ふるさと納税でお財布もみんなもホクホク、税金の仕組みともらえるギフトについて»節約の達人

ふるさと納税でお財布もみんなもホクホク、税金の仕組みともらえるギフトについて

税金を納めてお得になる「ふるさと納税」って?


税金がもっと安くなったら…!

会社勤めの方でも、個人事業主の方でも、誰でもそう思うはずです。

税金に関することとして、あるとても素敵な理由で生まれた「ふるさと納税」というシステムがあります。

住んでいるところにかかわらず、好きな市区町村へ寄付(納税)をすることで、その市区町村からお礼の品が届くというもの。

寄付をする場所ですが、自分自身が生まれ育った場所はもちろん、何かでお世話になった場所、旅行がきっかけで好きになった場所など、どこでもOK。

その場所を「応援したい!」という気持ちで納税をする…それが、ふるさと納税です。

寄付とはいっても「納税」ですから、当然税金を納めることになります。

お礼の品が届くだけでなく、税金が控除される…つまり、税金が引かれるということです。

このお礼の品がとっても豪華だと評判になっています…!

では、いったいどんなお礼の品がもらえるのでしょうか?

ふるさと納税をしてみたいという方、実際の納税の流れともらえるギフトについて見てみましょう。


ふるさと納税ってどうやるの?納税の流れと控除の仕組み


ふるさと納税は実質負担額2,000円で、それ以上の納税額は控除されることに。

たとえば、10,000円の納税をすると自己負担は2,000円、8,000円が所得税の控除や住民税の控除にあてられます。

控除の上限は、所得金額によって変わります。

ふるさと納税の流れについてですが…

1.納税をする自治体を選びます。
2.自治体によって納税方法が違いますので、ホームページなどで確認を。
3.納税後、お礼の品がある場合は送られてきます。ない自治体もあります。
4.納税を行った翌年の3月15日までに確定申告をします。
5.確定申告のあと、納税を行った年の所得税から控除が行われます。ふるさと納税を行った翌年度の住民税も減額されます。

確定申告をしなくてはならないの?と、ちょっと面倒な印象がありますよね。

ですが、一般的な会社員の方など、いわゆる給与所得者の方は「ふるさと納税ワンストップ特例」という制度を利用することができ、確定申告をしなくても翌年度の住民税の減額が行われます。

注意点としては、ふるさと納税ワンストップ特例を利用すると、所得税の控除が受けられなくなってしまうこと。

ただ、確定申告をしなくても良いというメリットがあるので、所得があまり高すぎず、所得税はあまり気にしないという方におすすめです。


ふるさと納税でもらえる「お礼の品」って何があるの?


ふるさと納税でもらえる返礼品は、地域によってさまざま。たとえば、こんな品があります。

・ゆめぴりか、ななつぼし、ほしのゆめ味比べセット(北海道旭川市)
・純米吟醸 越乃鹿六2本セット(新潟県五泉市)
・大粒の紀州南高梅 人気のはちみつ仕立て「極」12包(和歌山県和歌山市)

※いずれも10,000円のふるさと納税お礼品です。

その土地土地の特産物はもちろん、こんなものまであるの?と驚くような品のほか、一点物の高級品やサービスなど、さまざまなお礼の品があります。

納税目的はもちろんですが、お礼の品を見て選ぶというのもひとつの選び方です。



ふるさと納税を、もっとオトクにする方法がある!


ふるさと納税の基本的な仕組みや、もらえるお礼の品がどのようなものかおわかりいただけたかと思います。

さらに、ふるさと納税でお得の恩恵を受けるなら…クレジットカードを使うのがおすすめです。

ふるさと納税の多くは、クレジットカードでの納税を受け付けています。

ポイント還元率の高いクレジットカード(リクルートカードやP-one wizカードなど)を使って納税をすると、納付書を使って現金で納付するよりもお得になります。

クレジットカードでの寄付(納税)は5,000円以上から…というところが多いので、お礼品も5,000円以上のものを狙ってみましょう。

自分のふるさとや、お世話になったあの場所を応援したい…!

そんな気持ちで行われる、納税者も自治体も元気になれる・ほっこりとした気持ちになれるのがふるさと納税。

お世話になったあの「ふるさと」に、応援の気持ちを表してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ