【カード初心者の方へ】クレジットカードのお得な使い方»節約の達人

【カード初心者の方へ】クレジットカードのお得な使い方

お得なクレジットカード



クレジットカードは使うことでポイントも貯まりますし、現金をいちいち引き出す必要もなく、おつりなどに煩わされることもない便利なものです。

年会費が無料で、自分の使いたいポイントの貯まるものがおすすめですが、使う際には手数料がかからないことの確認が必要です。

ごく稀にですが、クレジットカード払いの場合は手数料を上乗せされた金額になる場合もあります。

またクレジットカードで使う金額が大きくなれば年会費を払っても還元率が高くなることでよりお得になるものもあります


クレジットカードを使う時は事前に入金してから使う

クレジットカードを使う時の最大のポイントは、引き落とし口座にお金を入金してから一活払いで使用することです。

つまりデビットカード(決済すると代金が即時に口座から引き落とされるカード)のように使うということですね。

クレジットカードを使うとポイントがたまるからといっても、現金がなくても買えるとの認識で、支払えるお金以上の金額を使うことは高額な手数料(リボ払いなど)を払う羽目になり、ちっともお得ではありません。

使った分を入金するのではなく、あらかじめ使う分を入金しておき、その分しか使わないようにするとよいでしょう。

我が家では事前に引き落とし口座に入金したうえで使うことを基本としています。


クレジットカードの還元ポイントの利用方法



使えるカードが限られる場合もあるので、カード会社の違うカードが何枚かあると便利ですが、ポイントに関していうと、なるべく1枚で使った方がまとまったポイントが手に入ります

まとまっていないと使えないポイントもありますし、使わないままでは消滅してしまう場合もありますので、使えるポイントが自分にとって使いやすいかもクレジットカードを選ぶ判断材料になります。

自分がポイント有効期限内にどれだけポイントをためることができそうか、そのポイントで欲しいモノが買えるかどうかを定期的に見直すことも大事です。

貯めたポイントをきちんと使いきることも大事で、ポイント目的になっては本末転倒ですが、もう少しで交換できるポイント数までたまる場合などは、間近に必要になる日用品などを先に購入してポイント還元を確定させてしまうのも手です。

また、エントリーなどをしないとポイントがたまらないこともあるので、時々チェックを行うとよいでしょう。

大手の「楽天カード」や「yahoo!カード」などではエントリー後のお買い物がポイントの対象となる場合も多くあります。


支払はなるべく年払いで行うことで節約になる

自動車保険や生命保険、医療保険などの保険の支払いは年払いにすると支払総額が安くなるのはご存知でしょう。

他にも新聞代、雑誌などの定期購読代、NHKの受信料など、とにかく定期的に定額で引き落とされるなどのものについては、年払いで何%かお得になるものが多くあります。

また、その支払いの場合でも口座引き落としではなく、クレジット払いができるならクレジット一括払いがおすすめです

クレジットカードを一旦経由させることで、クレジットカードのポイントも貯まります。

上手な使い方で、支払う金額は同じでも還元でかなりお得に買い物をすることができます。

我が家では公共料金の支払いはすべてクレジットカード払いです。

お得に利用するには、口座振替同様、口座にお金をあらかじめ入れておいて支払うことが大切です。


クレジットカードが使えないお店では金券ショップなどをうまく利用する



本屋やコンビニを多く利用する人は、金券ショップなどで図書カードやクオカードを購入して使うと何%か安く購入することができます。

他にも、JCBギフトカードやビール券、お米券など、金券ショップで買った金券で購入することで安く購入できるものがあるので、活用するといいでしょう。

クレジットカードが使えないお店などでも金券なら使える場合があります

ビールは飲まないし、ビール券は使いようがないという場合でも、実はコンビニなどでビール以外のものを購入できることだってあるのです。

図書カードが本屋さんで売っている文具などにも利用できるのと同じく、お米券もお米屋さんで額面分の好きな商品と交換できるお店もありますよ。(執筆者:小柳 結生)

この記事を書いた人

小柳 結生 小柳 結生»筆者の記事一覧

30代女性、大学卒業後すぐにFP技能士の資格を取り、20代後半は生活協同組合のライフプランアドバイザーとしても活動。生活に基づいたコスト管理で、低収入でも豊かに健康的に暮らす知恵を提供中。オーガニックなものが大好き。現在育児中で、子どもとお金について執筆中。
<保有資格>二級ファイナンシャルプランニング技能士

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ