100均でお風呂場でも時短&節約 湯上りグッズ4選»節約の達人

100均でお風呂場でも時短&節約 湯上りグッズ4選

賢く100均を使って時短&節約



暖かったバスルームから脱衣場へ…。

体を拭いて服を着てスキンケアをして、さらに子供がいたならもう目の回るような忙しさです。

そんな寒い冬場のお風呂上り、「なんとかしたい!」と思いませんか?

今回はそんな湯上りタイムをさっと時短に、さらに節約も叶える100均アイテムをご紹介します。


湯上りにパパっと拭ける、マイクロファイバータオル



まずは湯上りから。

せっかくお風呂で温まった身体が冷えてしまわないうちにパパっと水分を取ってしまいたいもの。

水分をすぐに吸収。さらにふわふわで使い心地が良く、子供にも「きもちいい!」と評判です。

さらに筆者が推したいポイントとしては乾燥が早いという点。

洗濯物の乾きにくい冬場でも、サラッと気持ちよく乾いてくれるので部屋干しの時間が減り、乾くのを待つ…なんてことがなくなりました。

基本的にダイソーやキャンドゥ、セリアなどの主要な100円ショップにはおいてあるので、手に入りやすいところも便利ポイントです。


化粧水を適量&時短にワンプッシュ式ディスペンサー



≪画像元:@cosme


化粧水などを詰め替えて使う「ワンプッシュ式ディスペンサー」。

これはプッシュすると上から液体が出るというもので、化粧水をコットンに浸してつけるという人に特におすすめな時短アイテム

以前まで

(1) 化粧水ボトルを手に取り
(2) 蓋を開け
(3) コットンに化粧水を浸し
(4) パッティング

という4つの動作だったのが、

(1) ディスペンサーの蓋を開け
(2) コットンに化粧水を浸し
(3) パッティングでOK!

パパっと手早く化粧水をつけることができ、動作を減らすことにつながるのです。

スムーズに化粧水をつけられるだけでなく、「毎回化粧水を出し過ぎてしまう」というタイプの人には、一定量出るこのワンプッシュ式ディスペンサーを使うことで無駄な出し過ぎを予防、節約にもなります


美容液はシリコンマスクでながらなじませ



≪画像元:@cosme≫


化粧水や美容液は1つ1つをゆっくりハンドプレスで温めながらなじませるのが理想。

でも正直なところ、子供と一緒に入ったりする機会の多いママにとって「そんな時間ない」というのが本音ですよね。

そんなときにはダイソーにて購入できる「シリコンマスク」を活用していきましょう。

シリコンマスクといえばフェイスパックの上から使うイメージがありますが、化粧水や美容液をつけてシリコンマスクを装着すれば他の事をしながらなじませることができます

例えば子供を拭きながらや、その間に服を着たり、というのでもOK。

ある程度置いたら乳液などを塗ってスキンケア終了です。

この方法では「ながら美容」で時短につなげることができます。

さらにシリコンマスクは洗って何度でも使用可能なところもポイントが高いですよね。

おしゃべり上手になってきた3歳長男には「怖い」と不評ですが、筆者も活用しているとても時短&便利な方法です。


髪の毛を早く乾かすならヘアドライ手袋



≪画像元:oto92


冬場になると、髪の毛を乾かすのも一苦労。夏と比べるとかなり時間がかかりますよね。

しかししっかり乾かしておかないと体が冷えて風邪をひいてしまうことも。

早く乾かしたい人におすすめなのがダイソーにて購入できる「ヘアドライ手袋」。

これはタオル地でできた大き目の手袋で、それを手にはめて髪をとかしながらドライヤーを使うと早く乾くという商品です。

どうして早く乾くのかというと、ヘアドライ手袋でぬれた髪の毛をとかすことで手袋が水分を吸収。

さらにドライヤーの温風で水分を乾かすことができ、結果早く乾く、という仕組み。

タオルで水分を吸収するよりも手袋になっている方が使いやすく、時短することができます。

髪の毛が長い方や、時間のない朝にシャワーを浴びるという人にピッタリ。もちろん子供の髪の毛にも使えるので、お子さんとのバスタイムでも活用できます

お手入れ方法も普通のマイクロファイバータオルと一緒で、洗濯して乾かすだけで簡単です。


冬場も温かいバスタイムを

100円ショップのアイテムで「湯上りの忙しい時間を時短&節約する」というご紹介でした。

子供たちと入るバスタイムは楽しいけれどもバタバタ。

そんな忙しさ解消のためにもぜひ今回ご紹介したアイテムを使ってみてくださいね。(執筆者:折原 まい)

この記事を書いた人

折原 まい 折原 まい»筆者の記事一覧

20歳で結婚し2児の母に。ハンドメイドやライティングでのお小遣い稼ぎが仕事になった主婦です。現在は0歳の在宅育児と在宅仕事をこなす毎日。時短や節約、お小遣い稼ぎが趣味で大好き!蓄えた経験と知識で分かりやすく記事を書いていきます。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ