「年収300万円」でも余裕で貯金できる 実際に貯めていた筆者の貯金法とは»節約の達人

「年収300万円」でも余裕で貯金できる 実際に貯めていた筆者の貯金法とは

他人のお給料や貯金額が気になったり、自分と比べてしまったり。

上を見上げればキリがありませんよね。

自分の給料明細や、転職求人誌とにらめっこしたところで何も変えられないのが現実。

ならその現実を見つめて、どうすれば今の年収でも貯金ができるのか「これを見れば必ず解決する」そんな秘密を大公開しましょう。

きっちり貯金していきたい



毎月の貯金額設定、低めのスタートがキー

あなたが貯金したい理由はなんですか。車や家を買いたい?それとも将来のために何となく?

どんな理由であれ、目標は立てたほうが良いでしょう

でも、今まで貯金をしたことがないのにたくさんしようと思うと、必ず無理が生じてきます。

ですので、初年度は月5,000円など低い金額設定からスタートするようにしましょう

毎月必ず続けられる額であることが大切です。

今月は無理だからスキップ、ということが絶対にない金額設定にしてください。


給料日にすぐ出金できないところへ移動

私、貯金箱に貯金してるんですけどたまらなくて…なんてバカなこと言ってる人はいませんよね?

貯金箱みたいなものはもってのほかいつでも出せるし、初めから出そうという気が溢れています

それは貯金とは言いません。貯金するには、すぐに出せないところへ入れてしまうのがベスト

例えば定期預金だったり、会社勤めの人には天引きで預金してもらうようにしておくと、もともとないお金としてたまっていくのでとてもスムーズに貯金ができます


余計なお金を持ち歩かない

貯金ができない人の多くは、

給料日後に不必要なお金をたくさん持ち歩き、何に使ったか分からないまま月末を空の財布で迎える

というパターンを繰り返しています。

余計なお金を持ち歩くことは、常に上手なお金の管理ができている、貯金上級者のすることで、初心者は決してしてはいけません。

ではどのようにすればいいのか。

まず給料日に、1日に必要なだけの金額 × 31日分を引き出します。

例えば1日に必要な金額が1,000円なら、1,000円札を31枚引き出すということ

そこから毎朝、1,000円札を1枚財布に入れましょう。それ以上は絶対に入れてはいけませんし、もちろんクレジットカードなども使いません。

余計なお金を持つ事によって、急な誘いにも乗ってしまう。

お付き合いは前もって予定の立てられるもののみを厳選して、参加するようにしましょう

時には1,000円も使わず、少しずつお財布に残ることもあるでしょう。

それでたまのご褒美を買うのもよし、貯金に回すのもよし。だんだんとお金の大切さが分かってくると思います。


初めの1年が肝心、それを過ぎれば貯金が楽しくなる!

貯金は最初の一年が肝心


ここまで紹介してきた方法で、まずは初めの1年を乗り越えてください。

そうすると、自分の貯金額という名の財産が明確に現れてきます

そうすると自分が計画的にお金を使ってきたことが実際の数字で見ることができるので、貯金自体が楽しめるようになるのです。

そうなると貯金は頑張ってするのではなく、自然に生活の一部となって増えていくのです


まとめ

年収300万円でも余裕の貯金法を紹介してきました。

これは、20代前半で給料を全て使い切り、給料日にはクレジットカードの支払いに追われていた筆者が、実際に貯金に成功した経験をもとにしたものです。

30代で結婚したときには、夫に内緒にしているおこづかいを手元に置いたまま家庭に入り、余裕の主婦生活を送ることができました。

今の生活を少し見直して、どこにどうやって貯金するか

そこをきっちり押さえれば誰でも貯金はできるので、ぜひ今からスタートして欲しいと思います。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ