実店舗にはお宝がいっぱい?家電量販店から商品を仕入れて販売する方法»節約の達人

実店舗にはお宝がいっぱい?家電量販店から商品を仕入れて販売する方法

身近にある家電量販店は、意外と利益が得られる商品を見つけやすいです。

・ 家電量販店から仕入れるやり方ってどうすればいいの?

・ どれくらい利益が得られるの?

家電量販店から仕入れようと思った際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「家電量販店から商品を仕入れて販売する方法」についてまとめました。

筆者の体験談も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

家電量販店から商品を仕入れて販売する方法


家電量販店から商品を仕入れるには、とにかく販売価格を調べて価格差が出るものを狙う手順が必要です。

最初は地道な作業が鍵となります。

商品を仕入れる手順


家電量販店に入店し、少しでも値引きされているものがあれば販売先の価格と比較してみましょう。

メルカリで販売する場合は、該当商品名で検索して販売済みの商品を検索します。

取引価格とお店で販売されている価格を見比べて、利益が出るなら仕入れ可能です。

Amazonで販売する場合、アプリでJANコードのスキャンが行えます。

スキャンを行い、販売手数料も込みで利益が出るなら仕入れ可能です。

※Amazonの場合、販売前に「Amazon 出品サービス」と検索して販売者として登録を行います。

専用アプリを使うと利益計算が行いやすいです。

仕入れのコツ


家電量販店の商品は値引きされていないように見えて、販売先よりもかなり値引きされている場合があります。

そのため慣れないうちは、お店の商品をできるだけ多くスキャンすると良いでしょう

慣れてくるとパッと見ただけで、利益が出るか感覚でわかります。

また1つの店舗だけではなく、複数の店舗を巡回すると良いです。

数をこなすと、効率よく複数の店舗から利益の出る商品を見つけられます。

筆者が家電量販店から仕入れた経験と実際に得た利益


筆者はよく仕事帰りに家電量販店を歩き回り、実店舗で仕入れを行っていました。

当時はおおよそ月間の利益が5万円ほどだったので、初めて行う方の参考や目安になるかと思います。

家電量販店は帰りの時間でも立ち寄れる


休みの日はゆっくりしたかったので、勤務がある週3~4日ほど帰宅時の1時間を使って店舗を回りました。

電車通勤だったため、沿線で1日1店舗を目安に立ち寄るイメージです。

家電量販店は数も多く、1度に回れる数は限られているので少しずつ継続するよう工夫しました

家電量販店の仕入れで得た利益と大切な心構え


初めたころは月間20時間で1~2万円、慣れると月間15時間で4~5万円ほどの利益になりました。

一回の巡回で利益1万円の商品を見つけることもあれば、全く見つからないこともあります。

ただ巡回して安い商品を見つけるだけではなく、ポイント還元や店員との交渉・新たな店舗の開拓と成長しながら利益を伸ばす考え方が重要です。

商品が値下がる時期や商品の入れ替えも店舗ごとによって違うため、適切なタイミングがわかってくると少ない時間でも利益が出せるでしょう。

しかし最初のうちはどうしても数をこなさなければわからないことが多く、結果が出るまで効率が悪いです。

継続しながら自分の行動を振り返り、少しずつ正解に近づくよう調整していけば必ず結果は出ます。

地道な作業と日々の振り返りで利益が出やすい


家電量販店は身近にある存在だからこそ、ネット通販と比較しやすく利益も得られやすいです。

実店舗を巡回しなければいけない分、お宝品に巡り合う可能性もあります。

慣れてくると家電製品のほかにも仕入れが行えるようになるため、ぜひ自分の足で商品を比較するところから始めてみてください。(執筆者:奥泉 望)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ