「信託報酬」タグの記事一覧»マネーの達人

「信託報酬」タグの記事一覧

資産運用の専門家が「絶対買わない」投資信託3つ

絶対買わない投資信託3つ

本記事は、「資産運用の専門家は自分では買わない」と考えられる投資信託について考察します。 これをしっかりと理解すれば読者の方にとっては、「残念なものを買う可能性」をグッと下げることができるおすすめの豆知識です。 資産運用・・・

投資初心者が銘柄選定に困ったら 「ETF投資」のメリットと選び方、注意点を解説

ETFの注意点

ETFに投資するメリット 相場環境によっては銘柄選定が難しいときがあります。 ETFはさまざまな指数に連動させている上場投資信託なので、細かい銘柄を選定する必要がなかったり、日本株とは違う動きをしたりする銘柄があります。・・・

iDeCo(イデコ)のおすすめ商品はどれ? もう迷わない「投資信託選び」たった2つのルール

iDeCo(イデコ)のおすすめ商品が分からない人へ iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金の愛称です。ザックリ言うと「もう一つの年金」です。 原則として20歳~60歳までのほとんどの方が加入できますので、すでに入っ・・・

「インデックスファンド」と「アクティブファンド」って、どちらを選んだ方がいいの? それぞれの違いと代表銘柄を紹介します。

投資信託は2018年10月現在、約6,000本あります。 その中で運用方法の違いから「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2つに大きく分けることができます。 初めて投資信託を購入する人にとっては、どちらのファ・・・

投資信託の手数料「あり・なし」で何か違うの? 初めての「投資信託選び」で誤解しがちな2つの手数料について

手数料が高いと「何か良いこと」が起こる? 資産運用のご相談を受けていますと「保有している投資信託についてどう思うか、意見を聞かせてほしい」といった内容を受けることがあります。 この時、相談者側の意図としては、購入した時の・・・

【投資信託】手数料は「信託報酬」だけと思ってませんか? 「個人投資家が気づきにくい手数料」を解説します。

投資信託は、少額から投資でき、簡単に分散投資も実現することができるので、個人投資家にとって魅力的な金融商品です。 しかし、投資信託を保有している間は、ずっと手数料を負担する必要があります。 この手数料の中には、個人投資家・・・

「投資信託」をやっている人の半数が損をしている「4つの原因」

一瞬、目を疑いました。 そして記事をよく読んで納得しました。 個人の半数が、投資信託で損をしているのは事実のようです。 そしてその理由がどうも気に入りません。 ≪画像元:金融庁(pdf)≫ 投資信託は理想的な資産形成商品・・・

「信託報酬が低いファンドはリターンが高くなる!」ってあまり広めないでください。運用会社は穴があったら入りたいほど恥ずかしいと思っているはずですから。

投資信託の分類 投資信託は、投資家に代わって運用会社が、さまざまな投資対象に投資をする投資手段です。 このため、さまざまな観点で分類をし、個々の商品特性がわかりやすいようにしています。 この分類の一環として、ベンチマーク・・・

つみたてNISAの「地雷投信」を大暴露! 素知らぬ顔で金融庁のチェックを通過してしまった信託が紛れ込んでいる

国のお墨付き、でも地雷はあった! 匿名プロが大暴露 つみたてNISAで選べる投資信託は、金融庁の厳しい条件をクリアした長期資産運用に適したもの。 しかし、その「厳しい条件」をクリアしているからといって、すべてをおススメで・・・

【積立投資を考えるなら】1つの商品を購入した段階で分散投資になる「ETF」がおすすめ

資産形成を考えた時、株式投資の他に積立投資という方法をとることができます。 株式投資では、積み立て投資ができませんが、他の金融商品であれば積立投資ができます。 これから積立投資で資産形成したい方には、ETFという方法がお・・・

このページの先頭へ