【花屋のサブスク】日比谷花壇の定額制アプリ「ハナノヒ」でお花のある生活をはじめよう»節約の達人

【花屋のサブスク】日比谷花壇の定額制アプリ「ハナノヒ」でお花のある生活をはじめよう

2020年の春先から続くコロナ禍。

長い時間自宅にいると、日々の生活の中にもちょっとした変化や癒しの要素が欲しくなります。

家に色とりどりの花を飾ることができれば気分も明るくなりそうですが、コロナ禍で収入が減れば、一番に節約するほどの嗜好品ではあります。

スーパーで売られている出来合いの花束ならば手が届くけれど、色合いがお部屋のセンスと合わなかったり、花の鮮度が気になったりして、なんとなく手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、大手フラワーショップチェーン「日比谷花壇」が運営する定額制アプリ「ハナノヒ」です。

自分好みの花を選ぶ楽しみがあり、かつ専門店が運営するサブスクリプションサービスなので、花の鮮度も申し分ありません。

この記事では、実際に「ハナノヒ」を利用している筆者が、サービスの紹介と、「ハナノヒ」を利用して生活にどのような変化があったかについて紹介します。

日比谷花壇のサブスク


「ハナノヒ」の利用方法


iOSの方はApp Store、Androidの方はGoogle Playから「ハナノヒ」アプリをダウンロードしたのち、ユーザー情報(氏名、メールアドレス等)を登録します。

その上で、アプリ上の「パスポート」のタブから、希望するプランの「購入する」のボタンをタップし、クレジットカード決済をすると利用可能になります。

各プランの金額とサービス内容は以下の通りです。

【ココハナプラン】

月額987円(税別)で月最大6回、店舗で対象の切花から、1本/1回を選べます。

【イクハナプラン】

【月額1,987円(税別)で毎日、店舗で対象の切花から1本/1回を選べます。

【ツムハナプラン】

月額2,687円(税別)で月最大6回、店舗で好きな切花を900円分(税別)まで/1回、選べます。

【サクハナプラン】

月額3,987円(税別)で月最大6回、店舗で好きな切花を1,300円分(税別)まで/1回、選べます。

【ハナハナプラン】

月額8,787円(税別)で月最大6回、店舗で好きな切花を3,000円分(税別)まで/1回、選べます。

【イコーハナヤプラン】

月額1万5,878円(税別)で月最大6回、店舗で好きな切花を6,000円分(税別)まで/1回、選べます。

※各パスポートは、1日1回切花の受け取りが可能です。

花のサブスクパスポート


対象店舗は、アプリ上の「店舗」のタブで確認してください。

花のパスポート地図


店頭で切花を選んだら、アプリを立ち上げ「パスポート」のタブから購入済のパスポートの「使用する」ボタンをタップしてください。

すると、スマートフォンのカメラが立ち上がってQRコード読み取り画面が出現するので、対象店舗の店頭にあるQRコードを読み取りましょう。

読み取り完了の画面をスタッフの方に提示すると、選んだ花の内容をチェックし、花の切り口が乾かないためのゼリーを入れた、簡易な持ち帰り袋に入れてくれます。

※詳しい情報は、「ハナノヒ」公式Webサイトで確認してください。

この日、筆者はアネモネをいただきました。

アネモネを持ち帰り


「ココハナプラン」、「イクハナプラン」では、店頭にある一部の切花のみ(店舗によって異なりますが、3~5種類程度の中から選ぶ)が対象となります。

通常価格で200円~350円程度の花を、1回につき1本ずつ持ち帰る形式です。

まずは小さく始めてみたい方、一輪差しで楽しみたい方におすすめです。

「ツムハナプラン」以上のプランでは、あらかじめ定められた金額に達するまで、店舗にある切花をどれでも自由に選べます。

筆者は現在、月額2,687円(税別)の「ツムハナプラン」を契約しています。

これだと、1回に900円分(税別)までの花を選ぶことができます

900円あれば、ガーベラやチューリップ、スイートピーといった季節の花を3~4本程度、自由に組み合わせて選べます

ダリアなどの大きめの花が複数欲しい時には、2日に分けて店舗に足を運んだこともありました。

900円 × 6回=5,400円分(税別)の切花を、半額以下の月2,687円(税別)でいただけると考えると、とてもお得です。

好きなことを節約しつつ続ける


「ハナノヒ」アプリがきっかけで「あと何円分あるから、この花ももらってみよう」と、これまで選ばなかった種類の花との出会いがあります。

月6回のチャンスを無駄にしないペースで店舗に通っているのですが、寒い冬は特に花持ちがよいため、2~3回分の花が常時家にあり、今はテーブルの一角が花で埋め尽くされています。

リビングもお花でいっぱいに


一足先に、春が来た気分です。

花を活ける花瓶も、IKEAや100均ショップなどで手に入るシンプルなもので充分です。

お花を生活に取り入れたいけれど、出費は抑えたい方

に、お小遣いで始められる金額で、その金額の倍以上の切花を手に入れることができます。

ご自宅に仏壇や神棚があり定期的に花を入れ替える必要がある方にとっても、お得に活用できるサービスです。

月〇円と決めれば、自分の好きなことを節約しつつ続けることが可能です。

ぜい沢だからとあきらめ、ストレスがたまるよりもできる範囲でやってみることもおススメします。

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/save/contact/

読者の皆さまの節約スキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおすすめの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ