「小銭貯金」を毎日するためのアイデア そうだ!「マイペットボトルを持って行こう」»節約の達人

「小銭貯金」を毎日するためのアイデア そうだ!「マイペットボトルを持って行こう」

「お金がたまらない…」

今月もまた貯金できなかった


毎月、細かい出費が重なって、気づけば今月も全く貯金ができなかったと嘆いている人は多いですよね。

貯金が大事とわかってはいても、独身の時は、飲み会に、遊びにとても忙しいです。

出費が重なる忙しい日々で、貯金を考えることはめんどうくさい…。

そんなズボラな考え方でも、毎日、小銭が貯金できる簡単な方法を紹介します。


マイペットボトルを持っていく習慣

貯金ができない人は、ちょっとした物にも、ついついお金を使ってしまいます。

身近なところでは、のどが渇いた時に、コンビニや自販機でお茶やジュースなどの飲料水を買ってはいないでしょうか?

ペットボトルは、安いスーパーで買っても500mlで約70円。自販機やコンビニでは、約150円です。

仕事や遊びに行くたびにペットボトルを買っていると、1か月に2,170円もかかっています。

もしも自販機やコンビニで、習慣的にペットボトルを買っていた場合、1か月に4,650円も使っている計算になるのです。

マイペットボトルを持っていこう



水筒やタンブラーは、管理がめんどうくさい

水筒やタンブラーを購入して、マイペットボトルを用意しても、毎日専用のブラシで洗ったり、乾かしたり、管理はめんどうくさいですよね?

「節約だ!」、「貯金しよう!」と意気込んでも、めんどうくさく思える事は続きません

数千円もした水筒やタンブラーを買っても、小銭貯金どころか、1週間くらいしか使わずに終わってしまったということにもなりかねません


ペットボトルを使って、簡単に小銭貯金

そこで、私のおすすめは、1度使ったペットボトルを再利用することです。

この方法を使えば、簡単に小銭を貯金することができるので、手順を説明します。

(1) ペットボトルを購入する

(2) 空のペットボトルに、液体の台所漂白剤(例:キッチンハイターなど)を1キャップ分入れ、ペットボトルいっぱいに水を入れる

(3) 約30分ほど放置して、ペットボトルの水を捨て、よくゆすぐ。

(4) 市販の麦茶パックで作ったお茶を入れる

以上です。

簡単に小銭を貯金することができる


ペットボトルを洗う専用ブラシは入りません。

見えない汚れは、漂白剤で消毒ができ、1週間同じペットボトルを使い続けても、茶渋もつきません

ディスカウントストアであれば、液体ハイターは約70円、麦茶パックは約150円で購入できます。

再利用したペットボトルのお茶を持っていけば、毎回、約150円の小銭貯金を積み立てていけますよ。

ぜひ、試してみてください。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ