ヘアカット代を節約するには?»節約の達人

ヘアカット代を節約するには?

毎月かかるヘアカット代、どうにかしたいと思いませんか?

実は、カット代に悩む女性は多くいます。気づけば美容室代に8000円以上、という人も。そこで、ここではヘアカット代を節約する方法を紹介します。

大幅に節約したい人や、美容室を変更しないで節約したい人など、ぜひご覧ください。


ヘアカット代をどうにかしたい!


洋服代は節約できても、ヘアカットはなかなか節約できない人は多いです。

ちなみに、カットのみは約5000円、カット+カラーリングで8000円以上の出費になることがあります。

ヘアカットはオシャレのためもありますが、社会人としての身だしなみのために必要なので、ヘアカットは欠かせません。また、ヘアカットは1ヶ月~1ヶ月半のサイクルで行く人が多いため、毎回かかるカット代を節約したい気持ちは切実です。


お金のかからない髪形は?


色々な髪形がある中で一番お金がかからない髪形は、「パーマ無しのセミロング」です。髪の毛の長さは、髪の毛が一つ縛りにできるくらいが手間のかかりづらい長さです。

セミロングよりも長いロングヘアの場合、セミロングよりもシャンプーなどの洗髪剤や整髪料の使用量や、ドライヤーで髪を乾かす時の電気料がかかるなど、セミロングよりもお金がかかりやすくなります。

また、パーマをかければ、それだけパーマ代がかかります。

さらに、パーマは少なからず髪にダメージがかかるため、トリートメントの回数や整髪料の量が増えるなど、髪のダメージを修復しようとするため、お金がかかりやすくなります。

そのため、一番お金がかからない髪形は、「パーマ無しのセミロング」となるのです。


ショートヘアは意外とお金がかかる


ショートヘアはシャンプーなどの洗髪剤の使用量が減るため、節約的に思われます。

しかし、意外にもショートヘアは、維持にお金がかかる髪形です。セミロングやロングの場合、2cmくらい髪の毛が伸びても変わりがありませんが、ショートヘアの場合は2cmも伸びると髪形が崩れた感覚になります。

そのため、セミロングやロングの人よりも、美容室に行く回数が多くなるため、年間のカット代がかかりやすくなるのです。


ヘアカット代を節約するには?


ヘアカット代を節約するには、色々な方法があります。


お手頃価格な美容室に行く


カット代を大幅に節約する方法は、高額な美容室から金額がお手頃な美容室に変更することです。

高額な美容室はサービスが良く、カットの技術も良い所が多いのですが、カット料金が高い所はカラーやパーマ代も高いことから、それらを付け加えると1万円以上の料金になることもあります。

また、高額な美容室は扱う商品も良い物が多く、店員に進められて、つい高額なシャンプーなどのケア用品を買ってしまう事があります。そのため、誘惑に負けやすい人は高額な美容室に行くと、思った以上にお金を使ってしまう人が多いです。

このことから、美容室代を節約したいという人は、まず高額な美容室から、お手頃価格の美容室に変更することをおすすめします。美容室の変更に不安がある人は、変更したい美容室のホームページや口コミの閲覧、知人から直接情報を聞くなどの下調べをしてから行ってみるとチャレンジしやすくなります。


根元のみのカラーリングにする


美容室でカラーリングをする時、毎回髪を全てカラーリングする人がいます。

特に白髪染めのためにカラーリングをしている人は、カラーリングは欠かせないという人が多いでしょう。しかし、カラーリングは繰り返すと、髪の毛に負担がかかる上に、カラーリング代もかかります。

そのような人は、カラーリングを根元のみ染めてもらうようにすることがおすすめです。全て染めてもらった次の回は、根元のみ染めてもらうのです。

根元染めの場合、髪全体を染めるよりも料金が割引されていることが多いです。また、すべてを染めるよりは髪の毛に負担がかかりづらいので、髪のダメージ予防にもなります。

私も白髪のためにカラーリングをしています。頻度としては、全体的に染めてもらった次の1~2回は根元染めにしてもらう感じです。

しかし、カラーリングの抜けやすさは人それぞれなので、心配な人は「根元染めで次回の予約までカラーリングが持つか」など美容師と相談すると安心してトライしやすくなります。


クーポンや割引情報を入手する


美容室は宣伝をしている所が多いため、フリーペーパーなどをチェックすると、クーポンや割引情報を手に入れる事が行いやすいです。

また、美容室によってはインスタグラムの配信を行っている所があり、宣伝と一緒に割引情報も載せていることがあります。行きつけの美容室がインスタグラムを行っているならば、フォローすることもオススメです。


自分で髪を切る(セルフカット)


コロナの影響もあり、自分で髪を切る人が増えてきています。

そのため、セルフカットの動画も多く配信されるようになりました。動画の中には美容師がセルフカットのコツを解説している動画もあり、初めての人でもわかりやすく挑戦しやすい内容になっています。

セルフカットはロングからショートに髪形を変えるなどの大きなイメチェン向きではありません。動画も基本的には、「少しだけ髪をカットする」といった内容が多いため、今の髪形を維持したい人に向いています。


バリカンは他の人に切ってもらう時にオススメ


男性の場合、バリカンを使って自分でカットしてみようとする人がいます。たしかにバリカンは手軽なのですが、自分で行うと髪が凸凹になるなどの失敗をする人が多いです。


特に後ろ側は見ながらカットすることは困難なため、自分で髪形を作るのは難しいでしょう。

もし、バリカンを使用したい場合は、妻など誰かにお願いをして行ってもらうことがおすすめです。


まとめ


ヘアカット代の大幅な節約をするならば、今通っている美容室よりも値段が安い美容室への変更、もしくはセルフカットがおすすめです。

しかし、美容室の変更を行いたくはない人は、根元染めやクーポンの使用など、少しでも節約できる方法があります。一見些細なように見えるかもしれませんが、1回につき1000円~3000円くらいの節約になるため、皆さんも試してみて下さい。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ