超低金利の時代に、金利をちょっとでも増やす方法»節約の達人

超低金利の時代に、金利をちょっとでも増やす方法

100万円預けても利息10円! 預金する意味あるの?

預金 利息


今は超低金利の時代。いわゆるメガバンクやゆうちょ銀行の普通預金の金利は、0.001%です(2018年4月現在)。

「0.001%ってどのくらい?」というと、100万円を1年間預けても10円しか利息がつきません

10円なんて、ちょっとぜいたくどころか落としてなくすくらいの金額です。

それでも私が学生時代からメガバンクを使い続けてきたのは、店舗のない銀行が何となく不安だったこと。

ネット上だけでお金を管理するのは気が進みませんでした。

ただ、さすがにこの低金利では預けているだけ無駄?

と思い、はじめたのが楽天銀行の普通預金です。

なんと金利は0.1%! メガバンクの100倍!

今では楽天銀行にしてよかった、と思うので、その内容を紹介します。


楽天銀行で金利0.1%にする「マネーブリッジ」 証券口座が必要?

実は、楽天銀行にただ預けるだけだと、普通預金の金利は0.02%です(2018年2月現在)。

メガバンクなどよりはかなり高いですが、さらにこの金利を0.1%にする方法があります。

それが「マネーブリッジ」です。

簡単に言うと、「楽天銀行の口座」と「楽天証券の口座」の両方を開設し、金融商品は「楽天銀行の預金から買いますよ」という「口座の連携」手続きをするのです。

でも、株や投資信託なんて買う予定がない、もしくはほかの金融機関で積立している、という人へ。

大丈夫です。

口座の開設と連携、までが0.1%の金利に必要な条件。特に金融商品を買わなくても問題ありません。

実際私も、この手続きをしてから1円も金融商品にお金を使っていませんが、ちゃんと金利は0.1%になっています。


「マネーブリッジ」の手続き方法 お得なキャンペーンも!

楽天銀行 マネーブリッジ


≪画像元:楽天銀行


手続きは簡単です。楽天銀行のホームページを見ましょう。

わかりやすいように、「証券」のタブを選んでください。さらに「マネーブリッジ」のタブを選択。

すると申し込みのボタンが出てきます。

あとは楽天会員かどうか、銀行口座を持っているか、によってそれぞれ手続するだけです。

本人確認書類の提出が必要ですが、郵送を含めても2~3週間で手続き完了しました。

すべて自宅で完了するので、窓口に行くより楽に感じました。

また、マネーブリッジ登録や、口座開設後の預入額などに応じてお金がもらえるキャンペーンもありますので、要チェックです。

私はこれで1,000円ゲットしましたよ。

楽天銀行のホームページで、キャンペーンを検索すると確認できます。


ネット銀行は何となく不安という方へ

預金 手数料


心配していたネット上での管理ですが、特に不安は感じていません。

入出金のたびにメールが届くため、かえって安心とも言えます。

また店舗がなくても、コンビニのATMで引き出せます。

手数料も預入金額に応じて無料になるので、問題なし。

定期預金よりも使いやすいのに、この金利はうれしいです。

考えてみると、店舗を持っているメガバンクなどはその分、人を雇ったりするので、経営にお金がかかっているのですよね。

ネット銀行ならウェブ上だけで済むので、浮いたお金を金利に回してくれるのです。

何となく心配、で手を出せていないことってありませんか?

もちろん怪しい儲け話はNGですが、理由があってお得、ならぜひ試してみるべき

楽天銀行は、あらためてそれを実感するものでした。(執筆者:瀬戸 えい子)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ