間違いだらけの節約術 エアコン、買い物、保険料など再確認を»節約の達人

間違いだらけの節約術 エアコン、買い物、保険料など再確認を

日々の生活において節約は、とても大切なことのひとつではないでしょうか。

節約して貯めたお金で家族旅行に行きたい

おいしいものを食べに行きたい

子供の教育資金にしたい

など、目標をもって節約に励んでいる人も多いと思います。

しかし、そんな節約の中には、じつは「間違いだらけだった」ということもあります。

そこで、今回、間違いだらけの節約術について、少しお話しさせていただきたいと思います。

間違いだらけの 「節約術」


エアコンの使い方


エアコンは暑い夏に欠かすことはできません。

このエアコンの使い方にも間違った節約術が隠れています。

風向き


冷房時のエアコンの風向きはどのようにされていますか?

「直接、体にあたった方が涼しくて快適」という理由で下向きにされていませんか。

しかし、それでは、部屋を効率よく冷やすことができず、電気代が必要以上にかかってしまいます

冷たい空気は下に向かう性質を活かし、部屋全体を効率よく冷やすためには風向きは上にするのが鉄則です。

暑いと感じる時は、風向きを下にするのではなく、扇風機の風をうまく活用させることをおすすめします。

つけっぱなしはあり


付けっぱなしはアリ


夏のエアコン付けっぱなし論争は毎年のように行われています。

ダイキンの研究結果によると夏場の9時から18時の間の場合は30分程度の外出ならば付けっぱなしがおすすめなようです。

35分以上外出する場合は1度スイッチを切った方が良いということがわかっています。

1日中、付けっぱなしで検証した場合も1日の消費電力量を比較すると付けっぱなしは5.7kWh、こまめに入り切りは4.4kWhとなり、付けっぱなしの方が大きくなりました。

この結果家から、外出する時間を考えエアコンのON/OFFを決めることが必要ということがわかりました。

参照:ダイキン

日々の買い物方法


次は日々の買い物について考えます。

買い物の回数を減らす


以前、私は広告やクーポンを確認し、安いとしれば週に3回でも4回でも買い物に出かけていました

その当時は、それが節約だと思っていたからです。

しかし、それは大きな間違いでした。

もちろん、広告の品やクーポン利用可能な品だけ購入すれば節約になるかもしれません

実際、スーパーなどに足を運ぶと余計なものを手に取ってしまい、結局、出費が増えてしまうのです。

それから、スーパーへの買い物は週に2回に決めました。

そして、日用品の買い物は月に1回から2回と回数を決め、必要なものはまとめ買いすることにしました。

それだけで、ざっと月に1万円の節約に成功しました。

実際には車で買い物に行っていたことを踏まえるとガソリン代も節約することができ、もう少し節約することができていると思います。

コンビニエンスストアも使い方では節約に


コンビニエンスストアも使いよう


「コンビニエンスストアなんて、高いから絶対に使わない!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

実際、私がそうでした。

しかし、コンビニエンスストアにもプライベートブランドがあります。

それを選ぶことでスーパーと変わらない値段でパンやお菓子を買うことができるということを知り、考え方をあらためることとなりました。

【7Pスイートチョコミニクロワッサン5個入 108円(税込116円)】

PBのチョコミニクロワッサン


≪画像元:セブン‐イレブン


【7プレミアム 烏龍茶 1.5L 138円(税込149円)】



≪画像元:セブン‐イレブン


といった値段で購入できます。

突然、必要になった場合や少しの買い物なら近くのコンビニエンスストアの方が無駄買いも防ぐことができおすすめです。

キャッシュレスの使い方には要注意


クレジットカードをはじめ、〇〇ペイなどキャッシュレス決済が主流になってきました。

キャッシュレスを利用することでポイントを貯めることもでき、現金決済よりもお得なのは間違いないと思います。

ただし、少し注意が必要です。

それは、キャッシュレス決済の場合、実際の手持ちのお金が減らないということです。

そのため、ついつい使いすぎてしまう可能性があります

実際、マクロミルの調査でも以下のような結果が出ています。

マクロミルの調査結果


≪画像元:マクロミル


キャッシュレス決済は、使い方次第では非常に便利でお得な決済方法です。

そのため、うまく付き合っていくことが大切だと考えられます。

私の場合、

食品は現金決済

ドラッグストアはキャッシュレス決済

といったように初めから利用する場所によって、どちらの決済方法を利用するか決めたうえで月々の生活費を管理しています

年間払いでお得にする方法


年間払いシステムは意外と多いです。

そして、年間払いにすることでお得になる場合も多いです。

NHK受信料




≪画像元:NHK


地上契約の場合、

2か月払いで2,520円

12か月払いで1万3,990円です。

2か月払いを利用した場合、年間1万5,120円となるため、年間払いを利用した方がお得です。

1万5,120円-1万3,990円=1,130円

生命保険


月払いで加入している人が多い生命保険ですが、実は年間払いを選択することが可能です。

一般的に月払いに比べ約2~5%ほどお得だと言われています。

NHK受信料においても生命保険においても、月払いの方が年間の合計負担は軽減されます。

ただし、毎年の生活費でまかなうと決めて支払いを実践している場合、どうしても、年間払いを選択することで月々浮いたお金を無駄に使ってしまうこともあります

そのため、年間払いはお得な支払方法ではあるものの、「毎月の必要経費は月々のお給料で」と考えている人には、あまり、おすすめできないかと思います。

以上が一見節約しているように思えて、実は節約できていない例です。

年間払いは確かにお得ですが、まとまったお金が必要となり少し負担に感じることもあるため、注意してください。(執筆者:上野 雅美)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ