美容院代は節約できる 賢くきれいな髪を手に入れる方法教えます»節約の達人

美容院代は節約できる 賢くきれいな髪を手に入れる方法教えます

美容院といえば、女性であれば2~3か月に1回、多い人は1か月に1回通う人も多いのではないでしょうか。だいたいカットとカラーまたはパーマをすると1回で1万円はかかってしまいますよね

でも見た目は綺麗でいたいし、お金がかかるのは仕方ないなんて思っていませんか?

今回は、私が実際に実践したことのある美容院代をぐっと安く抑えることができる裏ワザをご紹介したいと思います。

美容師さんの練習相手になってあげる

美容院でカット

見習いをしている新人美容師さんって、営業中はお客様のカットをすることができないので、普段はお店を閉めた後、夜遅くまで残ってカットの練習をしている人もいるようです。

だから意欲のある人は、SNSでカットモデルになってくれる人を探し、無料または無料に近い激安料金でカットをさせてもらいながら練習をしているのです。

なので、美容師さんの練習相手になってあげることで通常の料金よりもぐんと安い価格でカットなどしてもらうことができます。ベテランの美容師さんに比べると技術は多少劣るかもしれませんが、そうはいっても素人とは違いその道のプロなのでびっくりするほど失敗されるリスクは低いように感じます。

SNSはあまりやらないという人は、「カットモデル」などでネット検索すると、minimoなどのカットモデルさんと利用したい人をマッチングするサービス(アプリ)が出てきますよ。

地毛にもどして、ナチュラルできれいな髪を目指す

地毛に戻すとメリットがいっぱい

そもそも美容院代がかかるのはカラーやパーマをあてるから。自分本来の髪の色を大切にし、ケアが行き届いてきれいなツヤのある人って素敵ではないですか。

私も大学デビューと同時に周りに流されていつのまにかカラーをするようになりましたが、お金はかかるし髪はぎしぎしして、メリットといえばそれなりにおしゃれに見えるかなってだけ。

なので地毛に近い色に染めてもらい、現在絶賛黒髪中。

今後はずっと地毛で伸ばし、たまにカットしてもらおうと思っています。カットだけであれば1000円程度でしてもらえる美容院も多いです

そして、シャンプーリンスも髪を染めていたころと同じようにしているのですが、自分の髪の色に戻してからの方がパサつきがおさまりました。

すきばさみを使って自分好みにカットする

スキバサミ

2~3年前に薬局で発見したのですが、「すきばさみ」といって、はさみを使うみたいに切るだけで髪をすいてくれる便利なはさみがあるんです。

今でも前髪ぱっつんの人って結構いると思いますが、普通のはさみで切るとどうしても不自然な直線になってしまって失敗した経験のある人も多いのでは。

美容院にいけば切ってもらえるけど、だいたい前髪だけで500円のところが多いです。前髪ってすぐ伸びるしそのたびに500円も払っていたら、意外と大きな出費になります

そこで1本持っていると重宝するのがすきばさみ。お子さんや旦那さんの髪をちょっと整えたい時にも使えるので非常に便利です

髪は女性にとって顔と同じくらい大事なパーツの1つ。だからこそ節約しながら賢くケアしていきましょう。

この記事を書いた人

岩本 早苗 岩本 早苗»筆者の記事一覧

1991年生まれの牡羊座。「人生楽しまなきゃもったいない」をモットーに節約生活に取り組んでいます。お気に入りの休日の過ごし方は、カフェで読書をすること。日頃の生活でたまった疲れを上手に解消し、無駄遣いをしないよう心がけています。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ