「保険料」タグの記事一覧»マネーの達人

「保険料」タグの記事一覧

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

僕はいつ退職したらいいのか

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

平成30年7月豪雨で被災した場合、年金保険料の免除、納付猶予の制度があります。被災者専用フリーダイヤルで確認ください。

年金が免除になる

平成30年7月豪雨により被害を受けた方を対象に、現在、国民年金の保険料の免除であったり、厚生年金保険料等の納付期限の延長といった措置が取られています。 被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。 国民年金の・・・

「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いがありませんか? 時効の2年を過ぎたら「過払い金」は取り戻せません。

社会保険に関する過払い金請求は、他人事ではない

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用される、上限金利を定めた法律としては、上限を年15~20%とする「利息制限法」と、上限を年29.2%とする「出資法」がありました。 多くの貸金業者は、出資法の上限を超えなけれ・・・

「医療保険」は、会社の「福利厚生」をよく調べてから加入しないと損します 筆者おすすめの「医療保険」の使い方を紹介

みなさんは、保険に加入しているでしょうか。 日本人は保険が大好きです。おおよそ8割~9割の人が何かしらの保険に加入しているようです。 保険は、住宅の次に高い買い物と呼ばれています。 住宅の購入に関しては、皆さんよく検討し・・・

万が一の場合、保険料が免除される「保険料払込免除特約」は本当に必要? その概要と選ぶときのポイント4つを解説します。

医療保険は、入院や手術をした際にどれほどの保障を受けられるかに注目して選ぶ方がほとんどです。 万一のときの保険料の負担については、あまり考えない方も多いのではないでしょうか。 今回は「保険料払込免除特約」について解説しま・・・

19年4月より「産前産後期間の国民年金保険料」が免除に その財源として年金保険料が「100円アップ」します

少子化対策の一環として、次世代育成支援のために 国民年金第1号被保険者の産前・産後期間の保険料の免除制度 が平成31年4月より始まります。 ここでいう産前・産後休業期間とは 健康保険・厚生年金保険の保険料は、労働基準法で・・・

定年後の健康保険は、加入する保険で「保険料」がこんなに違う! それぞれの特徴と保険料負担額の比較

定年などで勤めていた会社を退職すると、健康保険の加入資格が喪失するため、あらためて別の保険に加入しなければなりません。 退職後、任意に加入できる健康保険は大きく分けて国民健康保険と任意継続被保険者(制度)の2つがあります・・・

保険料の「総支払額」をチェックしよう! 支払いの「期間や方法」を工夫することでお得にする方法をご紹介

はじめに 最近、「保険特集」というタイトルで保険料だけでなく保障の内容や返戻率(*)の比較などが、さまざまな雑誌で取り上げられています。 * 満期保険金や解約返戻金 ÷ 支払った保険料の総額 = 返戻率 もちろん、保障内・・・

保険料が下がった収入保障保険、改定後のメリットは? 団信代わりに加入検討中の方は要注意

保険料が下がって、団信代わりの収入保障はどうなった? 今年4月に収入保障保険が多くの会社で値下がりとなりました。 2017年10月以降、団信代わりの「収入保障保険」にはメリットがほとんどなくなります。機構団信の改正により・・・

国民年金の保険料を「未納」していませんか? 払うのが困難な場合は「免除制度」や「猶予制度」を活用しましょう

収入が少なく、国民年金の保険料を納めていては生活が困難な方もいらっしゃると思います。 国民年金の保険料を「未納」にしていませんか。 「未納」ではなく、国民年金の保険料の「免除」というものがありますので、ぜひ活用しましょう・・・

このページの先頭へ