お金が逃げていく5つのNG習慣»節約の達人

お金が逃げていく5つのNG習慣

がんばって節約しているのにお金が貯まらない…。

その理由、実は日頃の何気ない行動でお金が逃げていくNG習慣をしているのが原因かもしれません。

ついうっかりやっていることでも積り積もると大きな出費につながります。

今回はそんなお金が逃げていく5つのNG習慣とその対策をご紹介します。
 

お金が逃げていく5つのNG習慣

(1)ATM手数料を払う

平日は仕事や家事でなかなか銀行に立ち寄れず、営業時間外やコンビニでお金を引き出している人は要注意です。

現在のATM手数料は110円や220円かかります。数百円だからと思っていても年間を通して考えると千円以上の出費になります。

【対策】
・なるべく手数料のかからない時間に引き落とすように習慣づける
・お金を下ろす回数を決める
・手数料がかからないサービスもうまく活用する。

以下、おすすめのサービスをご紹介します。この他にも無料になるサービスはありますのでぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
●三井住友銀行
「当月末」の預金(円預金・外貨預金・投資信託等)の残高合計額が30万円相当額以上
あることで手数料が最大3回まで無料となります。
公式サイト:https://www.smbc.co.jp/kojin/direct/tesuryo/terms_pop.html

●イオン銀行
イオン銀行の口座を持っている場合、全国のミニストップをはじめ、イオン各店、まい
ばすけっと、一部の駅や空港などで24時間365日いつでも預入れ・引出し手数料が
無料になります。
公式サイト:https://www.aeonbank.co.jp/atm/convenience_store/

●楽天銀行
給与・賞与・公的年金を楽天銀行口座での受け取りにすると他行振込手数料が翌月3回
無料になります。当月使わなかった無料回数は2回まで繰り越して、最大5回分まで保
有することができます。無料回数の利用期限がないことも魅力です。
公式サイト:https://www.rakuten-bank.co.jp/deposit-withdraw/free-fee.html
 

(2)なんでもキャッシュレス決済

食材、日用品や衣料品などは高いものだと数万円にもなります。ポイントを狙って何でもカード払いや電子マネーを利用している場合は危険です。ポイントがつくのでお得な面をあるものの一方で何にお金を使っているか管理しにくいというデメリットがあります。

【対策】
全ての支払いでキャッスレス決済を利用するのではなく出費の項目別で利用することをおすすめします。

キャッシュレス決済は公共料金などの固定費、現金は食費などの変動費で使い分けると管理もしやすくなります。

(3)完璧主義

節約に対して真面目に取り組みすぎるあまり、全てを完璧にこなせないと気がすまないのもお金が逃げていく習慣に陥りやすい行動のひとつです。

生活していれば急な出費が出ることもあります。

そんな時、結果が出せないと落ち込んだり、全てがイヤになって途中で挫折してしまう危険もあります。
【対策】
心に余裕を持ち、お金を貯めることは長期戦と捉えましょう。時には気も抜きながら取り組むことも大切です。

(4)SNSを見る

SNSには物欲を刺激する情報が多いです。

華やかな生活をしている人を目にする機会も多く、あこがれや自分も注目されたいという意識から収入に見合わない買い物をしてしまう危険があります。

【対策】
時にはSNSから離れ情報に踊らされずに自分にとって有益なことに目を向けましょう。

寝る2時間前はスマホを置き、代わりに本を読んだり日記をつけるなど違う趣味の時間に当てることをおすすめします。

(5)自己投資しない

節約することだけにとらわれて消費すること=悪いという考えになっていたら要注意です。

お金を使うことで結果的にお金を増やすことにつながるケースもあるのです。

【対策】
自己投資として賢くお金を使うことをおすすめします。パソコンなど仕事に関する資格試験を受ける、お金に関する本を読む、健康管理のためにジムに通う等を試してみましょう。


習慣を見直してお金に好かれる体質へ

ご自身の生活の中でうっかりやってしまっていることを見直すだけでもお金を大切にすることに繋がります。習慣を見直してNG習慣からOK習慣にぜひトライしてみてください。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ