100均アイテムで安っぽくならない「インテリア術」»節約の達人

100均アイテムで安っぽくならない「インテリア術」

室内のインテリアをセンスよくしたいけれど、人気の雑貨ショップのアイテムはどれもいいお値段します。

昨今は100均にもおしゃれなインテリアアイテムはたくさんありますが、色・柄・デザインがバラエティ豊かであるがゆえ、インテリアコーディネートが子供っぽくなってしまったり、チープな感じになってしまうこともあるのではないでしょうか。

100均アイテムでもちょっとした工夫とテクニックで、おしゃれなインテリアやベランダガーデニングを演出することも可能です。

収納術や家事のアイデアだけにとどまらない、空間演出としての100均アイテム活用術をお届けします。

100均アイテムで 安っぽくならないインテリア術


玄関コーナー、飾り棚…100均アイテムをポイント使い


お友達やご近所さんの家を訪問した時に、まず「このお宅センスがいい」と感じるのは玄関の印象が大きいのではないでしょうか。

玄関のシューズクロークの上の空間は、100均のアイテムを上手に使って演出できます。

カラーボトルやグラス、シェルや星形、ハートの小皿、ビー玉、貝殻と砂、ファブリック、コルクやチョークボードなどが使えます。

100均のアイテムで小さなコーナーを作るだけで「センスのいいインテリア」を実現できます

玄関だけでなく、本棚、収納棚の上や空いた空間、トイレなど、室内の小さなスペースにポイントで工夫を凝らしてみましょう。

見える棚と収納ケースをとにかくそろえて


センスのいいインテリア空間と、何だか生活感がむき出しになっている室内。

この違いのひとつとして「統一感」があるのではないでしょうか。

例えば、見えるキッチン棚の調味料や、家電のリモコン。

きちんとケースに収納してあっても、クリアケース、カゴ、アイアン、木ケース、布とバラバラだったら、統一感のない雑然とした印象になってしまいます。

たとえ100均のシンプルなケースでも、大きさ、素材、カラーコーディネートが統一されていると、センスよく感じます

見える収納はできるだけ統一感を持たせましょう。

また差し色はラグやクッション、カーテンなどのファブリックとの相性もあるので極力、色は抑えめの方がおすすめです。

「見せる収納」ですっきりとシンプルなインテリア空間に慣れると、少しモノが増えて雑然とするだけでも違和感を感じるようになります。

今まで「役に立ちそう」、「お得」と何となく買っていたモノを買わなくなり、無駄使いを減らすことができて節約にもつながるでしょう。

ファブリックを上手に使うとセンスアップ


カフェカーテンでイメージチェンジ


ものによっては300円、500円しますが、100円ショップにはカフェカーテン、簡易マットなどのファブリックもバリエーションが豊富です。

ブランド雑貨のアイテムと比べてリーズナブルなので、こまめに模様替えできるのがうれしいです。

季節ごとに、気分で、100均のファブリックアイテムを上手に取り入れましょう。

ベランダガーデニングは100均アイテムの真骨頂


戸建と違ってマンションの場合は、庭でのガーデニングはあきらめなければならないですが、管理規約の範囲でベランダガーデニングを楽しめます。

100均の自由に床に並べられる人工芝やウッドパーツはベランダでも活躍します。(ただし、排水溝や避難口を塞がないように注意)

小さいすのこやおしゃれなアイアン棚や植木鉢、カラースコップなどを飾ってもすてきな空間になります。

すのこは自分で好きな色にペイントするなど、DIYでよりかわいくするのも楽しいです。

100均アイテムを活用したセンスと工夫次第で、お金をかけたインテリア以上の演出が実現できそうです。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ