楽天銀行、楽天証券、楽天カードでお得に生活する方法»節約の達人

楽天銀行、楽天証券、楽天カードでお得に生活する方法

楽天銀行はネット銀行の最大手であり、利用したことのある方も多いでしょう。

しかし楽天銀行だけではなく、楽天証券、楽天カードを組み合わせることで、さらにお得に生活することができるようになります。

今回は楽天のサービスを連携させることで、賢く節約する方法について解説していきます。

それでは、順番に説明していきますね。

(1) 楽天銀行と楽天証券を連携させて、普通預金の金利を0.1%にする


楽天銀行と楽天証券を紐づけることで、楽天銀行の普通預金の金利を0.1%にすることができます。

この金利は、メガバンクの一般的な普通預金の金利が0.001%であることを考えると、約100倍の水準であり、かなり高金利であるといえます。

必要な手続きは、楽天銀行と楽天証券の口座開設を行い、両者を連携させる設定をするだけでオッケーです。証券の購入は必須ではありません。

また楽天銀行は、コンビニATMで24時間365日利用可能であり、ATM利用料も月7回までなら無料で利用できます。
楽天ポイントを貯めたり、利用したりすることもできるため、非常におすすめです。

(2) 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にして、SPUを+1倍にする


楽天銀行で楽天カードの引落をするとSPUが+1倍になります。

SPUとは、条件を達成することで、楽天のポイント還元率を上げることができるプログラムのことです。

楽天市場でよく買い物をする方は、是非とも楽天銀行を楽天カードの引落口座としておきましょう。

(3) 楽天証券のポイント投資でSPUを+1倍にする。日経新聞も無料で読める


毎月楽天ポイントを利用して500円以上の投資信託を購入すると、SPUが+1倍になります。楽天ポイントは1ポイント以上利用すればよく、残りは楽天カード支払いでも条件を満たせます。

楽天カードで支払った分についてはポイントがつくので、できるだけ楽天カードで決済をした方がよいでしょう。

また楽天証券を口座開設し、スマホ株アプリiSPEEDを用いると、独自にカスタマイズされた日本経済新聞が無料で読めます。それだけでも楽天証券を利用する価値はありそうですよね。

まとめ


楽天銀行や楽天証券など楽天のサービスはそれぞれ単体でみても非常に優良なサービスですが、それらを組み合わせて利用することで、さらにお得に活用することができます。

手続きも簡単なものが多いので、時間があるときに、是非取り組んでみてください。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ