家計は、財布の中の整理整頓で決まる! お財布の中にも「住所」を作ってレシートやカード・お金を整理整頓してみよう»節約の達人

家計は、財布の中の整理整頓で決まる! お財布の中にも「住所」を作ってレシートやカード・お金を整理整頓してみよう

あなたのお財布は、レシートやもらったクーポン、カードなどでパンパンになっていませんか?

お財布は、家計管理をするうえで家計簿以上に大切なものです

家計のムダを減らし、支出をスリムにするためには、財布の整理整頓がカギと言っても過言ではありません。

ここでは、お財布の整理整頓術についてご紹介いたします。


札室をレシートとお札とにきちんと分けることは基本



お財布のお札を入れるポケットは、2つに分かれているものが多いですよね。

この札室は、「お札」と「レシート」にそれぞれ分けるために利用することが、お財布を整理整頓する上で基本中の基本です。

レシートとお札をしっかり分けておけば、今財布にいくら入っているのかが一目でわかります

また、千円札を多めに入れる時は、5千円・一万円ごとにインデックスにしておくと、残金が分かりやすく、「お札を崩したくない」気持ちにもなるので、無駄遣いを防ぐことができますよ。


カードは「スタメン」を選び、財布に入れる

ポイントカードや会員証などは、レシート以上にかさばりますし、気づけば溜まっているものですよね。

カードはすべて財布に入れるのではなく、

必ず入れておくべきカード + 使う頻度の多いもの

を厳選し、スタメンカードを決めて入れるようにしましょう。

必ず入れておくものとしては、常に携帯しておくべき、健康保険証、運転免許証などの身分証明書などがあります。

また、その他のスタメンカードを選出する時の基準としては、1週間に1度は使うものや、1か月の中で数回使う見込みがあるもの、です。

財布の中に入っているカードで、もし1か月に1度も使っていないようなものがあれば、スタメンカードからは除外しましょう

主婦の場合は、よく行くスーパーやドラックストアのカードがスタメンに入るのではないでしょうか。

また、銀行のキャッシュカードやクレジットカードは、最低枚数入れるようにしましょう。

キャッシュカードはメインバンク、クレジットカードも普段使うものを1、2枚に絞っておくと毎月の引き落とし額も明確になるのでおすすめです


こまめにレシートを財布から出して、パンパン状態を避ける

パンパンのお財布は、お金が入ってこない(貯まらない)人に共通することです。

お財布がパンパンになってしまうのは、ほとんどレシートを貯めっぱなしにしていることが原因なので、まずはレシートをこまめに取り出す習慣をつけるようにしましょう

レシートを入れる専用のボックスを用意しておくと、取り出した後のレシートをまとめやすいのでおすすめです。

また、取り出したレシートは一度目を通し、いらないものは捨て、必要なものだけをボックスに入れるようにすると後々家計簿をつける時も楽ですよ。




さいごに

家計をスリム化できる、お財布の整理整頓術についてご紹介いたしました。

お財布によっては、収納できるスペースが多いものもありますので、クーポンや割引券など、さらに細かく分類して、「お財布の中の住所」を作っておくともっと管理がしやすくなりますよ。

あなたも、まずは「できることから」家計・財布の整理整頓を始めてみてはいかがでしょうか?(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ