「保険料」タグの記事一覧»マネーの達人

「保険料」タグの記事一覧

保険料が安くなる「健康特約」 健康な方へ祝金や、ボーナスがある特約を紹介します。

保険料が安くなる「健康特約」について

2019年がスタート! 今年の抱負や目標は何にしましたか? 私は「健康第一」を目標に、健康体になれるようバランスの良い食事、適度な運動など生活習慣を変えることを目標にしました。 猪突猛進のイメージが強いイノシシですが、実・・・

【生命保険】保険料の節約は自分で「支払い方法」を変えるだけ 7つの中から「できること」だけやってください。

生命保険の保険料を削減する方法

支払い方法を変えるだけで、保険料が削減される方法があります。 「スキル」と「事務」だけで変化してしまうので、結構簡単です。 できることだけやってみてください。 1. 保障内容事体を下げてしまう ・ 入院日額1万円を5,0・・・

離婚時の保険新規加入や見直しの際の注意点 「養育費=保障額」に見直せば保険料を節約できる場合も

離婚時の保険新規加入や見直しについて

離婚したら顔も見たくなくなりますが、亡くなられては困ります ほとんどの夫婦は「子どものために」離婚を思いとどまりがちです。 残念ながら「子はかずがい」ではない夫婦もいるようで…息子、娘のことなんてそっちのけ。 一目散に離・・・

【地震保険料】2019年1月から全国平均3.8%引上げ 防災対策はふところの防御もお忘れなく

2019年1月1日から、地震保険料が改定されました。 すでにご契約をされている方は、保険会社や代理店から、連絡が来ていると思います。 地震保険は、国で定められた保険なので、各保険会社とも、同じ料率で改定されます。 なぜ値・・・

「確定申告の失敗事例」 確定申告したばっかりに各種保険料がアップ

銀行では、様々な金融商品を取り扱っています。投資信託・外貨預金・債券・保険商品…。銀行は、ここ20年であらゆる投資商品を扱うようになりました。 投資商品で切っても切り離すことが出来ないのが税金です。 今回は、投資商品にお・・・

世帯主の「万が一」に備える収入保障 保障額に不安がある場合には「逓減(ていげん)定期保険」がオススメです。

世帯主の「万が一」に備える保険 現在の主流は「収入保障保険」です。 「万が一」が起こったときから契約満了まで、毎月のお給料のように保険金を受け取ります。 そのため、保険金額は一定ではなく、契約経過年数とともに減少していく・・・

早期発見や予防を促す「認知症保険」が続々登場 「骨折治療」のサポートもあり。 3社の特徴とサービス、保険料について解説します。

年々増え続ける高齢者の認知症 介護が必要になった原因でも認知症の割合が一番高くなっています。 今回ここでご紹介するのは、認知症の早期発見や予防を促すための保険です。 「いつ認知症になるか…」 「いつ介護する立場になるのか・・・

長女が離婚! 長男がリストラ! 次男は引きこもり! 減ってく「老後資金」 夫婦危うし!「国の補助とかないの?」

夫婦の老後、危うし! Yさんは昭和30年12月生まれの63歳。妻は同い年の昭和31年1月生まれの62歳。 既に嫁いで子供もいる長女は昭和53年12月生まれの40歳。 大手企業に勤めている長男は昭和55年12月生まれの38・・・

「収入保障保険」は必要以上に保険料を支払わなくてもいい 加入前に知っておくべき重要ポイント

大きな保障を準備するには? 世帯主に万が一があったとき、残された家族の生活を支えるために生命保険の準備をしているご家庭がほとんどかと思います。 数千万円に及ぶ大きな保障は、保険料が手ごろな掛け捨ての「定期保険」で、必要な・・・

「厚生年金」と「国民年金」の違いは日本史にあり。 制度成立時期を知ると、違いがよくわかる。

厚生年金制度の成立 厚生年金制度の成立は、1942年(昭和17年)です。 戦前の制度成立と聞いて、「ビックリ!」という人も少なくないでしょう。 注目すべきは、そのタイミングです。 日本は戦時下で、国家総動員法という法律が・・・

このページの先頭へ