観葉植物でお部屋をおしゃれに。100円ショップの観葉植物は要チェック»節約の達人

観葉植物でお部屋をおしゃれに。100円ショップの観葉植物は要チェック

お部屋のインテリアとして人気の観葉植物ですが、ホームセンターなどでチェックすると意外と高額なのでなかなか手を出しにくいものです。

特に観葉植物を初めて育てるときには枯らしてしまうかも、と思うと買いにくくなってしまいます。

100円ショップにある観葉植物は、サイズこそ小さいものの人気の種類が100円で買えます。

上手に育てれば子株も取れるほどのサイズになるので、子株を増やして楽しむこともできます。

植物に合わせたおしゃれな植木鉢も揃えることができるので、気軽に観葉植物をお部屋に取り入れることができます。

初心者でも簡単に育てられる種類が豊富

子どもが生まれてから、すっかり植物の魅力にはまってしまった私ですが、最初の頃は何株も枯らしてしまった経験があります。

見た目を重視して選んでいたことで、育てにくいものを選んでしまっていたり、必要以上に水を上げてしまっていたりして、上手に育たないこともしばしば。

ホームセンターなどで数千円で買ったものが枯れてしまうと、とっても残念に思います。

結局そのままお金がもったいないと思って、植物を買うことをためらってしまって、植物のない無機質なお部屋に。

そんなことになっている人は、初心者でも簡単に育てられる種類をチョイスすることが大切です。

100円ショップには、水をあげなくても育っていく種類や、日陰でも育てやすい種類など、初心者にも育てやすい種類が豊富に揃っています。

かわいい植木鉢やグラスなども一緒に揃えられるので、すぐにインテリアとして活用できますよ。

ホームセンターで売っているのと同じ種類が100円で買える

100円ショップで売っている植物は、サイズは小さめですがホームセンターで売っているものと同じ種類がたくさんあります。
私が今回チョイスしたのがこちらです。



まずは、テーブルヤシです。
テーブルヤシは日陰でも育つ性質から、室内のインテリアとして人気のある種類です。

ヤシ科の植物の中でも、比較的成長が遅く、小さいサイズなので室内で鑑賞するのに適した種類です。

南国風なお部屋にしたい人にはぴったりの種類ですが、ホームセンターなどでは2,000円程度で売られていることが多いです。

少しサイズが大きくなっているものや、おしゃれな植木鉢にセットされているものでは、5,000円近くするものも。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/land-plants/10000369/)

少しサイズは小さいですが、テーブルヤシも100円、さらに植木鉢も100円なので、このセットで200円です。

まさかの10分の1程度の価格で、入手可能です。

おしゃれで個性的な種類、バンブーも100円ショップに販売されています。


キングバンブーはミリオンバンブー、ラッキーバンブーと呼ばれることもある、縁起の良い植物として人気です。

竹は昔から「丈夫」「長生き」「開運」などのイメージがあり、風水的にも縁起が良いとされている植物です。

これも100円ショップでゲットできます。

バンブーは和室にも洋室にもマッチするので、いろいろなテイストのお部屋に合わせることができます。

少しサイズが大きくなったり、幹の数が増えたりすると7,000円以上の高値が付くことも。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/flower-corp/10001248/)

適した環境に置くと、すくすく伸びていくので、育っていく過程を楽しむのも良いですね。

洋風でおしゃれな植物が好みの方にぴったりなのがこちらです。

シンゴニウムと言われている種類で、大きな葉っぱが特徴です。

今回はホワイトをチョイスしましたが、シンゴニウムには葉の色がピンクっぽいものや、マーブル柄になっているものなどがあります。

大きな葉がさわやかな印象で、シンプルな見た目は洋風のお部屋のインテリアとしてもぴったりです。


フェイクグリーンとしても売られている種類で、人気のあるデザインです。

フェイクグリーンよりも本物の方が、きれいな色の葉っぱにみずみずしさが、よりシンゴニウムの魅力をアップさせます。

比較的低価格で販売されていることも多いのが特徴ですが、安くても500円台、すこし大きいものや植木鉢付のものは2,000円台になることもあります。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/hana-coco/h8208/)

水やりも少なくて良い種類なので、忙しい人や、植物を育てるのが初めての人でも簡単に育てることができる種類です。

おしゃれな人に人気の多肉植物も100円ショップで、たくさん販売されています。

今回チョイスしたのがこちらです。


左上の「銀手毬」、右上の「キンエボシ」、手前の2種は「エケベリア」と「アナカンプセロス」だと思います。

というのも、100円ショップで販売されている植物の中には、名札がついていないものは、品種が書いていないものもたくさんあります。

植物に詳しくない人にとっては、植物の名前がわからないということも良くあります。

お日様が好きな植物と、日影が好きな植物があるので、気になる植物や購入した植物については、写真などを参考にして品種を調べておくことをおすすめします。

育て方をきちんと知っておくと、大きく育てることもできますよ。

今回チョイスしたこの4種ですが、「銀手毬」と「キンエボシ」に関しては、もう少し大きなサイズになると1,000円以上で販売されていることが多い種類です。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/yukei/s9511v/
https://item.rakuten.co.jp/auc-zakka-olive/10373/)

「エケベリア」はバラのような形がとてもかわいらしく、すくすく伸びるのが特徴です。

比較的安価で販売されていることが多い品種ですが、500円から700円ぐらいが多いです。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/yoshiharagarden/06/)

「アナカンプセロス」は桜吹雪とも呼ばれている品種で、ところどころピンクになるのがポイントです。

すくすく伸びる種類なので、毎日変わっていく姿が楽しめます。

比較的安価で手に入りますが、100円ショップ以上に安く手に入るところはないでしょう。
(楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/vistajapan/10000128/)

上手に育てると子株も取れる

観葉植物や多肉植物は、最初は小さい株でも、育てていくうちに大きく成長していくものです。

100円ショップで販売されているような、小さな小さな株であっても、上手に育ててあげると新芽が出てきて、そのうちに子株も取れるように成長します。

子株をとって繁殖させれば、高額で売られているようなボリューム感を出すことができたり、いろいろな場所へ株分けして飾ったりすることもできます。

こまめに水を上げなくて良い種類も多いので、子どもにも簡単に育てることができます。

子どもにお世話をさせて、植物の成長を感じさせることも良い経験となります。

少しずつ大きくなる植物に、育ってきたら少し大きな植木鉢に植え替えてあげたり、花が咲くように栄養をあげたり、親子で楽しむことができるでしょう。


この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ