お風呂・冷蔵庫の大掃除 「ひと手間」でスッキリ片付く節約術»節約の達人

お風呂・冷蔵庫の大掃除 「ひと手間」でスッキリ片付く節約術

このひと手間でお風呂がきれいに使える



大掃除で一番面倒な場所といえば「お風呂」ではないでしょうか。

大掃除の時期は気温も低くなるため、寒いお風呂場で長時間掃除をすることは、とても辛いものです。

お風呂掃除の中でも「かび」はとくに時間がかかります

洗面器や浴室用いすは、表面はきれいに見えても裏を返してみると、かびがついていることが多いのです。

お風呂場には、小さな小物が多く一つ一つ洗っていたのでは時間と手間がかかります。

大掃除の前日からできること


小物類は、溝にかびや汚れが入り込んでいるため、大掃除をする前日に浴槽に残ったお湯につけておきましょう。

浴槽に残ったお湯が冷めないうちにお風呂用洗剤を溶かして、小物をつけこんでおきましょう

一晩つけておけば、かびや汚れはお湯で流すだけでも簡単に落とせる状態になります

お風呂掃除は、意外と水を使います。

シャワーを流しながら大掃除をしていると、あっという間に水道料金が跳ね上がってしまうでしょう。

できるだけ浴槽に残ったお湯を有効利用できるように「洗う順番」に気をつけることがポイントです。

洗面所の鏡をくもらなくするワザ




お風呂場と洗面所が近い場合は、洗面所の鏡は常にくもっている状態ではないでしょうか。

洗面所の鏡を使おうとしたとき、お風呂の湯気でくもっていれば、くもりがとれるまで待たなければなりません。

しかし、大掃除のときにひと手間加えておくだけで、くもりに悩まされることはなくなります。

それは、鏡が乾いているときにうすい油分の膜をはっておくことです。

「油分の膜」というと、手間がかかりそうですが乾いた状態の固形石鹸で鏡をこするだけです。

固形石鹸でこすったままにしておくと、鏡が使いにくいため乾拭きで仕上げるといいでしょう。

石鹸の油分が薄い膜となり、お風呂場の湯気が鏡に届いてもくもりません。

タイルの目地も強敵です


お風呂掃除で一番手間取る箇所が、タイルの目地です。

目地はカビが奥まで入ってしまうため、きれいになったころには手が痛くなっています。

目地のかび落しが終わったら、ひと手間加えておくだけで、来年はかび落しをする必要がなくなるかもしれません。

目地は、タイル表面に比べて、水分を吸収し乾きにくい特徴があります。そのため、常に濡れているためかびだらけになってしまうのです。

目地のかびを防ぐためには「ろうそく」を目地にこすりつけておきましょう

目地が乾いているときに、白か透明のろうそくをこすりつけておくと、水をはじくようになります


小さくなった石鹸はためておいて1年分のクリームを作る

小さくなって使いにくくなった固形石鹸の節約術はたくさん紹介されています。

破れてしまったストッキングを再利用して包んで使ったり、スポンジに切れ目を入れて間にはさんだりする方法が一般的でしょう。

しかし小さくなった石鹸が出るたびに、包んだりはさんだりすることは意外と手間がかかります。

節約はしたいけれど、手間はかけたくないというならば、1年に1度の手間で、1年間使えるクリームにしてしまいましょう

小さくなった石鹸は、そのまま空き瓶に保管しておきましょう。

ジャムの空き瓶のように蓋ができるほうが、ほこりが入らず衛生的です。



小さな石鹸をクリーム状にする方法


1年ためると、かなりの小さな石鹸が集まります。1年に1回、こたつに入りながら、小さくなった石鹸をさらに細かく刻みましょう。

鉛筆を削る要領で削ると、大きさもちょうどよくなります。すべての石鹸が細かくなったら、石鹸が沈むくらいの水を入れて、レンジで加熱します。

このとき、ラップをかけずに加熱することがコツです。

水分を蒸発させることで、クリーム状に仕上げることができます

温まったら、石鹸はやわらかくなっているので、クリーム状に練り上げましょう。

加熱しすぎてしまうと、石鹸が泡立ちレンジを汚してしまう可能性があります。

クリーム状になった石鹸は、冷めてからジャムの空き瓶に戻し入れておけば、保管もしやすいのではないでしょうか。

クリームは、あぶら汚れに強いため、乾いた布に少量のせて使います

市販の洗剤よりも優しい成分が多いため、子どもと一緒に大掃除するときにも便利でしょう。


冷蔵庫の中をスッキリ! ひと手間かけてかさばる調味料を削減

大掃除は「上手に捨てる」ことも大切です。捨てられない人でも、1年に1度の大掃除なら捨てる勢いがつくこともあります。

しかし、冷蔵庫の中だけは捨てられないものがほとんどではないでしょうか。

消費期限が過ぎてしまったのならばあきらめもつきますが、食べられるものを「邪魔だから」といって捨てるわけにはいきません。

とくに冷蔵庫の奥には、使いかけの調味料が押し込まれていることが多いのです。

調味料は残りがわずかでも詰め替えることが難しいため、場所をとってしまいます。

そんなときには、ひと手間かけて「調味料を削減」しましょう。残った調味料同士を合せることで、置き場所を削減します。

冷蔵庫の奥にある使いかけの調味料といえば「味噌」や「ラー油」、そして「ピーナッツバター」などではないでしょうか。

おススメの「味噌だれ」レシピ




出番は少ないけれど、なければ困るものが多いのです。味噌は、みりんと合わせるだけで用途が広がります

お肉を焼くとき、いつも市販の焼肉のたれを使っているならば、味噌とみりんを合せた「味噌だれ」を使ってみるといいでしょう。

「味噌だれ」の作り方は、味噌200gとみりん2分の一カップを合せるだけです。

さらにピーナッツバターを大さじ1杯プラスすれば、甘みが加わり子供向けの味付けになります。

中華風の調味料も合わせるだけでできる


ラー油は、ゴマ油と合わせることで中華風の調味料になります。

作り方は、醤油と酢と酒、砂糖とゴマ油をお好みの量で混ぜるだけです。

中華風の調味料に鶏肉をつけて、から揚げにすれば、ご飯が進むおかずになります。

おいしいご飯ができて、冷蔵庫もスッキリ片付く一石二鳥の節約術です。(執筆者:式部 順子)

この記事を書いた人

式部 順子 式部 順子»筆者の記事一覧

武蔵野美術大学卒。クリエイティブな発想で芸術エッセイや子育てアイデア、経験に基づいた就職転職記事まで幅広く執筆中の個性派フリーライター。身近にあるものを活用した節約術と時代の流れを読みながらの大胆な節約術を組み合わせながら日々節約を楽しんでいる。節約のモットーは「使うべきお金は使う!無駄な節約はしない!」ストレスフリーな節約術をメインに紹介。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ