【主婦の働き方】ちゃんと理解できてますか? 誤解の多い「130万の壁」»節約の達人

【主婦の働き方】ちゃんと理解できてますか? 誤解の多い「130万の壁」

働いて収入を得ている主婦がよく耳にするのが「130万の壁」というワード。

よく耳にはするけれど、詳しくは知らない…という人も少なくないでしょう。

今回はこの「130万の壁」について、もう一度おさらいしてみましょう。

130万円の壁



誤解が多い? 130万の壁

夫の扶養に入っている場合、国民健康保険および国民年金保険の支払いが免除されているのが通常です。

しかし収入が130万円を超えると、扶養から外れて、国民健康保険に加入し、保険料を自分で支払う義務が発生します。

これを「130万円の壁」と言いますが、ここで注意が必要なのは、年収ベースで130万を超えていなければ良いというのではなく、月収ベースで計算されることです。

正確には月収10万8,334円という金額がベースとなっています

1回でもこの金額を超えると扶養外となってしまうところや、規定の月数が続くと外れるといったところなど健康保険組合によっても判定ポイントはさまざまです。

また、超えたことを申告せずに後から判明した場合は、後から保険料を納めなければいけない場合もあるため、注意が必要です。


130万の壁が関係ない人も

上述した130万円の壁は、夫が会社員であるケースの場合です。

夫が自営業の場合は、加入している国民健康保険に、扶養家族という概念はありません。

そのため、保険料は家族全員分の所得が対象となります。

つまり、妻のパート収入も対象に含まれて保険料が計算されるので、実質的には妻の収入からも保険料が徴収されているというわけです。

国民年金においても、自営業者の妻は、第1号被保険者となり自ら国民年金に加入して保険料を支払うこととなります


106万の壁にも気をつけて



「130万円の壁」対策として、労働時間を週30時間に抑えて年収130万円未満でパート勤務する主婦が多くなりました。

しかし、2016年10月より、社会保険の適用対象が所定の労働時間について週20時間に引き下げたため「106万円の壁」ができたと言われています。

この対象となる人は、

・ 1か月20時間を超える勤務時間で月収8万8,000円(通勤費込み)以上

・ かつ従業員数501人以上を有する規模の企業で働いている

・ 1年間以上勤務をしている人

です。

この条件を満たした人が106万円の壁を超えてしまうと、厚生年金や社会保を負担することとなってしまうので、その点も含めて働き方を考える必要があるでしょう。


ベストな働き方を考えて

130万円の壁を超えてしまうと、一時的には収入は減りますが、年金額が上乗せとなったり、国の制度がフル活用できたりするなど、長期的な目で見るとメリットとなる点もあります

将来を見据えてベストとなる働き方を選択することが大切です。(執筆者:吉木みき)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ