「保険料」タグの記事一覧»マネーの達人

「保険料」タグの記事一覧

19年4月より「産前産後期間の国民年金保険料」が免除に その財源として年金保険料が「100円アップ」します

国民年金第1号被保険者の産前・産後期間の保険料の免除制度

少子化対策の一環として、次世代育成支援のために 国民年金第1号被保険者の産前・産後期間の保険料の免除制度 が平成31年4月より始まります。 ここでいう産前・産後休業期間とは 健康保険・厚生年金保険の保険料は、労働基準法で・・・

定年後の健康保険は、加入する保険で「保険料」がこんなに違う! それぞれの特徴と保険料負担額の比較

加入する保険でかわってくる

定年などで勤めていた会社を退職すると、健康保険の加入資格が喪失するため、あらためて別の保険に加入しなければなりません。 退職後、任意に加入できる健康保険は大きく分けて国民健康保険と任意継続被保険者(制度)の2つがあります・・・

保険料の「総支払額」をチェックしよう! 支払いの「期間や方法」を工夫することでお得にする方法をご紹介

保険料支払い方法を工夫してお得に

はじめに 最近、「保険特集」というタイトルで保険料だけでなく保障の内容や返戻率(*)の比較などが、さまざまな雑誌で取り上げられています。 * 満期保険金や解約返戻金 ÷ 支払った保険料の総額 = 返戻率 もちろん、保障内・・・

保険料が下がった収入保障保険、改定後のメリットは? 団信代わりに加入検討中の方は要注意

保険料が下がって、団信代わりの収入保障はどうなった? 今年4月に収入保障保険が多くの会社で値下がりとなりました。 2017年10月以降、団信代わりの「収入保障保険」にはメリットがほとんどなくなります。機構団信の改正により・・・

国民年金の保険料を「未納」していませんか? 払うのが困難な場合は「免除制度」や「猶予制度」を活用しましょう

収入が少なく、国民年金の保険料を納めていては生活が困難な方もいらっしゃると思います。 国民年金の保険料を「未納」にしていませんか。 「未納」ではなく、国民年金の保険料の「免除」というものがありますので、ぜひ活用しましょう・・・

【お値段据え置き 医療保険】大手3社の保障内容と保険料を比較、「180日ルール」の変更に注意。

競争激化で、大半が保険料据え置き 2018年4月、11年ぶりの標準生命表改定で、医療保険は値上げの可能性があると言われてきました。 でも蓋をあけると、主力商品の保険料は変わりませんでした。 医療保険は今や、新規契約数が一・・・

2018年度から「死亡保険」の保険料が値下げ 残ったお金を長生きリスクに備えるならiDeCo

2018年度が始まってから、食品などの値上げが相次いでおりますが、値下げされているものもあり、それは例えば生命保険の保険料です。 なお生命保険とは一般的に、「人の生命・健康などのリスクに備えるさまざまな保険の総称」になり・・・

あなたの生命保険は「掛け捨て型?」それとも「貯蓄型?」 それぞれに合った保険の選び方

大きく分けると、掛け捨て型と貯蓄型に分かれる生命保険。 それぞれにはメリット・デメリットがあります。 保険に加入する際は、それらを知り、そして現在の収入や貯蓄状況、また将来設計なども考慮したうえで検討することが大切です。・・・

4月から「医療保険」「海外旅行保険」が値上げ これから上がる保険を解説します

「別れの春」、「出会いの春」など、春はさまざまなことが終わり、そして始まる季節です。 春は「値上げの春」でもありますが、実は保険もこの4月から保険料が値上がりする商品があります。 今回は、値上がりする保険を紹介するととも・・・

国民年金の「未納・納付忘れ」を納付済にできる特例は今年(期限2018年3/31、9/30)まで

特例が、2018年内に次々と終了します 国民年金の保険料は原則として、翌月の末日までに納付しなければならないため、例えば2018年1月の保険料は、2018年2月28日が納付期限になります。 その一方で保険料の徴収権の時効・・・

このページの先頭へ