帰省費用は早期予約で節約! 2019年最新の空路&新幹線早割情報»節約の達人

帰省費用は早期予約で節約! 2019年最新の空路&新幹線早割情報

年末年始が近付き、帰省に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか?

お土産代や宿泊のお礼、飲食費等、ただでさえ削ることのできない出費が大きい所にズシリと圧し掛かる交通費。

この記事では、そんな帰省の交通費を節約できる飛行機と新幹線の早割情報についてご紹介していきます。

早割とは?

早割とは、早くからチケットを購入しておく事で通常料金よりもリーズナブルに購入できるサービスのことです。

航空会社や鉄道会社ではこのサービスを導入している事が多く、リーズナブルな旅路には欠かせません。ただしデメリットもあるので要注意です。

早割の注意点とは?

お得にチケットを購入できる変わりに、早割ではキャンセルや変更不可な場合がとても多いです。

ギリギリになって予定が変わってしまったり、当日体調を崩して帰省をキャンセルするハメになってしまった場合でも返金等を受けられないかもしれません。

予約する時にはキャンセルや変更についての注意点をよく確認するようにしましょう。

飛行機の早割情報

大手航空会社のJALやANAでは、主に75日前、50日前、45日前、28日前、21日前の早割サービスを実施しています。

とはいえ、75日前の予定を確実に決定するのは中々難しいですよね。実際の割引率を検証した所、28日前と21日前の間で運賃が大きく変わるようです。

21日前に早割で予約をするなら、1週間前倒して28日前に予約をした方が節約に繋がるということですね。

JALでは普通運賃と比較して最大88%オフになる日程もあるそうです。

LCCでも同じく早割を採用している航空会社が多いですが、元々普通運賃が格安なため、あまり大きな割引としては期待できないと言えるでしょう。

LCCでも80~75日前、60~55日前、45日~35日前、28日前、7日前、3日前で早割サービスを実施しているパターンが多いのでチェックしてみて下さい。

新幹線の早割情報

飛行機と比べて新幹線では、早くても21日前から早割を実施していて、14日前、7日前と続き3日前の早割サービスが最も多いようです。

3日前まで購入できると聞くと親切に思えますが、新幹線の早割では「◯日まで購入できるのか?」よりも「◯日から購入できるのか?」という事が重要と言えます。

新幹線の早割はすぐに完売してしまいやすいため、発売日を必ずチェックしておく事が大切ですね。

早割を利用する時には入念なリサーチを

早割を利用することで例年の半額程の交通費で帰省が叶うかもしれません。

そのためには早割サービスの概要はもちろん、帰省先との計画擦り合わせも大切です。

帰省の予定を計画した上で、利用する交通機関を徹底リサーチし、快適なのに節約になる旅路のチケットをゲットして下さいね。




この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ