「三菱東京UFJ銀行」と「三井住友銀行」の手数料を無料にする方法 都市銀行手数料の節約術»節約の達人

「三菱東京UFJ銀行」と「三井住友銀行」の手数料を無料にする方法 都市銀行手数料の節約術

銀行を選ぶときに自分の職場や家から近いかどうかという観点で選ぶ人も多いでしょうが手数料が安いかどうかで選ぶ人も多いと思います。

CM などでよく見かけるような大手の都市銀行を使う際、手数料を節約する方法はないのでしょうか。

今回は大手都市銀行で手数料を節約するためのコツについてご紹介していきます。

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は特に何か申し込みやサービスを併用しなくても平日の昼間であればコンビニのATM が手数料無料で利用できます。平日の時間外や土日祝日は105円の手数料がかかるので注意です。

ですがこの105円の手数料もメインバンクプラスというサービスに入ることによって無料にすることができます

このメインバンクプラスに入るための条件は預金金額50万円以上であるかどうか。それさえ満たしておけば24時間いつなんどきでも、コンビニの手数料0円で利用できるようになります。

三井住友銀行

三井住友銀行

三井住友銀行はポイントをおさえることによって手数料を無料にすることができます。口座を作るときにWEB通帳にすればいいのです

これは紙の通帳を持たずにインターネット上での通帳を見れるサービス。自分が持つことができるのはキャッシュカードのみとなりますが、このWEB通帳にすることでコンビニATM からの引き出す際の手数料などが無料となります

ただし回数限定なので注意が必要です。

また、SMBC ポイントパックというものに申し込んだ上で自分の給料を三井住友銀行に振込み先に設定すればコンビニからのATM が無料になります。これも回数限定なんですので注意が必要です。ただ、月に数回といえど無料になるのは非常に嬉しいですよね。

コンビニATMをよく使う人は都市銀行を選択しよう

銀行手数料の節約

大手の都市銀行はどこの地域にも必ず支店があると言っても過言ではありません。大手の企業に勤めていると給与振込先として大手の都市銀行を開設しなければならないというときもあるでしょう。

地方の人にとっては地方銀行の方がいいと思いがちですが、使いやすさや手数料が無料になったりするという点に関しては非常に魅力的なサービスが揃っているのが都市銀行です。

コンビニATM を使う可能性が高いという人は大手の都市銀行にするといいでしょう。地方銀行の多くはコンビニATM の無料キャンペーンというものは行っていません。都市銀行ならではの利点を使いこなしたいという人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事を書いた人

伊蔵 和夫 伊蔵 和夫»筆者の記事一覧

様々とところでウェブの記事やコラムを書いています。生々しくてリアルな情報をわかりやすくお届けしたいです。収入の浮き沈みが大きい自営業だからこそ、節約の意識は常にもっています。今まで培って来た節約ノウハウを共有できれば幸いです。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ