類を捨てられない人はそのうち収納しきれなくなってしまいます。収まる場のない衣類はどんどん積んでいくことになるでしょう。

・綿100%に近ければ、使い捨て雑巾様に色々な大きさにザクザク切って保管
・ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維が多い服は処分
・朝の1分、使い捨て雑巾で自分の周囲の手の届く範囲から拭き掃除をする
・使い捨て雑巾は汚れたら捨てましょう

これで、どんどん衣類を処分できます。拭き掃除をすると気分がすっきりします。衣類も少しずつ減るはずです。

郵便物は安全に処分

封筒

郵便物はたまっていきやすいです。そして、これらは汚部屋の原因になります。減らし方は簡単です。

・クレジットカードや公共料金の請求書も保管する期間を決める
・経済的に問題なければ、公共料金はクレジットカード払いにして、ポイントなどをためる
・書面の請求書が不要ならば、送ってもらうのをやめる手続きをする

請求書などの郵便物が来なくなるだけで、汚部屋になる可能性がかなり減ります。

破ったカレンダーは処分する

きれいな画像のカレンダーならば、過ぎた月の部分も、画像の部分だけでも取っておきたい、飾っておきたいと思う人もいるでしょう。または裏をメモ用紙用に取っておくという人もいるかもしれません。

しかし、スマホやパソコンを使うこの時代、メモ用紙をあまり使う機会は多くはないのでは?キープする場合は絶対に上限を決めて、それ以上はためないで処分しましょう。

まとめ

綺麗な部屋に変身

汚部屋暮らしですと、必要な物が見つけにくいです。それで同じ物を購入して更に物が増え、汚部屋度がアップ。悪循環ですね。

実は、お金は居心地のよい所でなければ長居してくれないという噂があるんです! この噂、本当のようですよ。毎日10分でOKなので、汚部屋を片付けてお金が長居してくれるアサラー女でいましょう。(執筆者:ku_chan)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ