「厚生年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「厚生年金」タグの記事一覧

「年金」とはそもそも何なのか? 年金は「法律」であり、長生きリスクに備える「保険」です。

年金は保険です。

年金とは、法律であり保険です。 再度、確認しておきます。 年金は、国営の強制的な貯金制度の払戻金でもなければ、国民全員参加型のファンドからの受取配当金でもありません。 このように言っても、なかなか信じてもらえません。 実・・・

パートで損しない働き方をするには 社会保険に加入するメリット・デメリットを紹介します。

パートで損しない働き方をするには

2016年10月から社会保険(厚生年金・健康保険)の加入対象が広がっています。 今後も加入対象は拡大されていく予定です。 でも、パートで働いている人からは、配偶者の扶養の範囲から外れることや、手取り収入が減るというデメリ・・・

休日出勤したら「手取り収入」がむしろ減った… 4、5、6月に注意すべき税金や社会保険料について

休日出勤のお話。夫婦の会話

いつも私にツッコみどころと記事ネタを提供してくれる夫の発言です。 「週末は休日出勤で、1万8,000円ももらえるねんで。 家事育児を任せてしまうし、家族でぱ~っと高級ディナー行けへん~?」 もちろん行きません。なぜなら1・・・

「定年前」に絶対やっておくべき「仕事やお金」に関すること5つ

定年を意識するのはどのくらいか 50代後半でしょうか。 「いよいよ年金か…」 「年金なんてまだまだ」 「まだまだ働くぞ」 いろいろな意見があると思います。 「60歳になってからの年金手続き」については以前の記事で書きまし・・・

複雑になった主婦の「収入の壁」 注意すべき3つの壁と、一番大切な壁について説明します。

働く主婦が注意する「3つの壁」 2018年から、主婦の働き方が変わりました。 主婦がパートで働く場合、収入によって注意する3つの壁があります。 ・ 壁1 配偶者控除の壁 ・ 壁2 会社の社会保険に入る壁 ・ 壁3 夫の扶・・・

60歳の誕生日を迎えたら…ケーキ屋よりも「年金事務所」へ。すぐに確認するといい7つの理由

いよいよ60歳! 60歳の誕生日を迎えたとき、どう感じますか? 「いよいよ年金か…」 なんて感じませんか? もしくは「年金なんてまだまだ。まだまだ働くぞ」と思いますか? もし年金を考えたなら 何をするか検討したときは 「・・・

年金はいくらもらえる? 年金受給額を「早見表」で確認! 現在の加入期間と月収ですぐわかる

将来受給できる年金額の大まかな目安 ※1円未満の端数については、50銭未満は切り捨て、50銭以上1円未満は1円に切り上げしております。 詳しい説明は後半でしていきます。 早見表を見る前の解説 国民年金の保険料を納付した期・・・

【読者(65歳)の質問に回答】妻(30歳)が外国人で海外在住であっても、加給年金を受給できますか?

読者の質問 65歳男性 昨年結婚 厚生年金38年間 妻  30歳 外国人 年金の支払いはなし 子供なし 現在無収入 外国在住 今年で65歳になり加給年金の申請をしようと思っていますが、妻は30歳の外国人で昨年結婚しました・・・

【年金前倒しのメリット&デメリット】60歳から受給するために繰り上げたら、総受給額や他の年金にどのような影響があるのか?

還暦からの人生に不安 雑誌などで特集される「年金」。 「公的年金だけでは足りない。」 と老後に不安を感じる方も多いそうです。しかも毎年年金額は見直しされ、ますます減ってるように感じることでしょう。 年金が65歳支給(一定・・・

「10年で年金がもらえる」を徹底解説。「私は10年も払ってない…」と勝手にあきらめると損をします。

65歳からは、年金がもらえる! 日本では20歳以上60歳未満の国民全員が年金制度に加入しなければならないこととなっており、年金の保険料を払わなければなりません。 20歳から60歳まで決められた保険料を払えば、65歳から満・・・

このページの先頭へ