「労災保険」タグの記事一覧»マネーの達人

「労災保険」タグの記事一覧

「就業不能保険」や「所得補償保険」は本当に必要? 加入前に知っておきたい公的保障制度

「就業不能保険」と「所得補償保険」 私たちの多くは、日々働くことによってお金を得ていますが、もしも何らかの理由で働けなくなった場合、どのようにして生計を立てるべきか考えたことはありますか? 社会にはさまざまなセーフティネ・・・

「仕事でケガしたら労災が使える」だけじゃない 労働者も企業も知っておくべき「労災保険」とは

仕事でケガしたら労災が使える、医療費も健康保険でなく労災が適用されると公的保険の一種として労災はご存じでしょうが、基本的な性格は企業経営者でも理解しきれていない面があるように思います。 給与からは天引きされず企業側が全額・・・

政府は「副業」を推進するも… 立ちはだかる「社会保険や税の問題」

政府は人手不足解消の手段として、従来多くの企業の就業規則で禁止してきた「副業」を、企業に解禁するよう推奨しています。 しかしこれは国が進めている長時間労働削減と矛盾するところもあり、企業も及び腰です。社会保険や税といった・・・

サラリーマンが退職 「税金・社会保障」で知っておいて損はない5つの知識

年度末に転職して新天地で勤務するサラリーマン、新たに独立する起業家は少なからずいるのではないのでしょうか。 そこで、会社の退職にまつわる税金・社会保障について紹介します。 1. 退職するタイミングで今年の源泉徴収票を会社・・・

「長時間労働で精神的につらい方」が知っておきたい社会保険の活用法

先日新聞を読んでいたら、大手広告代理店である電通の女性社員が自殺したのは、残業時間の急増よりうつ病が発症したためとして、三田労働基準監督署が労働災害と認定したという記事が掲載されておりました。 厚生労働省が発表している「・・・

法人の役員でも健康保険の「傷病手当金」を受給できる場合があります

従業員の方は、病気やケガをして仕事ができなくなり会社を休むと、健康保険制度より生活保障のために「傷病手当金」が支給されます。 それでは、「役員」の場合でも、病気やケガのために働くことができず、その間、役員報酬が減額や支給・・・

社会保険料を「削減」すると出現する「4つの落とし穴」に気を付けよう

健康保険の料率は労使併せて10%前後、厚生年金の料率に至っては15%弱と、企業・労働者どちらにとっても社会保険料は大変な負担になっています。 昨今、社会保険料の削減がコスト削減の有効策になっていますが、落とし穴もあるので・・・

「通勤中」にケガ… 労災保険が使えるケースと使えないケース

自宅から会社まで毎日通勤をされている方が大多数だと思います。 その通勤途中で、「駅の階段から落ちて骨折した」や「自転車で通勤していたら、転んで大けがをした」など自分の身に降りかかるかもしれません。 しかし、労災保険では「・・・

「健康診断の結果に『異常あり』があった…」 そんな時に覚えておきたい労災保険の給付

私のまわりでは、春もしくは秋に、会社の定期健康診断を受診される方が多いように感じます。 皆さんは定期健康診断の受診の予定はありますか。もしくは、今年度は既に受診された方もいらっしゃるかもしれませんね。 定期健康診断の結果・・・

熊本地震で会社が操業停止や倒産した時に活用できる「社会保険」のまとめ

ここ最近はテレビを見ていると、熊本地震に関連したニュースが、毎日放送されております。 こういったニュースを見ていると、地震により倒壊した住宅などが映し出されておりますが、どうも被害を受けたのは、個人が所有する住宅や家財だ・・・

このページの先頭へ