お店と楽天ポイントの二重取り! ドラッグストア セキがおすすめの理由»節約の達人

お店と楽天ポイントの二重取り! ドラッグストア セキがおすすめの理由

チューリップのマークが目印のドラッグストア「ドラッグストアセキ」をご存知でしょうか。

関東に190店舗以上を展開しているドラッグストアセキはお店のポイントが貯まり易く、最近では楽天のポイントも貯まるようになった非常におすすめのドラッグストアです。

今回はそんなドラッグストアセキの魅力について常連の筆者がおすすめの理由をご紹介します。


「ドラッグストアセキ」ってどんなお店?

赤いチューリップマークが目印のドラッグストアセキは、埼玉県を中心に関東に191店舗(2020年9月現在)を展開しています。

入会金・年会費無料のチューリップカードは100円(税抜)で1ポイントが貰えるのでポイントカードが貯まり易いのも特徴です。

ドラッグストアセキのおすすめの理由5つ

埼玉県の方には比較的馴染みのあるドラッグストアセキは、おすすめの理由がたくさんあります。

(1)週に2回はポイント3倍デー

ドラッグストアセキでは週2回、木曜日と日曜日にチューリップカードのポイント3倍デーがあります。

ドラッグストアによっては「毎月15日はポイント○デー」というのはよくありますが、平日で仕事が忙しいと行くのが難しいこともあります。

それに比べてドラッグストアセキでは毎週2回ポイント3倍デーがあるので仕事や家事に忙しい方でもポイント還元の高い日に通いやすいです。

(2)食品類が充実!火曜・土曜は冷凍食品10%オフ!

ドラッグストアセキは店舗にもよりますが、食品類がとても充実しています。

筆者は引越しなどもあり、今までに5店舗以上利用していますが、調味料や卵、お酒、お米、お菓子類に冷凍食品などラインナップが豊富です。

しかも食品類がスーパーよりも安いということも多く、ドラッグストアだけで週の半ばの買い物が完結し、節約と時短になります。

火曜・土曜は一部店舗の限定ではありますが、冷凍食品が10%オフになるのでお弁当用のおかずや忙しい日を乗り切るためによく活用しています。

(3)500円割引券を3枚使うと2000円引きに!

ドラッグストアセキではチューリップカードのポイントが500ポイント貯まると500円分の割引券が発行されます。

この500円分の割引券を3枚使用すると合計は1500円引きなのですが、一度に3枚使う場合はなんと2000円割引になります。

ドラッグストアによっては他の割引券との併用ができない場合が多いですが、ドラッグストアセキではほぼ全ての割引券と併用可能なのも嬉しいポイントです。(株式会社セキ薬品 チューリップカード https://www.sekiyakuhin.co.jp/tcard.html)

有効期限も発行日から3年間と比較的長いので「せっかく貯めたのに有効期限が切れちゃった…」ということも少ないです。

(4)お店のポイント+楽天ポイントの二重取り

ドラッグストアセキでは2020年8月からお店のポイントにプラスして、楽天ポイントも200円(税抜)につき1ポイント貯まるようになりました。

貯まった楽天ポイントを1ポイント1円でお買い物に利用することも可能です。
(楽天ポイントカード 使えるお店一覧https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/sekiyakuhin/)

現金払いをしてもポイントが二重取りできるお店は珍しいので、現金派には非常におすすめです。

(5)地域のカードを掲示するだけで追加ポイント

ドラッグストアセキでは「子育てカード」や「シルバーカード」など地域の優待カードをチューリップカードと一緒に掲示すると1000円ごとに2ポイントが貰えます。

筆者は埼玉県の子育て応援カード「パパ・ママ応援ショップ優待カード」を掲示して追加ポイントを貯めています。
(彩の国 埼玉県 パパ・ママ応援ショップ(子育て家庭への優待制度) https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/ouen/index.html)

ちょっとしたことではありますが、チリツモでポイントが貯まるので手持ちの地域カードの優待があるか店舗で確認してみて下さい。


ドラッグストアセキはポイントがざくざく貯まって超おすすめ

今回はドラッグストアセキのおすすめポイントをご紹介しました。

ドラッグストアは毎月一定の金額を使うお店ですのでお店選びはとても大切です。

ドラッグストアはたくさん種類があるのでどの店舗に決めるか悩むこともあると思いますが、近くにドラッグストアセキがあるという方はぜひ一度店舗に行ってみて下さい。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ