就学前に消えていくお金は本当に必要な出費? 私はこうやって節約しました。»節約の達人

就学前に消えていくお金は本当に必要な出費? 私はこうやって節約しました。

皆さんのお子さんは習い事たくさんさせていますか? 節約ママでも、子供のことになるとついつい財布の紐もゆるみがちですよね。

最近、貧困生活の人が取り上げられるようになりましたよね。日本でも、貧富の差が激しいように思います。

今は高齢出産で一人っ子が多いように感じます。親も高齢だと経済的にもゆとりがあり、一人にお金をつぎ込むことも可能です。


習い事は保育園で


幼稚園へ通い、習い事もたくさんしているご家庭もあるかとは思いますが、貧しい人でも大丈夫。今は、保育園でもいろんな習い事をやらせてもらえる園が増えてきました。

認可の保育園なら保育料も低所得の人は安いはずです。習い事の送迎も必要ないですし、お月謝も保育料の中に含まれているので、負担はありません。

保育園探しの時にリサーチしてみましょう。中には別料金の園もあるかもしれないので、調べてみて下さい。


市主催の習い事


市でやっている習い事も安いですよね。先着順だったり、抽選だったりしますが、とても安くていいですよね。

子供は何でも興味持ちやすいですが、飽きるのも早いですよね。市主催の習い事は短期間だし、回数も決められていることが多いので、子供が最後まで続けやすいと思います。

最初に入会料とか、ユニホームなどを買わせることなどありませんので、無駄な出費も抑えられます。習い事と違って始めやすいので、お勧めです。


スポーツ少年団


平日の放課後や土日に学校での練習が多いと思います。団によって違うと思いますが、1000円~4000円くらいのところが多いのではないでしょうか。

コーチはボランティアだったり、パパだったりします。団によりますが、親の車出しやお茶当番などもあるところが多いと思います。

異学年や他校の子たちとも仲良くなれますし、練習場所も学校など近くていいと思います。習い事をさせるお金がないけれど、何か習わせてあげたい方はいいかもしれませんね。

親のお手伝いや人間関係も大変なところもあるので、体験や見学に行かれてから決めた方がいいと思います。


幼児教育は家庭で


今は、幼児教育に力を入れているご家庭も多いですよね。お金を出して、外注するのもいいですが、幼児でも結構なお値段しますよね。

幼児教育をさせてあげたいのに、お金がない方は、体験レッスンに行かれてみてください。

家でもできそうなことたくさんありますよね。無料体験で、アイディアをつかんできてください。

100均でも、幼児教育に使えそうな物が売られていますよ。高い物を購入しなくても、手作りでできたりもします。本を読んであげたり、つみきやブロックで遊んだりするのもいいと思います。

我が家は人数が多いので、食事の時やおやつの時、自然と割り算や分数をする機会がたくさんあります。

一人いくつ食べられるか、あまった分はどうするか? 何等分すれば、ケンカにならないかな? など。

幼児さんなら反抗的な態度をするわけでもないと思うので、お家で楽しく、親がほんの少し意識していろんなことに取り組めば、お家で幼児教育は悪くないと思います。

就学前は、時間にもゆとりがあるし、習い事でもさせてあげたいと思われる方も多いと思いますが、大きくなれば出ていくお金は高額になります。

就学前のお金はなるべく貯金してあげて、親子で過ごす時間を大切にいろいろやってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

壇 智子 壇 智子»筆者の記事一覧

子供4人の30代ワーキングママです。仕事に家事に育児に役員や子供達の行事に毎日が戦場。シングルマザーになり、4人を一人で育てることになり、生きていくため!教育費のために節約の鬼に!シングルで子供4人でも、生活保護には頼りたくない、大学までは行く選択肢を与えてあげたいと思い、節約生活を楽しみながら、送ってきました。今は、家事も育児も協力的なパートナーができ、再婚しましたが、シングル時代の節約術はそのままに、貯めたお金で家族旅行へ行こうと思っています。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ