ポイントカードのポイントを上手に貯めて賢く使う方法 正しいポイントカード断捨離の基準はコレ»節約の達人

ポイントカードのポイントを上手に貯めて賢く使う方法 正しいポイントカード断捨離の基準はコレ

ポイントカードは2枚まで断捨離する

ポイントカードが増えすぎて困る

ポイントカードは、貯めたポイントで買い物ができたり景品とかえることができたり、使い方によっては大きな節約になります。

しかし、たくさんのポイントカードを持っていてもレジで出し忘れたり、ポイントカードを持っていることさえ忘れてしまったりしていることがよくあります

ポイントカードは、行く頻度が高い店数枚に絞ることでポイントのつけ忘れを防ぎ、効率的に貯めることができるのです。

財布のカード入れにパンパンにポイントカードが入っている人は、まずはポイントカードの断捨離をしてみるといいでしょう。

財布に入れておくポイントカードは、1週間に1回以上利用するカードにとどめておき、2枚程度まで絞り込むと見やすくなります

クリーニングなど、数か月に1回利用するポイントカードは財布に入れずに、クリーニングに行くときに思い出せる場所に保管しておくようにしましょう。

ポイントカードのポイントはこまめに使う

ポイントはこまめに使おう

ポイントカードには、ポイントが使える有効期限が設けられていることがあります。一般的には1年間であることが多いため、ポイントをたくさん貯めてから一気に高価な買い物をしようと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、1年間の有効期限は思っていたよりも早く、交換するタイミングを逃してしまって失効になってしまうこともあるのです。ポイントカードのポイントは貯金として考えず、こまめに使っていくことをおすすめします

上手なポイントの使い方は、会計時の端数にポイントを使うといいでしょう

小銭を出す必要もなくなり、ポイントもこまめに使うことができるので期限切れになる心配もありません。また、こまめにポイントを使うことでポイントの残高に敏感になります。

クレジットカードとポイントカードは一体型がおすすめ

クレジットカードと一体型

ポイントカードの断捨離をするとき、ポイントが貯められる店数が1枚につき多いカードを残すようにしましょう

例えば、百貨店系列のポイントカードは百貨店だけでなく同じ系列のスーパーやショップでもポイントを貯めることができるためおすすめです。1枚のカードで、複数の店が利用できるため、短期間で多くのポイントを貯めることができます。

また、百貨店では高額な買い物をする機会もあります。ポイントカードとクレジットカード機能を合わせておくと便利で効率的にポイントを貯めることができます。

この記事を書いた人

式部 順子 式部 順子»筆者の記事一覧

武蔵野美術大学卒。クリエイティブな発想で芸術エッセイや子育てアイデア、経験に基づいた就職転職記事まで幅広く執筆中の個性派フリーライター。身近にあるものを活用した節約術と時代の流れを読みながらの大胆な節約術を組み合わせながら日々節約を楽しんでいる。節約のモットーは「使うべきお金は使う!無駄な節約はしない!」ストレスフリーな節約術をメインに紹介。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ