「厚生年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「厚生年金」タグの記事一覧

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

僕はいつ退職したらいいのか

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

人生100年時代、「お金の寿命」が「自分の寿命」より先に来ないように準備を

人生100年時代

世界の中でもかなりの長寿国である日本。 その一方で年々出生数は減少し、少子化も進んでいます。 現在の日本の公的年金制度の下では、支える人が減り、支えられる人が増えている状況です。 これが進行すれば年金財政収支はどんどん不・・・

「82万円の壁」出現か…103万円すら下回る壁は何を意味するのか?

壁出現

「〇万円の壁」に関しては、税と社会保険の扶養範囲を意味する「103万円の壁」、「130万円の壁」が長らく有名でした(少し知名度が下がるものとしては、住民税所得割非課税に関する「100万円の壁」や配偶者特別控除に関する「1・・・

「国民年金」と「厚生年金」、自分はいくら受け取れる? 仕組みや受取額を知って、計画的に老後資産を形成しよう

ほとんどの人にとって、老後の生活の糧となる大切なお金である国民年金や厚生年金。 皆さんは、自分がどのくらいの金額を受け取れることができるかご存知でしょうか。 そこで今回は、国民年金と厚生年金の仕組みを整理したうえで、実際・・・

【老齢年金を本格受給】65歳からのもらい方で損得がでる。有利に受け取るために注意すべきこと。

老齢年金を本格受給「65歳からの年金を有利に受け取ろう」 厚生年金は 定額部分+報酬比例部分+加給年金 65歳からは、本格的に年金を受け取ります。 厚生年金にも老齢基礎年金がプラスされるわけで、厚生年金は 定額部分+報酬・・・

月収6.8万円から原則「厚生年金」への加入に。結果として負担が減る人、さらにメリットのある人も増えます

また、負担増のニュース? 厚生年金の適用が拡大することになりそうです。 今のところ、2020年に国会に法案が提出され、早ければ2021年から施行となります。 ポイントは、月収要件の下限がさらに引き下げられることです。 現・・・

「年金」とはそもそも何なのか? 年金は「法律」であり、長生きリスクに備える「保険」です。

年金とは、法律であり保険です。 再度、確認しておきます。 年金は、国営の強制的な貯金制度の払戻金でもなければ、国民全員参加型のファンドからの受取配当金でもありません。 このように言っても、なかなか信じてもらえません。 実・・・

パートで損しない働き方をするには 社会保険に加入するメリット・デメリットを紹介します。

2016年10月から社会保険(厚生年金・健康保険)の加入対象が広がっています。 今後も加入対象は拡大されていく予定です。 でも、パートで働いている人からは、配偶者の扶養の範囲から外れることや、手取り収入が減るというデメリ・・・

休日出勤したら「手取り収入」がむしろ減った… 4、5、6月に注意すべき税金や社会保険料について

いつも私にツッコみどころと記事ネタを提供してくれる夫の発言です。 「週末は休日出勤で、1万8,000円ももらえるねんで。 家事育児を任せてしまうし、家族でぱ~っと高級ディナー行けへん~?」 もちろん行きません。なぜなら1・・・

「定年前」に絶対やっておくべき「仕事やお金」に関すること5つ

定年を意識するのはどのくらいか 50代後半でしょうか。 「いよいよ年金か…」 「年金なんてまだまだ」 「まだまだ働くぞ」 いろいろな意見があると思います。 「60歳になってからの年金手続き」については以前の記事で書きまし・・・

このページの先頭へ