「保険料」タグの記事一覧»マネーの達人

「保険料」タグの記事一覧

【お値段据え置き 医療保険】大手3社の保障内容と保険料を比較、「180日ルール」の変更に注意。

180日ルールとは?

競争激化で、大半が保険料据え置き 2018年4月、11年ぶりの標準生命表改定で、医療保険は値上げの可能性があると言われてきました。 でも蓋をあけると、主力商品の保険料は変わりませんでした。 医療保険は今や、新規契約数が一・・・

2018年度から「死亡保険」の保険料が値下げ 残ったお金を長生きリスクに備えるならiDeCo

長生きリスクに備える

2018年度が始まってから、食品などの値上げが相次いでおりますが、値下げされているものもあり、それは例えば生命保険の保険料です。 なお生命保険とは一般的に、「人の生命・健康などのリスクに備えるさまざまな保険の総称」になり・・・

あなたの生命保険は「掛け捨て型?」それとも「貯蓄型?」 それぞれに合った保険の選び方

大きく分けると、掛け捨て型と貯蓄型に分かれる生命保険。 それぞれにはメリット・デメリットがあります。 保険に加入する際は、それらを知り、そして現在の収入や貯蓄状況、また将来設計なども考慮したうえで検討することが大切です。・・・

4月から「医療保険」「海外旅行保険」が値上げ これから上がる保険を解説します

「別れの春」、「出会いの春」など、春はさまざまなことが終わり、そして始まる季節です。 春は「値上げの春」でもありますが、実は保険もこの4月から保険料が値上がりする商品があります。 今回は、値上がりする保険を紹介するととも・・・

国民年金の「未納・納付忘れ」を納付済にできる特例は今年(期限2018年3/31、9/30)まで

特例が、2018年内に次々と終了します 国民年金の保険料は原則として、翌月の末日までに納付しなければならないため、例えば2018年1月の保険料は、2018年2月28日が納付期限になります。 その一方で保険料の徴収権の時効・・・

知っておきたい「介護保険制度」の財政状況 保険料は40歳以上の「13人」で「1人」を支えている計算に

介護保険制度は、2000年に国の社会保障制度として開始しています。 40歳からの強制加入の制度で、要介護・要支援認定(以後 認定と略)を受けた「高齢者」や「40歳以上」の人を対象に、社会全体で支える仕組みです。 1. 介・・・

年金記録を「改ざん」するブラック企業 「ねんきん定期便」確認で対策を

給与から控除されている厚生年金保険の保険料は、給与の金額に比例して、増えていく仕組みになっているのです。 【例えば】 月給の金額が15万円の場合には、 1か月あたりの保険料は1万3,725円になり、 月給の金額が30万円・・・

「保険料が戻ってくる」医療保険って本当にオトクなの? 「健康還付給付金」として戻ってくるしくみを紹介

かけた保険料が戻ってくる医療保険 従来から掛け捨てではない医療保険は存在していたが、その多くは、一定年齢で解約した時に、解約返戻金を受け取るというタイプの医療保険であった。 そんな従来の常識を覆す医療保険を5年前に発売し・・・

「払った保険料が戻ってくる」は本当にトクかを計算しました。〜がん保険編〜

前回の記事で、払った保険料が戻ってくる「医療保険」の注意点を説明しました。 今回は「がん保険」の注意するポイントについて、説明したいと思います。 医療保険とがん保険では、注意する点が違います。 商品を具体的に説明します ・・・

親に年金がなかったら、子どもが養う。親に仕送りをしなくてよいのは「年金のおかげ」という考え方。

「公的年金」とは 高齢や障害などで働けなくなった人たちや、大黒柱を失って生活に困っている人たちを、現役世代が払う保険料と税金で支える制度です。 「年金はあてにしていない」と言う現役世代の中にも、実は、すでにあてにして生き・・・

このページの先頭へ