本当に困っている人のみ見てください 【貧乏生活から生まれた節約術】~光熱費編~»節約の達人

本当に困っている人のみ見てください 【貧乏生活から生まれた節約術】~光熱費編~

このページを見ている皆さんは、節約に興味があることと思います。でも……おうちにテレビありますよね?

私は母子家庭の時代、身一つで家を出てきてしまったため家財道具はありませんでした。それでも、子供達にはテレビが必要だと思い、中古のテレビを買いました。

しかし、まだまだ下の子供は小さかったため、テレビを壊してしまいました。引っ越してきたばかりで、出費だらけでテレビをすぐには買い替えてあげるお金はありませんでした。様子をみていると、1週間もしないうちに慣れたようでした。

テレビは必要なし


元々、テレビを見る習慣があまりなかったからかもしれませんが、なければないで困ることはありませんでした。テレビがないと、NHK受信料もいらないし、電気代も減るし、会話も増えるしでいいことばかりでした。あなたは、テレビ必要ですか??

水道代


トイレの節水術

節水しましょう

水道料金が高い! 節水しているのに高い! お金がないのに、こんなに水道代が取られるなんて……地域によっては水道代が高くて、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

飲んだり、料理に使う分には仕方ないと思えても、ただただ流れていく水にお金がかかるなんて、もったいなさ過ぎると思い、人には言えない節水もこっそり紹介しますね。

トイレのタンクにペットボトルを入れたりすると、壊れるとよく聞きますよね?

でも、なんとか節水したい私は、最低限流れる量の水しか出ないように、調節しました。詰まることもないし、ジャージャーもったいない水が流れていくようなことはなくなりましたね。

皆さん、朝起きたら、トイレに行きませんか?

我が家の子供は朝起きたら必ず行くので、流さないで続けて入ってもらい、最後に自分が入って流していました。衛生的な事などありますから、続けて入らない限りは止めた方がいいかもしれません。

子供達にはこんな風に伝えていました。

・トイレに行くときにはみんなで順番に!
・各自、学校や保育園でトイレを済ませてから、帰るように。

そして、家以外では必ず流すことを忘れないように。

お風呂の節水術


お風呂はみんなで楽しく

お風呂の水もったいないと思いませんか?

人数が多い家庭はシャワーの方がお金かかりますよね。夏には水シャワーで、3分以内に出てくるように。子供達はキッチンタイマーでゲームのように早く綺麗に洗うように指導しました。

冬は溜めたお湯で身体を洗うように、みんなで入るように。保温などは無駄ですからね。

元々半分くらいのお湯しか入れていないので、残ったお湯はあまりないのですが、バケツに何杯かはあるので、それを夕飯の片付けに使いました。

冬は水も冷たく、油汚れも落ちにくいので、残りのお湯で、下洗いして、あとは普通に食器洗い洗剤と水で洗っていました。洗剤も少量でいいですし、ガス代の節約にもなりますよね

ガス代

プロパンガス高いですよね。プロパンは高いと聞いていたのですが、すごい金額の請求書がきてびっくりしたのを覚えています。今までも電子レンジを使ったりして意識して使っていたのに…。

そこで私がしたことは、古くなっていたガス給湯器を変えてもらえるか大家さんに聞きました。急に熱湯が出てきたり、なかなかお湯にならない場合は交換してもらえるはずですので、聞いてみてください。

ガス給湯器を交換


新しい給湯器になったら、温度調節が以前よりしやすくなったので、温度は低めに設定するだけでも、ガス代は変わりますよ。

ストーブ節ガス術


石油ストーブ

冬に活躍したのは、昔ながらのストーブです。古い賃貸は寒く、朝はストーブをつけていました。必ず、ストーブの上にはやかんと、今夜の夕飯のおかずやみそ汁を作り、のせておきました。暖かい飲み物は職場へ持参すれば、飲み物代はいらないし、帰宅後に夕飯のおかずもできています。

炊飯器も便利です。ご飯と一緒にゆで卵だって温野菜だって煮物だってできちゃいますよ。

なるべく、ガスを使わないようにすれば、高いですが、ビックリするほどの請求書がくることはなくなりました。これから家を探す方は、プロパンでないところを選べるならそうした方がいいかと思います。

この記事を書いた人

壇 智子 壇 智子»筆者の記事一覧

子供4人の30代ワーキングママです。仕事に家事に育児に役員や子供達の行事に毎日が戦場。シングルマザーになり、4人を一人で育てることになり、生きていくため!教育費のために節約の鬼に!シングルで子供4人でも、生活保護には頼りたくない、大学までは行く選択肢を与えてあげたいと思い、節約生活を楽しみながら、送ってきました。今は、家事も育児も協力的なパートナーができ、再婚しましたが、シングル時代の節約術はそのままに、貯めたお金で家族旅行へ行こうと思っています。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ