貯金は楽しみながらできる 節約する項目を間違えないでストレスフリーの生活を»節約の達人

貯金は楽しみながらできる 節約する項目を間違えないでストレスフリーの生活を

「貯金をしたい!そのためにも節約をする」と意気込んでいる人は多いもの。

節約は大切なことですが、一歩間違うと節約のために切り詰めすぎ、結果ストレスをためてしまった…という元も子もない結果を招いてしまいます。

そんな残念なことにならない秘訣は、節約を楽しみながら行うことです!

今回は、楽しみながら節約できる方法をご紹介しましょう。

楽しみながら節約しよう



「使うためにためる」という発想を持つ

節約をする目的。

それは「貯金をする」ことである家庭が大半だと思います。

ここで、漠然と「貯金を増やす」ことだけを考えながら節約に取り組んでしまうと、お金を使うたびに不要な罪悪感を抱いてしまい、節約すること自体を苦痛に感じる日が、あっという間に訪れるでしょう

それでは節約生活は長続きしません。

楽しく節約ができている人の多くは、お金がたまった後にやりたいことを考えており、節約はそのための手段と捉えています。

例えば

「100万円たまったら車を買う」

「50万円ためて、家族で旅行に行く」

など、想像するだけで口元がニヤけてしまうような目標を掲げているのです。

あなたもこのような発想を持ち、節約生活を始めてみてはいかがでしょうか。


家計簿をSNSで公開する

もし抵抗がない場合は、家計簿をSNSで公開し、毎週、または毎月どれだけ節約できたかを多くの人に報告するのも1つの手。

節約を1人で孤独に行うのではなく、多くの人に励ましてもらいながら、時には叱咤激励してもらいながら行うのです。

SNSをのぞいてみると、1か月の収支の結果や年間の貯金額などを公開しているアカウントは意外にも多く存在します。

その理由は、SNS上で節約仲間ができ、より節約を楽しめることにあるようです。

節約ネタを公開しているアカウントのフォロワーの多くは、自身も「節約を頑張りたい」と思っている金銭的な感度が高い方。

コメント欄には「一緒に節約頑張りましょう!」と言ったものだけでなく、「このようにした方が、もっと効率よく節約できますよ!」といったアドバイスも寄せられるようです。


「節約」と聞いて、食費や娯楽費を切り詰めることを真っ先に思い浮かべてはいませんか?

これらの項目を節約し過ぎると、生活に潤いがなくなり、節約が苦痛になりがちです。

節約を意識するなら、まずは光熱費やネット代などの固定費を安くする方法を模索してみましょう

例えば光熱費の場合、自分の家庭に合った料金プランに加入しているか見直すことで、ぐっと月々の支払額が減る場合があります。

例えば夫婦共働きで、日中は自宅に居ないことが多い場合は、電気料金をお得な深夜料金プランにする…といった具合です。

また、ネット代や携帯代金も「契約している会社やプランを見直すことで、節約に成功した!」という声を多く聞きます。

保険も定期的に見直したい項目の1つです。

ライフスタイルの変化や加齢によって、必要な保障内容は異なります

信頼できるライフプランナーに相談したり、独学で勉強したりして、必要最低限の保険に加入しましょう。


無理をしないことが一番

無理をしないで節約しよう


「節約 = 我慢」と考えるのではなく、「無駄な出費を抑える」と考えることが、節約生活を長続きさせる秘訣です。

また、目標を持つことで節約にも張りがでることでしょう。

あなたも楽しみながら、節約に取り組んでみませんか?(執筆者:山本 直子)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ