時間とお金の節約に繋がる 子育て期の主婦がチャレンジできる3つのこと»節約の達人

時間とお金の節約に繋がる 子育て期の主婦がチャレンジできる3つのこと

「仕事に子育てに家事…忙しくて節約どころじゃないわ!」

子育て期の主婦はいつも時間に追われて、本当に大変ですよね。

そんな忙しい主婦でも簡単にできる節約術を3つ紹介します。


(1) 忙しい主婦の強い見方、「麹」で時間とお金の節約

麹は主婦の味方


「仕事帰りの時間にはスーパーにはいいものが残っていないわ。」そんなこともよくあるのではないでしょうか。

でも塩鮭なら見かけることが多いですよね。

今回はどのスーパーでも比較的手に入りやすい塩鮭を、料亭の味に変えてしまう方法をお教えします。

塩こうじはよく市販されていますが、私が使用するのはこうじを使った甘酒です。

塩鮭はなるべく脂ののっているものを選んでください

作り方は、タッパーかビニール袋に塩鮭2切れにつき大さじ1杯くらいの割合で甘酒を入れ、よく漬かるように甘酒を均等にして一晩待つだけです。

こうじの力で身が柔らかくなり、塩気がほどよく抜けて、甘酒のほどよい甘みがしみこみます。

翌朝に焼くだけで料亭の味わいのような絶品ができあがりますよ。

手間いらずで、忙しい朝にぴったりです。お弁当にもピッタリですね。ぜひ試してみてください。


(2) 走行距離21万キロ超 車のメンテナンスで159万円の節約

車のメンテナンスは重要です


いきなり159万円も節約なんて、本当にお手軽なのかしらと思う方も多いと思います。

実はメンテナンス次第で、車はとても長持ちしてくれるのです。

そして、その長持ちさせることこそが節約そのものなのです。

例えば、私の車は走行距離が21万キロを超えているのですが、とても快調でまだまだ走ってくれそうです。

購入価格は中古で約180万円です。

10万キロで買い替えなかった場合の費用はどのくらい?


もし10万キロで同じ車に買い替えていたとしたら約180万円の出費です。

それに比べて、10万キロで買い替えなかった場合の費用はどのくらいでしょうか?

私の場合、走行距離で取り替えを推奨される部品や経年劣化で交換した部品を含めて、総額約21万円でした

車検や税金、保険などの車を所有していればかかる費用は、買い替えても買い替えなくても同じようにかかってきます。

つまり、車を長持ちさせることによる節約金額は、車を維持するためのメンテナンス費用と購入する金額の差額ということになります。

そして、その額はなんと159万円にもなるのです。

では一体どうしたらそんなに車を長持ちできるのかとお思いでしょう。

私の場合は、車検以外にも、法定1年点検を必ずディーラーで受けています。

走行距離によって交換が必要な部品は早めに交換するなど、日頃からのメンテナンスが重要です。

そして、そのメンテナンスも車を預けるだけです。

ディーラーではほとんど代車の貸し出しもあるので、日常生活を大きく変える必要もありません。

忙しいからこそ、車のメンテナンスはきちんとプロにお任せしましょう。


(3) ボランティアで42万円の節約? 留学せずに語学力を身につける

留学生に観光案内


最後にご紹介したいのは、ボランティアで留学生のホームステイ受け入れをすることです。

「全然お手軽じゃないわ!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。私も最初はそんな心配をしていました。

しかし、留学生は日本の日常生活を知りたくて日本に来るのですから、いつも通りの変わらない生活をすればよいのです。

先日、1週間イギリスへ留学で42万円という広告を目にしました。

自分が行けばかかるその費用を、受け入れる側になることで節約できるのです。

私の場合は、ヨーロッパ系の方をお迎えしました。その方の英語の発音はなまりがあって聞き取りはとても難しかったです。

最初は意思疎通がとれないかもしれないと不安でしたが、人間とは不思議なもので、言語では通じなくても不思議と意思疎通が取れるのです。

そして、お互いにわかってもらおうと一生懸命に話をしますから、向こうは英語で、私は日本語で、必死に話をするわけです。

そうしている間に、私は英語を、相手は日本語を少しずつ話せるようになっていくのです。

お互いに「通じた!」と感じる瞬間が何ともいえない快感です。

節約にもなり、自分を磨くチャンスにもなる


海外に留学しても、周りに日本人が多ければ日本語で話しをしてしまいます。

逆に日本にいても語学力を身につける方法があるのです。

節約にもなり、自分を磨くチャンスにもなります。

お子さんのいる家庭ではなおさら良い経験となると思います。ぜひ試してみてください。


まとめ

忙しい主婦でもできるお手軽な節約術はいかがでしたか?

今までの生活を大きく変えることをしなくても、大きな節約になることがあります。

忙しい毎日だからこそ、立ち読み気分で記事を読んでみてください。

そして、気に入った記事があれば、ぜひ実践してみてくださいね。(執筆者:(klanderさん))

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ