税金が戻ってくる? 年末調整と確定申告のお役立ち情報。»節約の達人

税金が戻ってくる? 年末調整と確定申告のお役立ち情報。

あなたの税金がお得になるしくみ


あなたに収入があれば、税金が掛かります。ただし、それは「収入」そのものに掛かるのではありません。経費やその人の事情に応じた金額を差し引くことで、「課税所得金額」が決まるのです。

「税金がお得になる」のは、「経費や個人の事情に応じて差し引く(控除と言います)」金額が大きくなるということです。

控除について具体例を挙げると、子沢山だったり、高齢の親を扶養していたりする人には、それだけ控除を認めてあげて(扶養控除)、課税所得を少なくして税金の負担を軽減するような場合です。


「年末調整」で税金が戻ってくる?

会社にお勤めの人は、毎月のお給料から税金が天引きされています。

この時に、会社が把握している控除については、会社が控除も行ってくれます。

例えば、扶養親族がいる場合の「扶養控除」、一定の所得以下の配偶者がいる場合の「配偶者控除」「配偶者特別控除」、民間の保険を支払っている場合の「生命保険料控除」などです。

ただし、会社が働いている人の個別の事情を把握するのは年に1回です。秋ごろに会社から家族や加入している保険について問い合わせの書類が配布されます。

それまで、毎月支払っていた納税額には、直近の個別の事情は反映されていません。そこで、毎年年末に調整することになります。これを年末調整と言います。

例えば、今年新たに生命保険(医療保険・個人年金保険も同じ)に入った人は、その分、控除される金額が大きくなります。すると、今まで毎月払っていた税金は払いすぎであったので、その分の調整額が戻ってくるのです。

会社の事務の進み具合によりますが、早くて12月、多くは翌年1月の給与に上乗せされて支給されることが多いです(会社によっては現金で渡してくれるところもあります)。

家族や加入している保険について、会社から書類が配られたら、しっかり記入して提出しましょう。




「確定申告」で税金が戻ってくる?

会社は、あなたの個人生活の全てを把握しているわけではありません。会社が扱わない控除は個人で行うことになります。

多くの人にあてはまるのが「医療費控除」でしょう。これは、1年間に支払った医療費が10万円を超えたときに、その超過分を課税所得金額から控除するものです。

その他、災害などで損失を被ったときの「雑損控除」や、寄付をしたときの「寄付金控除」があります。

なお、今まで上げてきたものは、課税所得金額を小さくする「所得控除」についてのものでした。課税所得金額に、あなたの所得に応じた税率を掛けることで納税額が決まります。

一定の場合には、この納税額から直接に引いてくれるものもあります。これを「税額控除」と言います。

株式などで配当金収入がある場合の「配当控除」、住宅ローンを利用している場合の「住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)」などがあります。

税額控除は、当てはまる要件が細かいですし、その時々の政策の影響を受けやすいので期限についても注意が必要です。

とはいえ、もし適用できると、納税額がダイレクトに減るので、「お得」感は強いものです。

個人でこのような控除の申請をするのは「確定申告」の時です。この確定申告は翌年の3月15日までと期限が決まっています。

病院で貰った領収書など必要書類をそろえ、あらかじめどのような手続きが必要か早いうちから準備しておきましょう。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ