貯金できる人とできない人の違いとは? 2パターンある「強制貯金」で楽に貯めよう»節約の達人

貯金できる人とできない人の違いとは? 2パターンある「強制貯金」で楽に貯めよう

同じお給料をもらっているのにかなり貯めている人と、貯金ゼロの人。

何が違うのかというと、当然ですが出ていくお金が違います。無駄遣いが少ないのです。

「そんなの当たり前じゃないの」
「それはわかっているから早く貯金する方法を教えてよ」

という心の声が聞こえてきましたので早速強制的に支出を減らして貯金する方法をご紹介します。




2パターンの強制貯金

貯金をしたければお給料から貯金口座への直通便を作りましょう。

定期積み金とは別に、あえてちょっと厳しめの金額を貯金専用口座に強制的に振り込むのです。毎月1万円でも2万円でもオッケーです。

こうすることで、貯金が増え続ける口座ができますよね。強制的に貯金できれば、支出は確実に減ります。

いつも定期貯金や財形貯蓄、学資保険などで定額の貯金をしているという方も、それにプラスして強制貯金をしてください。

直通便の作り方は2つありますので、自分ができる方を選んでくださいね。


1. 銀行の自動送金サービス


多くの銀行で採用しているサービスで、毎月自分が指定した日に指定した金額を指定口座に振り込んでくれます。

貯金専用口座を開設してその口座に強制的に送金するのです。

同銀行同支店内であれば振込手数料が無料で、送金する手数料のみかかる場合が多いです。

ほとんどの都市銀行や地方銀行で自動送金サービスを行っています。

「自分で毎月入金したほうが手数料がかからないからいいじゃない」と思うかもしれませんが自分で入金したお金は、絶対に使ってしまいます。

ちょっとお金に困ったときに手を伸ばしてしまうのです。だから敢えて手数料を支払ってでも自動で送金してもらいましょう。


2. 給与口座を2つに分けて強制貯金


一部の会社ではお給料の振込口座を2つ指定することができます。財形貯蓄ではなく、お給料を貯金専用口座に振り込んでもらうのです。

自動送金とは異なり手数料がゼロ円なのが魅力ですが、全ての会社で給与口座を分けてくれる訳ではないのが難点です。

もし自分の勤めている会社が給与の振込口座を2つ以上に分けることができるのであればお願いしてみましょう。


毎日の出費を袋分け


強制貯金だけで毎月の支出が減らせるかどうか心配という人におすすめなのが袋分けです。

用意するのは封筒30枚と大量の千円札。封筒に日付を書いて、中には1000円から2000円ずつ入れます。

家族の人数によって入れる金額は固定ではありませんが一人500円で考えましょう。

日用品や食材、お洋服などを買うためのお金はすべて封筒のお金から支出します。

こうすることで、毎日生活していく予算が自分の中で分かってきますので減らすべき出費が何なのかが分かってきます。

そもそもそんな小難しいことを考えなくても封筒のお金だけで生活するだけで確実に出費は減ります。

家族で、ゲーム感覚で楽しんでもよいでしょう。

浮いた分で豪華におうち焼き肉を楽しんだりすき焼きをしたり、という心のゆとりも生まれますよ。

もちろん貯金しても良いですね。


まとめ

お金が貯まる人と貯まらない人の違いは出費の差です。

そんなの当たり前ですが、分かっていながら出費を減らすのは大変なこと。だから節約を前借りして、定期貯金以外に、お給料を使う前に隔離する強制貯金を行いましょう。

それでは心もとないという人は生活費を袋分けしてゲーム感覚で予算管理をしてみてください。

この2つを試すだけで貯金の喜びと節約の楽しみに目覚めるはずです。特に増えていく貯金通帳を見るのは快感ですよ。

この記事を書いた人

平林 亮子 平林 亮子»筆者の記事一覧

小さな商社から損害保険会社に転職後、結婚、妊娠を経て専業主婦になりました。今はライターとして保険、税金、美容関係の記事を執筆しています。趣味は貯金!特技も貯金!節約から株式投資まで、資産形成のために奮闘中です。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ