「国民健康保険」タグの記事一覧»マネーの達人

「国民健康保険」タグの記事一覧

「死ぬ前のおカネ」と「死んだ後のおカネ」について考えてみる 「埋葬費・埋葬料」は忘れずに請求しよう

死んだ後のおカネと死ぬ前のおカネ

死者に使うおカネ 日本人は、亡くなった人におカネを使わなくなりました。 ここ10年から20年くらいの変化です。 以前は最低でも数十万円から数百万円単位のおカネを使ってお葬式をやったものです。 今は親族による密葬が「当たり・・・

退職時などに「保険証」を返却しないと、国民健康保険に加入できません 保険料を二重払いしないための制度を解説

公的な医療保険には二重加入できない

すべての国民が加入する「国民皆保険」 現在の日本はすべての国民が、何らかの公的な医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度など)に加入するという、「国民皆保険」をとっております。 ですから会社を退職して、その会・・・

年末調整の書類準備スケジュールをおさえ、スムーズに提出したい

年末調整

サラリーマンが当年分の所得税と来年度の住民税を決定する上で、重要な手続きとなる年末調整。 確定申告程面倒ではないですが、一定の書類準備と計算手続きが必要です。 控除を受けるのに必要な書類が様々な機関から送られてきますが、・・・

「イギリスの病院」で診察してもらうには、事前の準備が必要。 公的、私的の違いと料金、利用方法を紹介します。

日本では国民健康保険に加入していれば、医療費は基本的に一部負担で治療を受けることが出来ます。 イギリスではどのような仕組みになっているのかご存知でしょうか。 今回はイギリスの医療とお金について説明したいと思います。 イギ・・・

日本国内にもある料金の地域格差。水道料金約8倍、介護保険約3倍など…移住先はしっかり調べましょう。

日本国内にもある料金格差。 日本国内にもある料金の地域格差。 日本国内にも格差はある 皆さんは、海外と日本だと生活するにはかなり違うと認識していると思いますが、日本国内ならばどこに行ってもそれほどの差はなく、同じような暮・・・

「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いがありませんか? 時効の2年を過ぎたら「過払い金」は取り戻せません。

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用される、上限金利を定めた法律としては、上限を年15~20%とする「利息制限法」と、上限を年29.2%とする「出資法」がありました。 多くの貸金業者は、出資法の上限を超えなけれ・・・

「退職代行サービス」を依頼してすぐに出社をやめると「社会保険」や「退職金」で不利になる可能性 3つの注意点と対処法

退職代行サービス 先日ニュースサイトを見ていたら、退職に関する勤務先の会社とのやり取りを、すべて任せられる「退職代行サービス」が、注目を集めているという記事が掲載されておりました。 このサービスを提供するのは「センシエス・・・

財政難の「国民健康保険」に追い打ちをかける、悪質な外国人の3つの手口。

「国民皆保険」 日本は1961年4月に、すべての国民が何らかの公的な医療保険に加入するという、「国民皆保険」を実現しました。 そのため ・ 会社員やその被扶養者の方は「健康保険」 ・ 公務員やその被扶養者の方は、各種の「・・・

葬儀にかかった費用の一部を支給してくれる「葬祭費給付金制度」 申請方法と必要な手続き

葬儀にはいろいろとお金が必要になりますが、国や自治体は「葬祭費給付金制度」というものを用意していることをご存じでしょうか? この制度は、葬儀にかかった費用の一部を支給してくれる制度です。 ただし、この制度は申請しないとも・・・

退職を考えた…体調不良の人は在職中に病院へ行かないと後悔する可能性も 障害年金における「初診日」の重要性を解説

退職、脱サラ、その前に… 脱サラ等で退職を考えている人の中には、多少具合の悪いところがあっても「退職してからゆっくりお医者さんに行けばいいや」と思っている人もいるかもしれません。 しかし、病気は「早期発見・早期治療」が基・・・

このページの先頭へ