「二世帯住宅」タグの記事一覧»マネーの達人

「二世帯住宅」タグの記事一覧

親世帯と同居は「節約」になるのか? 出費の増減、節税、国からの補助なども合わせて考えてみる。

なかなか収入が上がらない現在の日本では、親世帯と同居する人が増えています。 我が家の場合は、姑に「アンタとは気が合わないから嫌」と断られたので実現しませんでしたが、「ぜひ同居させてほしい」とお願いしていた時期もありました・・・

平成30年の税制改正は「節税対策封じ」 あなたのその相続税対策、無駄になっているかも知れません

相続税がゼロになることもある

子供が家を持っていなければ、相続税がゼロになる? 「家なき子」だと、相続税が安くなる。 こんな話を聞いたことありませんか? これは相続税の課税価格を計算する際、故人の居住用の土地(上限330平方メートル)があり、適用要件・・・

近居・同居で家賃優遇の「近居割」 実父母、義父母との程よい距離は?

URの近居割って? 国土交通省では、近くに住む親子世帯の家賃を軽減している都市再生機構(UR)の「近居割」を拡充しました。新たに越して来る方の世帯の家賃を5年間5%割り引くサービスです。 以前より広い範囲の対象物件(近居・・・

二世帯住宅を建てる際に注意すべきポイント

質問: 親の自宅を建て替えて二世帯住宅にしようと思っていますが、将来は小規模宅地等の特例の適用を受けたいと考えております。この場合、建物の構造上、中で行き来が出来るようにしたほうがいいのでしょうか? また、登記は共有か、・・・

これからのマイホーム選びに必要な「終活」の視点

 一定の年齢以上の方の間では「終活」に関心が集まっています。最近ではゴールデンタイムに番組が組まれたり、情報番組やニュース番組の中で特集が組まれたりしています。  様々に取り上げられる終活ですが、その定義は 「人生の終焉・・・

相続対策は、分割・納税・節税の三位一体で講じましょう

 いよいよ、来年1月1日から相続税の基礎控除減額による相続増税時代の幕開けです。東京や大阪などの大都市圏内においては、不動産は戸建住宅のみといった方達も相続税がかかってくると予想されています。  たまたま、何代にもわたっ・・・

二世帯住宅の基本タイプと登記の種類及び、税負担等のまとめ

 いよいよ相続税が増税される2015年まで1か月を切り、カウントダウンが始まりました。「相続対策」をうたったセミナーなども各地で多数開かれて盛況のようです。今回は、その中の「二世帯住宅」を取り上げたいと思います。  二世・・・

「2世帯住宅」による相続税対策の注意点 将来の遺産分割も視野に

 最近になって、新聞に2世帯住宅の一面広告を見かけるようになりました。来年からの相続税の基礎控除額の減額(現行の60%、相続人が3人の場合、実に3200万円もの基礎控除額が減ってしまうこととなります。)を見据えての一面広・・・

「二世帯住宅」がライフプランや家計に与えるメリットと注意点

 消費税の増税や社会保障費の負担が増える中、家計の負担増も気になるところです。来年から相続税の基礎控除が6割になることもあり、家計と相続両面から注目されているのが二世帯住宅です。  生活面でも子育てや介護にも優しい二世帯・・・

持家VS賃貸 ちょっと待ってハーフについて考えるのこころだ。「渡辺家にて」

 持家と賃貸のハーフという事を聞いた宮坂さんとしげちゃんは、詳しい事を早く知りたくって、次の日に幼馴染の渡辺さんの家にきている。行動が速いって、なーに、定年して、サンデー毎日の3人にとって現役時代のスケジュール調整なんて・・・

このページの先頭へ