衣替え前にきちんとケア、ニットの毛玉取り»節約の達人

衣替え前にきちんとケア、ニットの毛玉取り

ぽかぽかした陽気になってきて、そろそろ衣替えを考える時期ですね。

季節の変わり目には、きちんと衣替えをすることで、洋服をきれいに長く使うことができます。

特に、ニットはきちんとしたケアが大切です。

ニットはクリーニングに出さないと思っている人も多く、子育て世代のママには敬遠されがちですが、実はとっても簡単で、しかも自宅できるんですよ。

特に専用のマシンがないとできないと思っている毛玉とりも、家にあるもので簡単にきれいになるので、ぜひ試してみて下さい。

ハウスクリーニングで汚れを落とす

まず大切なのが、汚れを落とすことです。

ニットはカットソーと違い、毎回洗濯しなくても、それほど汚れが浸透しない素材です。

だからこそ、衣替え前の汚れ落としは重要です。

ニットの洗濯というとクリーニング店に出すイメージがありますが、クリーニングにだすと1,000円近く費用が掛かるので、ニットを着るのをあきらめてしまう人も多いでしょう。

でも、実はニットは自宅でクリーニングできるんです。

ニットをたたんで、ネットに入れたらおしゃれ着専用洗剤を使って、洗濯機のおしゃれ着モードや手洗いモードなど、優しく洗えるモードで洗います。

そのまま型崩れしないように、平干しすれば汚れも臭いもしっかり落とすことができます。

毛玉取りは家にあるものでできる

きれいになったら、気になる毛玉を取っておきましょう。

毛玉を取るには毛玉取り用のブラシや、毛玉取り器が必要だと思っていませんか。

毛玉取り用のブラシや機械は手軽に出来ますが、数千円かかるものが多いです。

最近では100円ショップで毛玉取り器が販売されていますが、電池タイプなので広範囲の毛玉取りには向いていません。
では、毛玉取りはどうしたらよいのか。

私のオススメがカミソリです。

フェイス用のI字タイプでも、ボディ用のT字タイプでもOKです。

男性用のシェーバーでも大丈夫ですが、慣れないうちは深剃りしない女性用のカミソリの方が、ニットを傷つけないのでおすすめです。
やり方も簡単。



毛玉が気になる部分が平らになるように、しっかり広げます。



あとは、毛玉が気になる部分をカミソリで優しく剃っていくだけです。

力を入れ過ぎてしまうと、生地を傷つけてしまうので、優しく丁寧におこなうのがポイントです。

刃が劣化していると力が入りやすくなってしまうので、新しいカミソリを使うほうが良いでしょう。

広い範囲をお手入れするときは、スムーズに動かしやすいT字、細かい部分をケアするときにはI字をつかうと、お手入れしやすいです。



ニットワンピースでも、気になる部分をササっと剃るだけで、気になる毛玉がなくなります。

ちょっとやっただけで、これだけの毛玉が取れました。

ちなみに、使用したカミソリは3本で200円弱のものです。

安くても十分毛玉をとれるのが魅力的です。

ニットの毛玉は、見た目が悪いだけでなく、そこに汚れや臭いがこびりついてしまっている可能性があります。

そこから、虫食いやシミの原因になってしまうこともあるので、できるだけ毛玉を取り除いて、きれいな状態でしまうことが大切です。

正しくケアして長く着る

正しくケアすることで、しまい込んでいる間の虫食いやシミを予防することができます。

きれいに管理できれば、長く着ることができるので、買い替えの出費を節約することもできます。

クリーニングに出すと、1,000円近くしますが、お家でハウスクリーニングをするだけで、クリーニング代の節約にも。

家にあるもので、簡単に毛玉取りもできるので、ほとんどお金をかけずに、きれいなニットをキープすることができます。

正しいケアの方法を知っていれば、ニットも気軽に着ることができますよね。

正しくケアをして、ニットコーディネートを楽しみましょう。(執筆者:花嶋 紅遥)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ