子育て家庭だけじゃない 「おしりふき」を活用する3大メリット»節約の達人

子育て家庭だけじゃない 「おしりふき」を活用する3大メリット

掃除に使うなら「おしりふき」。

それを熱くオススメするには、ちゃんと理由があるんです!



「おしりふき」を活用するメリットは大きく分けて3つ。

・ 値段が安い

・ 使い捨て

・ 子育て世代からの絶大な支持

では説明していきましょう。


「ウェットティッシュ」よりも「おしりふき」な理由

え? 使い捨てでしょ? もったいない…。そもそも、何で「ウェットティッシュ」じゃなくて「おしりふき」なの?

では「ウェットティッシュ」と「おしりふき」の違いから見て見ましょう。

ウェットティッシュ


アルコールが入っているものが多く、肌への負担が気になる
・ ノンアルコール、除菌タイプもあるが値段が高い
・ ケースなどがスタイリッシュでシンプルなものが多い
・ 手や口を拭いてもOKなものも

具体的に、11/10現在Amazonで売れ筋1位商品の「ユニ・チャーム シルコット ウェットティッシュ 詰替用(Amazon価格864円)」。



45枚入り×8袋で「360枚入り」。なので、45枚1袋が108円ということに。(1枚当たり2.4円)

おしりふき


・ 赤ちゃんのおしりを拭くためのものなので、肌への負担も安心
・ 手や体を拭いてもOKなものも
水分が多く、洗い流すような心地よさがある
・ 汚れがしっかり取れるシート形状、など。

具体的に、11/10現在Amazonで売れ筋1位商品の「グーン 肌にやさしいおしりふき 詰替用(Amazon価格1,053円)」。(1枚当たり1.24円)



70枚入り×12袋「840枚入り」。なので、70枚1袋が87円ということに。

このように、一枚当たりに換算すると倍も違います


実はあまり違いがない?

最近ではウェットティッシュもおしりふきも、種類がとても増えました。だからこそさまざまな種類があり、実際にはあまり違いってないんですよね。

それならやっぱり重視するのは、「値段」!

節約・貯金を目指すなら、安くて便利・効率的なものを選びましょう。




でも使い捨てってもったいないよね。布巾で十分。

今は「掃除はおしりふき派」の私ですが、以前はやはり使い捨てがもったいないと感じて、いらない布やシャツなどを切り、端切れにして保管しながら使っていました。

しかし、すぐにくじけてやめることに。

理由は

・ こまめに掃除をし始めると端切れがすぐに足りなくなる

・ そもそもモノを減らしてムダな布がないので端切れが作れない

・ すぐ使いたい時に端切れを濡らしたりするのは面倒

・ 濡れているおしりふきなら、サッと使えてサッと捨てられるうえ、重曹スプレーなどを組み合わせれば最強の掃除用具になることに気づいた

などなど……

結果的に「布巾や端切れ」などを使うより、「おしりふき」を使った方が手軽で簡単、ノーストレスで掃除がはかどります。

「おしりふき」は厚さ薄めですがしっかりしており、角の汚れにも届きやすいんです。竹串やつまようじに巻き付けてこすれば、ビックリするくらい奇麗になります。

また、引っ張って細長くして、のこぎりのように使えば溝部分の掃除にも効果抜群。

端切れや布巾よりも薄くて水分たっぷりだからこそ、工夫次第で使い道が無限大なんですよ。

急に赤ちゃんや子ども連れの来客があった時などは、「おしりふき」があれば本当に便利です。

子連れ家庭にとってはなじみのある「おしりふき」。「ウェットティッシュ」じゃなくて「おしりふき」の方が安心、というママやパパも多いです。


スーパーでもドラッグストアでも、どこでも買えます



ウェットティッシュもおしりふきも、今ではいつでもどこでも買えるのが魅力的。

またネット通販なら一度にたくさん買えるうえ、まとめ買いならさらに安くなることも

余計なモノのストックはオススメしませんが、必ず使い切ると分かっているものなら一度にまとめ買いするのが断然お得。

まずは「3袋入りセット」などを買ってみて、おしりふきの使い心地をぜひぜひ体感してみてください。

あなたもきっと「おしりふき」のトリコに…。(執筆者:河野 友里)

この記事を書いた人

河野 友里 河野 友里»筆者の記事一覧

2人の娘を育てる、フリーのwebライターです。高卒からの就職で、結婚前は収入が少ないうえに全く貯金できない体質。結婚・出産を機に、断捨離・シンプルな生活を始めて環境が一変。家も考え方もスッキリした今、徐々に貯金体質に。無理のない、頑張りすぎない生活スタイルを提案します。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ