年100万の貯金は無理しなくてもためられる「目安」 なんのためにためるのかきちんと考えよう»節約の達人

年100万の貯金は無理しなくてもためられる「目安」 なんのためにためるのかきちんと考えよう

年間100万円という貯金額は、ごく一般的な年収の家庭がまず目指すべき金額だと言われています

年間100万円が無理なく貯金できる流れを作ることができれば、より安定した家計のやりくりができるようになります。

ただ、世の中にはたくさんの節約法・貯金術が存在しますよね。

自分たちの家庭では、いったいどの方法を採用したらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

貯金は、ただ単に切りつめて我慢をすればいいというものではありません。

お金の価値や使い道を、整理して考えてみることが必要不可欠なのです。

そこで、今回は年間100万円貯金するために必要な「お金の考え方」についてお話をしていきたいと思います。

ごく一般的な年収の家庭がまず目指すべき金額


あなたは何のために年100万のお金をためるのですか?

具体的な貯金術を試す前にまず考えたいのは、何のために貯金をするのか

明確な目標がある場合はそれを掲げていけばよいですが、老後への蓄えや、ご自身の安心材料としての貯金というあいまいな目的の場合、貯金への意欲は上がりません。

・ お子さんの学費や結婚資金
・ 夫婦での海外旅行
・ 憧れの車の購入資金
・ 住宅ローンの繰り上げ返済

このように、何に使うお金をためるのかを、より明確にしてみることが大切です。

より意欲をアップさせるには、旅行やちょっとした贅沢品の購入など、ワクワクするような目標を設定することも有効です。

貯金に振り回されない、偏らない考え方

年間100万円を目指す目的を決めるのはやる気を上げるためだけではなく、お金に振り回されない感覚を養うためでもあります。

はっきりとした目的がないと、100万円の貯金を達成したあとも満足せず、次は200万、300万と貯金額を増やさなければ…という不安に駆られる可能性が高まります。

お金はためたら使う、ためたら使う、という形を前提として貯金すれば、お金に対する偏った感覚に陥るのを防ぐことができるのです。

年100万は無理しなくてもためられる「目安額」

無理しなくてもためられる「目安」です


100万円という額は一見、とても大きな金額のように思えます。

もちろん大金であることには変わりありませんが、決して無理してためる額ではありません。

しっかり目的を持って計画を立てればためられるという理由から「1年の目安の貯金額」だとされているのです。

まずは、年間100万円ためる目標をはっきりと決めること

そして、お金は使うためにためるものであり、安心を得るためにためるものではないということも頭に入れておきましょう。

貯金を始める前には、こうして「お金への考え方」をしっかりと整理しておくことがとても大切です。

また、手あたり次第に貯金術を取り入れたり、切り詰めすぎてストレスを溜めたりしないよう、貯金計画をじっくりと立てることも必要ですね。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ