「医療費控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「医療費控除」タグの記事一覧

配当・譲渡所得は「所得制限」で確定申告する・しないを選択できる

配当所得・譲渡所得に関して、申告することになりますが、上場株や上場投資信託を巡る取引に関しては、後述するものに対しては申告対象を選択することができます。 損失があって所得税が還付になりそうな場合は申告するのが常套手段です・・・

医療費控除10万円の壁を諦めない 年収約310万円までは「10万円以下」でも医療費控除は活用できる

医療費控除の活用 年収約310万円までは、10万円以下でも医療費控除は活用できます。 確定申告を行うにあたって、医療費控除の年間10万円超という目安はとても有名なものですが、所得によってはあまりとらわれないほうが良いライ・・・

【確定申告】「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」で節税効果を最大にする ポイントを4通りの申告で解説

前回は、セルフメディケーション税制について詳しく説明しました。 今回は、効率よく後悔しない確定申告するためのポイントを解説します。 厚生労働省では、2017年9月に「セルフメディケーション税制に関するQ&A」のなかで、こ・・・

【確定申告】健保組合等からの医療費お知らせで「医療費控除」を申告できるの?

平成29年から改正される医療費控除の大きなものとして、健保組合等から発行される医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を添付すると、申告の手間が大きく軽減されるというものです。 マイナンバーによる社会保障と税の連携を前提と・・・

「YES」「NO」でわかる。セルフメディケーション税制が利用できる? 医療費控除とどちらがお得?

「セルフメディケーション税制」 平成29年より医療費控除の特例として「セルフメディケーション税制」が導入されました。 これにより、薬局などで購入した対象医薬品が1万2,000円を超える場合も、通常の医療費控除との選択によ・・・

医療費を上手に節約する6つの方法 紹介状や時間外受診、はしご受診や各種制度など

家計の中で意外と大きなウェイトを占めるのが「医療費」です。 しかし、医療機関の利用方法や国の制度を知ることで、かなり医療費を節約することができます。 今回はその方法について詳しく解説します。 医療費のむだづかいを防ぐ 医・・・

「医療費控除(病院) vs セルフメディケーション税制(OTC医薬品)」どっちがお得? どっちを選べばいいの?

セルフメディケーション税制 2017年(平成29年)1月1日からスタートした「セルフメディケーション税制」は、セルフメディケーションの推進を目的としています。 WHO において 「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の・・・

仮想通貨・2種類の医療費控除…新論点は確定申告前にチェックしよう

12月に国税庁が仮想通貨(ビットコインなど)の具体的な計算例などQ&A形式で発表し(国税庁のサイト(PDF))、仮想通貨投資家には年内の税金対策に動く一助になっています。 その他、確定申告書作成コーナーの入り口・・・

医療費控除の「新」明細様式 どのように記載するのか? 実際の新しい明細書で解説します 

2017年(平成29年)分の確定申告から、一定範囲の市販薬を対象とした「セルフメディケーション税制」など医療費控除の改正がなされることにあわせて、2017年9月に医療費控除の新明細様式が国税庁より公表されました。 従来通・・・

年末までに揃えたい「確定申告」の書類 必要な書類と意外に知らない節税法とは

年間を通して取っておきたい書類を把握していますか? 確定申告というと1月から2月にかけてのテーマと考える方も多いでしょうが、そもそも確定申告は1月から12月までの期間について申告を行うものなので、年を越してから書類をそろ・・・

このページの先頭へ